『桜斎随筆』総目録

深沢秋男

『桜斎随筆』は,鹿島神宮・宮司家,第66代・鹿島則孝の編著になるもので,
原本は則孝自筆で,54巻・60冊,全3500丁の膨大な随筆・記録である。
内容は,幕末から明治維新にかけての,鹿島・伊勢・東京等を中心としている。
原本は現在,鹿島則良氏が所蔵しておられる。

『桜斎随筆』の絵図
『桜斎随筆』複製版(本の友社刊)全冊写真



付記
ここに紹介した『桜斎随筆』は,平成5年6月25日,「鹿島則孝と『桜斎随筆』」として,
私家版として出版したものに拠っています。

●『桜斎随筆』の出版等に関しては,下記あて御連絡願います。
359-1104 所沢市榎町3−20  深沢秋男

「鹿島則文と桜山文庫」メニューにもどる

はじめにもどる