新刊案内(仮名草子関係)
『仮名草子研究叢書』(全8巻)

        深沢秋男・菊池真一 編・解説

        平成18年2月25日 クレス出版刊行

               A5判 上製箱入 クロス装 揃定価85000円+税



『仮名草子研究叢書』 全8巻 内容
 
第1巻 雑誌論文集成(一)

高野 斑山 徳川初世の名所記……………………………………  3                     
三浦 周行 後光明天皇の御好学と朝山意林庵………………… 13  
此花社同人 江戸出版の仮名草紙………………………………… 56 
水谷 不倒 仮名草子の挿絵と雛屋立圃………………………… 58 
林若樹ほか 輪講 東海道名所記………………………………… 59  
島津 久基 御伽・仮名・舞の草子……………………………  78 
山本 秀煌 切支丹文学の一班…………………………………  96 
石田 元季 初期の仮名草紙作者殊に如儡子に就きて……… 110 
林若樹ほか 輪講 あづまものがたり………………………… 115
田中 喜作 師宣の初期絵入本に就て………………………… 129 
新 村   出 伊曽保漫筆………………………………………… 157 
新 村  出 影模蘭文古版絵入伊曽保物語の断簡…………… 165 
久保 天隨 翦燈新話に就いて………………………………… 183 
潁原 退蔵 近世文学選釈 一 恨の介……………………… 225 
田中 浩造 伽婢子の翻案態度………………………………… 238 
潁原 退蔵 近世文学選釈 二 尤の双紙…………………… 255 
北条 秀雄 浅井了意の生涯…………………………………… 264 
森  銑 三 可笑記の著者如儡子は何人か…………………… 279 
潁原 退蔵 近世文学選釈 三 東海道名所記……………… 288 
潁原 退蔵 仮名草子の発生に関する一考察………………… 301 
潁原 退蔵 近世文学選釈 四 可笑記……………………… 308 
北条 秀雄 浅井了意の自筆願書……………………………… 319 
潁原 退蔵 近世文学選釈 五 元の木阿弥物語…………… 323 
城戸甚次郎 緑蔭比事…………………………………………… 331
潁原 退蔵 近世文学選釈 六 たきつけ草・もえくひ・けしずみ 
          …………………………………………… 339
天野佐一郎 石平道人の墓……………………………………… 349 
木村 捨三 複製木版の工作過程に就て─特に岡田希雄さんに呈す─
            ……………………………………… 352
大越 長吉 仮名草子研究序説─主として、その擬物語を中心とせ─
            ……………………………………… 355
岡井 慎吾 石平道人鈴木正三が神として祀られて居る…… 367 
佐藤 鶴吉 近世文学の註釈に就いて………………………… 370 
潁原 退蔵 近世文芸の註釈的作業…………………………… 399 
野村 八良 尤の草子…………………………………………… 421 
                                    
第2巻 雑誌論文集成(二)
                      
宇佐美喜三八 伽婢子に於ける翻案について…………………   2 
重 友  毅 近世小説研究史略…………………………………  31 
頼 桃三郎 『難波鉦』の地位…………………………………  52 
朝田祥次郎 仁勢物語成立に就いての私見……………………  71 
安部 亮一 「可笑記」覚書……………………………………  73 
岡本新太郎 「醒睡笑」と裁判物………………………………  84 
長沢規矩也 「怪談全書」の著者について……………………  91 
熊 谷  孝 仮名草紙小論………………………………………  95 
市古 貞次 艶書小説の考察…………………………………… 111 
後藤 丹治 お伽草子と後代文学……………………………… 129 
杉浦正一郎 「犬枕」に就いて………………………………… 134 
斎藤 護一 江戸時代に於ける支那小説翻案の態度………… 144 
潁原 退蔵 近世怪異小説の一源流…………………………… 169 
長沢規矩也 「怪談全書」著者続考…………………………… 181 
片岡 良一 仮名草子の輪郭…………………………………… 184 
野田 寿雄 浮世物語の意義…………………………………… 202 
暉峻 康隆 仮名草子の文芸性………………………………… 214 
鶴 見   誠 名所記概説─名所観に及んで─………………… 229 
波多郁太郎 醒睡笑の研究……………………………………… 241 
岡田 希雄 東海道名所記について─製作年時および京童との関係な
      ど─………………………………………………… 252
市古 貞次 「仮名草子」の意味……………………………… 273 
野田 寿雄 仮名草子の世界…………………………………… 281 
市古 貞次 仮名草子の恋愛と死……………………………… 292 
中村 幸彦 安楽庵策伝とその周囲…………………………… 299 
麻生 磯次 近世小説…………………………………………… 314 
暉峻 康隆 近世小説様式論…………………………………… 323  
朝倉 治彦 読後所見 策伝宛光広の書簡…………………… 337 
水田 紀久 可笑記の著者について…………………………… 339 
松 田  修 日州漂泊野人の生涯……………………………… 343 
関山 和夫 御咄の衆の事……………………………………… 360 
鵜 月  洋 近世における小説論 ─展望と評論─………… 364 
松 田   修 変  身…………………………………………… 373 
小 野   晋 近世初期評判記略年表…………………………… 386 
関山 和夫 木下長嘯子と安楽庵……………………………… 391 
寺 谷  隆 仮名草紙に於ける庶民教化の一断面…………… 396 
横 山   重 活字本、絵入本、色彩の本……………………… 407 
市古 貞次 近世初期小説の一性格…………………………… 422 
中村 幸彦 仮名草子の説話性………………………………… 431 
      (雑誌論文 解説 菊池真一) ………………… 451
                                    
第3巻 単行本記述集成(一)

水谷不倒・坪内逍遥 『近世 列伝躰小説史』上巻 
     第一章 徳川文学の起源……………………………   3 
     第二章 仮名草子……………………………………  16 
坂本 健一 『近世俗文学史』
     第一 総 叙…………………………………………  65
     第二 前 期…………………………………………  83 
藤岡作太郎 『近代小説史』
     総 論 江戸時代の風尚と時代の分割…………… 121
     第一編 仮名草紙の時代…………………………… 134
津田左右吉 『文学に現はれたる我が国民思想の研究』
     第二巻 武士文学の時代 第三篇 武士文学の後期
           ………………………………………… 211
     第三巻 平民文学の時代 上 第一篇 平民文学
         の隆盛時代………………………………… 469
                                    
第4巻 単行本記述集成(二)

藤井 乙男 『江戸文学研究』…………………………………   3
     江戸文学概観、江戸初期の三教一致物語、仮名草紙の
     作者、鈴木正三、禅僧と小説、藻屑物語と男色義理物語、
     支那小説の翻訳、松永貞徳の父祖について、むもれ木、
     歌舞妓草子
藤岡作太郎 『国文学史講話』江戸時代……………………… 177 
藤 村   作 『上方文学と江戸文学』武士生活と町人生活… 319 
高須芳次郎 『日本近世文学十二講』
     第二講 文芸復興期前の文学……………………… 331 
鈴木 敏也 『改訂 近世日本小説史 
          啓蒙から歓楽への文芸』……………… 357
     序論 近世小説の背景、第一編 仮名草子の時代
水谷 不倒 仮名草子研究……………………………………… 591

第5巻 単行本記述集成(三) 

石 川  巖 元禄以前の花街文学………………………………   3 
山 口   剛 『怪談名作集』解説………………………………  35                                     
石田 元季 『江戸時代文学考説』…………………………… 135
山 口   剛 怪異小説研究……………………………………… 229 
新 村   出 南蛮文学概観……………………………………… 269 
笹川 種郎 『仮名草子集』解題……………………………… 301 
高野 辰之 『江戸文学史』部分……………………………… 323 
水谷 不倒 『新撰 列伝体小説史 前編』部分 ………… 437
山 崎   麓 『日本小説書目年表』…………………………… 589

第6巻 単行本記述集成(四)

笹川 種郎 『近世文芸史』上方の小説………………………   2                                      
藤井 乙男 『江戸文学叢説』浅井了意、お茶物語…………  34 
鈴木 暢幸 『江戸時代小説史』………………………………  49
     第一編 江戸時代小説の特質
     第二編 各種小説の概観
     第三編 京阪中心期の小説
長沢規矩也 『江戸地誌解説稿』……………………………… 139
潁原 退蔵 仮名草子…………………………………………… 197 
鈴木 行三 『戯曲小説 近世作家大観』第一巻…………… 233
潁原 退蔵 『日本文学書目解説(五)
          上方・江戸時代』……………………… 365 
山 口   剛 怪異小説研究……………………………………… 391 
藤井 乙男 仮名草子の研究…………………………………… 435 
宮川 曼魚 咄本の研究………………………………………… 455 
次 田  潤 『国文学史新講』仮名草子……………………… 472
潁原 退蔵 仮名草子の三教一致的思想について…………… 503 
                                    
第7巻 単行本記述集成(五)

近藤 忠義 『近世小説』………………………………………   3 
暉峻 康隆 『江戸文学辞典』………………………………… 199
     凡例、江戸小説概観、仮名草子 
片岡 良一 『近世前期の文学』……………………………… 267
暉峻 康隆 『文学の系譜』仮名草子の文芸性……………… 371 
潁原 退蔵 『江戸文芸』……………………………………… 401
                                    
第8巻 単行本記述集成(六)

守随 憲治 仮名草子と生活文化………………………………   7 
深沢 正憲 烏丸光広伝 附作品解説…………………………  17 
井浦 芳信 古活字本「竹斎」の研究
      ─仮名草子における流動性……………………… 119 
深沢 正憲 目覚し草(翻刻)解説…………………………… 149 
宮尾 重男 『近世笑話文学』天和年間〜元和年間………… 205 
暉峻 康隆 『日本の書翰体小説』…………………………… 220
第三章	書翰体小説の源流
第四章	形式的完成
重 友  毅 『近世文学の位相』……………………………… 253
     第一篇 近世文学の概観
     第三篇 方法論上の諸問題
麻生 磯次 『江戸文学と支那文学』総説…………………… 331
     前篇 第一章 怪異小説に於ける影響              
次 田  潤 『日本文学通史』仮名草子と浮世草子………… 390 
藤井 乙男 『近世小説研究』………………………………… 403
一、	江戸時代の小説概観
二、	元禄時代の京都小説家
三、	浅井了意
      (単行本 解説 深沢秋男) …………………… 511





 近世初期の約八十年間に書かれ、多くは出版された散文文芸の総称が仮名草子である。
「仮名草子」の命名者は水谷不倒(弓彦)である。水谷は、東京専門学校(早稲田大学の
前身)での講義録を著し、続いて、『近世 列伝躰小説史』を出版、さらに『新撰 列伝
体小説史 前編』を出して、この中で仮名草子について論じた。近代的な研究も水谷不倒
によって拓かれた、と言ってもよいだろう。
 もちろん、水谷不倒のみが、仮名草子の研究を進めてきた訳ではない。昭和二十年代以
前に限ってみても、朝倉治彦・麻生磯次・石田元季・市古貞次・井浦芳信・潁原退蔵・片
岡良一・近藤忠義・重友毅・新村出・鈴木行三・鈴木敏也・鈴木暢幸・関山和夫・高野辰
之・暉峻康隆・長澤規矩也・中村幸彦・野田寿雄・深沢正憲・藤井乙男・藤岡作太郎・藤
村作・北条秀雄・松田修・山口剛・山崎麓等々、多くの先学の努力が積み重ねられてきた。
その研究論文・研究書と作品名の全貌は、『仮名草子研究文献目録』(深沢・菊池編、二
〇〇四年、和泉書院)によって知る事ができる。
 仮名草子作品の数も、昭和三十年頃までは二百点足らずであったが、その後の研究によっ
て、現在は三百点以上になっている。このようにみる時、仮名草子研究は活発に行われて
きたように思われるが、明治以後昭和二十年、つまり、近代的な研究が始まってから、第
二次世界大戦終結までの約四十年間に書かれた論文は一二〇点余に過ぎない。年間平均三
論文という状況であった。
 戦後の研究は、昭和二十二年の野田寿雄の「仮名草子の世界」(『国語と国文学』7月)
から始まるが、二十二年から三十五年までの十四年間に七十四論文という低迷が続いた。
ところが、三十五年から七年にかけて、野田寿雄の日本古典全書『仮名草子集(上下)』が
刊行されて、研究は活発化してきた。
 『仮名草子研究叢書』は、雑誌論文は、昭和二十九年以前のものを全二巻に収録し、単
行本は昭和二十年以前のものを全六巻に収録したものである。
 近年の仮名草子研究は、細分化され、緻密な論文が多い。しかし、明治以降の先学の遺
された研究が全く通用しなくなった訳ではない。むしろ、このように細分化され、微視的
な傾向にある現在にこそ、明治以来の研究を振り返り、巨視的な観点から、仮名草子を見
直し、先人の研究を吸収して、新たな研究の出発点にすべきではないかと考える。本叢書
を刊行する所以である。


                       

 

新刊紹介(仮名草子)のメニューにもどる

トップメニューにもどる