新刊案内(仮名草子関係)
『近世前期文学の主題と方法』
          鈴木 亨 著
          2008年年8月25日・和泉書院発行
          A5判 610頁・定価15000円+税


 目  次

一 仮名草子の思想史的探求

仮名草子における教訓性と文芸性
  ―『浮世物語』の構成をめぐって― ………………………   3
 『恨の介』と『薄雪物語』 ………………………………………  21
 『恨の介』の主題と構成 …………………………………………  46
『曾我物語』と『二人比丘尼』 …………………………………  62
『仁勢物語』瞥見 …………………………………………………  79
『為愚痴物語』の中道思想 ………………………………………  95
『可笑記』の文体と思想 ………………………………………… 114
仮名草子における後生観 ………………………………………… 131
仮名草子におけるキリシタン思想の一考察 …………………… 173
『竹斎』について ………………………………………………… 190
浮世房型人間像の成立 …………………………………………… 205
『竹斎』の方法 …………………………………………………… 230
『一休咄』覚書 …………………………………………………… 251
御伽草子的仮名草子の分析 ……………………………………… 270
『祇園物語』小考 ………………………………………………… 287
『百八町記』の考察 ……………………………………………… 314
近世初期の浮世思想 ……………………………………………… 332
仮名草子における仏教思想の基調
  ―鈴木正三の著作を中心に― ……………………………… 346

二 井原西鶴諸作品の考察

少年期の世之介 ………………………………………………… 371
青年期の世之介 ………………………………………………… 392
西鶴における養生の理念 ……………………………………… 413
『万の文反古』における一つの問題 ………………………… 431
「ほれぬ」という誓紙 ………………………………………… 440
西鶴の改作方法 ………………………………………………… 457

三 研究余滴

大島嶺の家 ……………………………………………………… 467
『三人法師』小論 ……………………………………………… 474
憂き世と浮き世―価値観の対立と融合― …………………… 488
病鴈小海老考 …………………………………………………… 519
心放てば妖魔―『春雨物語』の一考察― …………………… 549
重層構造の展開―『菅原伝授手習鑑』を中心に― ………… 573

あとがき …………………………………………………………… 595

書名索引 …………………………………………………………… 602

人名索引 …………………………………………………………… 607





 

新刊紹介(仮名草子)のメニューにもどる

トップメニューにもどる