『百物語全注釈』上下2巻

     小川 武彦 著

          2013年2月25日、勉誠出版発行
          A5判、964ページ、25000円+税
         (平成24年度日本学術振興会科学研究費補助金
         「研究成果公開促進費」助成出版)



百物語全注釈  上巻目次


前書 ………………………………………………………………………… (1)

凡例 ………………………………………………………………………… (7)


百物語巻之上 ………………………………………………………………   1


百物語巻之上目録 …………………………………………………………   3

百物語序 ……………………………………………………………………  15

上の一 手習のしやうの事 ………………………………………………  57
上の二 小僧問答の事 ……………………………………………………  71
上の三 麹売の事 …………………………………………………………  81
上の四 観音地蔵鰌ふむ事 ………………………………………………  89
上の五 煮餅の事 …………………………………………………………  99
上の六 空気名を改事 …………………………………………………… 107
上の七 赤松問答の事 …………………………………………………… 119
上の八 白犬をつかむ事 ………………………………………………… 127
上の九 楽天が三儀の事 ………………………………………………… 137
上の十 黄金一枚取事 …………………………………………………… 145
上の十一 見ぬ京物語の事 ……………………………………………… 159
上の十二 鄙下の事 ……………………………………………………… 169
上の十三 李白酒の詩の事 ……………………………………………… 177 
上の十四 宗閑が額の事 ………………………………………………… 187
上の十五 三子の三望の事 ……………………………………………… 191 
上の十六 一休の狂哥の事 ……………………………………………… 211
上の十七 尊氏発句の事 ………………………………………………… 221 
上の十八 幽斎の付合の事 ……………………………………………… 227
上の十九 一休鮹食し事 ………………………………………………… 233 
上の二十 茶堂眠し事 …………………………………………………… 245
上の二十一 語ほど読る事 ……………………………………………… 251
上の二十二 雪の尺さす事 ……………………………………………… 263
上の二十三 時の用に鼻かく事 ………………………………………… 267 
上の二十四 奴誹諧の事 ………………………………………………… 285
上の二十五 世を恨し詩の事 …………………………………………… 289 
上の二十六 恙の故事 …………………………………………………… 299
上の二十七 火廻の事 …………………………………………………… 305
上の二十八 火本問に走る事 …………………………………………… 313
上の二十九 諸宗誹諧の事 ……………………………………………… 319 
上の三十  遊行の歌の事 ……………………………………………… 329
上の三十一 入麺振舞の事 ……………………………………………… 333 
上の三十二 念を入過す事 ……………………………………………… 355
上の三十三 達磨宗道歌の事 …………………………………………… 369 
上の三十四 人に異名付る事 …………………………………………… 375
上の三十五 木かと思はする事 ………………………………………… 379 
上の三十六 柿蔕ひろふ事 ……………………………………………… 385
上の三十七 三个好の事 ………………………………………………… 395 
上の三十八 珍敷よみある詩の事 ……………………………………… 401
上の三十九 貧僧三物の事 ……………………………………………… 405 
上の四十  策彦紹巴付合の事 ………………………………………… 413
上の四十一 弘法十首の歌の事 ………………………………………… 419 
上の四十二 有無の歌の事 ……………………………………………… 431
上の四十三 雉に道心発さする事 ……………………………………… 439 
上の四十四 喧▲売の事 ………………………………………………… 449
上の四十五 文盲字参談の事 …………………………………………… 463 
上の四十六 寺と山と狂句の事 ………………………………………… 471
上の四十七 三貝に口説の事 …………………………………………… 481 
上の四十八 はね字の典楽食の事 ……………………………………… 497
上の四十九 酒屋分字の旗の事 ………………………………………… 505 
上の五十 徹書記は定家の再来の事 …………………………………… 511


百物語全注釈  下巻目次

凡例 ………………………………………………………………………… (5)

百物語巻之下 ……………………………………………………………… 519

百物語巻之下目録 ………………………………………………………… 521

下の一 返歌連句付にする事 …………………………………………… 525
下の二 春過の歌ほんあんの事 ………………………………………… 537
下の三 薬罐で蛸にる事 ………………………………………………… 541
下の四 山椒にむせる事 ………………………………………………… 549
下の五 箱根坂狂歌の事 ………………………………………………… 561
下の六 長刀指になはるる事 …………………………………………… 565
下の七 博奕うちの事 …………………………………………………… 575
下の八 児柚をもらふ事 ………………………………………………… 587
下の九 紹巴花林の事 …………………………………………………… 593
下の十 宗祇石山発句の事 ……………………………………………… 603
下の十一 横川若王寺狂句の事 ………………………………………… 609
下の十二 盗人にお湯の事 ……………………………………………… 613
下の十三 掛ねをいふ事 ………………………………………………… 621
下の十四 銭の異名の事 ………………………………………………… 631
下の十五 喧▲うつる事 ………………………………………………… 635
下の十六 徹書記ながさるる事 ………………………………………… 643
下の十七 春秋のあらそひの事 ………………………………………… 655
下の十八 王荊公桜の詩の事 …………………………………………… 659
下の十九 聾正直の事 …………………………………………………… 665
下の二十 時の用に鼻さへかく事 ……………………………………… 673
下の二十一 風呂へ入かねし事 ………………………………………… 685
下の二十二 眠入着物尋る事 …………………………………………… 691
下の二十三 貞徳粽送歌の事 …………………………………………… 699
下の二十四 富士山詩歌の事 …………………………………………… 705
下の二十五 夢窓嵐山の歌の事 ………………………………………… 713
下の二十六 蛸食の事 …………………………………………………… 719
下の二十七 りくつものの事 …………………………………………… 735
下の二十八 はかなき物語の事 ………………………………………… 739
下の二十九 たばこ十首の歌の事 ……………………………………… 745
下の三十  同字五つ重し狂句の事 …………………………………… 759
下の三十一 広沢月見の事 ……………………………………………… 765
下の三十二 饅頭の名を問事 …………………………………………… 775
下の三十三 浮蔵主の事 ………………………………………………… 781
下の三十四 柄漏の事 …………………………………………………… 789
下の三十五 葉流詞の誹諧の事 ………………………………………… 797
下の三十六 即心是仏の分字の事 ……………………………………… 801
下の三十七 離別の詩歌の事 …………………………………………… 807
下の三十八 狐志佞の事 ………………………………………………… 817
下の三十九 開元の銭の事 ……………………………………………… 825
下の四十  たうごせうの秀句の事 …………………………………… 829
下の四十一 鶯宿梅の事 ………………………………………………… 837
下の四十二 家隆定家掛歌の事 ………………………………………… 841
下の四十三 名誉の狂句の事 …………………………………………… 843
下の四十四 塞翁が事 …………………………………………………… 849
下の四十五 八の頭はやうつ事 ………………………………………… 857
下の四十六 朝三暮四の事 ……………………………………………… 863
下の四十七 猿に似たる人の事 ………………………………………… 867
下の四十八 小判拾いし事 ……………………………………………… 873
下の四十九 鼠蛙同心の事 ……………………………………………… 881
下の五十 しぶかたびらの事 …………………………………………… 895

解説 ………………………………………………………………………… 909

後書 ………………………………………………………………………… 913

要語索引 …………………………………………………………………… 915

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

著 者

小川武彦(おがわ たけひこ)
元 跡見学園女子大学文学部国文学科教授
米国ハ−バ−ド大学・ライシャワー研究所研究員を歴任

著 書
『石川丈山年譜・本編』(共著、青裳堂書店、1994年)
『石川丈山年譜・附編』(共著、青裳堂書店、1996年)
『浅井了意全集』仮名草子篇 第一巻(共編、岩田書院、2007年)
『仮名草子集成』第四十三巻(共編、東京堂出版、2008年)
『浅井了意全集』仮名草子篇 第二巻(共編、岩田書院、2011年) 他
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

前 書

 本書の素稿は、昭和四十年五月の日本古典文学大系第九十巻『仮名草子集』(森田武氏と共著)
のために執筆した原稿(本文と注・補注)である。ただ、同書のスペースには収容不可能となった
ので、不本意ながら削除して、原稿は手元に保管して数十年経過したが、二・三年前取り出して一
読した所、今でも発表するだけの学術価値はありそうだと感じたので、拙家に勉強に来られる小川
武彦氏に手交し、より完全な原稿とするように依頼した所、同氏は快諾され、原稿が出来上がるた
びに持参され、会読、その不十分な点を点検する作業が二年ほど続いて今日に至った。小川氏の原
稿は、広く諸文献を参照され、筆者の原稿と雲泥の差があり、九分九厘同氏の執筆と称しても差支
え無く、いわば大増補修正版であり、現今近世前期作品の模範注釈書と称すべきであろうし、今後
の仮名草子研究に多大な貢献をなすべき研究となろう。仮名草子研究者は先ず本書を一読して、そ
の研究を開始するのが、その研究の進展を保障するとさえ筆者には判断される。
 それにしても、筆者が執筆した時期から、数十年間に研究の進歩は驚くべきものがあったと、今
更ながら満九十二歳の筆者には感慨にふけるのみだが、小川氏の努力に感嘆すると共に、今後の一
層の精進を願ってやまない。
   平成二十四年十一月十九日
                                  前田金五郎


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る