『醒睡笑 全訳注』 
   宮尾 與男 訳注
               2014年2月10日、講談社発行
               学術文庫722頁、1700円+税


  目 次


まえがき ……………………………………………………………………    3

凡例 …………………………………………………………………………    6

醒睡笑之序 …………………………………………………………………   15

醒睡笑巻之一 ………………………………………………………………   19
名津希親方 貴人行跡 ●(身+空) 吝太郎 賢達亭

醒睡笑巻之二 ………………………………………………………………   77
謂被謂物之由来 落書 ふはとのる 鈍副子 無智之僧 
祝過るもいな物

醒睡笑巻之三 ………………………………………………………………  159
 文字知顔 不文字 文之品々 自堕落 清僧

醒睡笑巻之四 ………………………………………………………………  217
聞多批判 以屋那批判 曾而那以合点 唯有

醒睡笑巻之五 ………………………………………………………………  293
●	(女+花)心 上戸 人はそだち

醒睡笑巻之六 ………………………………………………………………  365
児の噂 若道不知 恋之道 悋気 詮なひ秘密 推はちがふた
うそつき

醒睡笑巻之七 ………………………………………………………………  475
 思の色を外にいふ いひ損盤なをらぬ 似合たのぞみ
癈 忘 謡 舞

醒睡笑巻之八 ………………………………………………………………  563
頓作 平家 かすり しうく 茶之湯 祝済多

解説 …………………………………………………………………………  674
1 笑話集の誕生
2 背景と成立
3 編者と作者
4 構成、配列
5 本文を読むために
6 特徴
7 諸本
8 『醒睡笑』の研究課題
 底本書誌

あとがき ……………………………………………………………………  711

参考文献 出典一覧・著書・論文ほか …………………………………  714

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
安楽庵策伝(あんらくあん さくでん)
1554(天文23)年―1642(寛永19)年。誓願寺住職。

宮尾與男(みやお よしお)
1948年東京生まれ。日本大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。
日本近世文学会委員を経て、夕霧軒文庫長、近世文学研究者。
著書に『元禄舌口文芸の研究』『上方舌口文芸史の研究』『上方咄の会本集成』ほか。



新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る