深沢秋男研究室 ●新刊紹介

HOME
.廛蹈侫ール&研究分野
担当科目&時間割
主要編著書&雑誌論文
こ設ホームページの紹介
ゾ赦遜子大学図書館所蔵(桜山文庫)
昭和女子大学図書館所蔵(翠園文庫)
鈴木重嶺関係資料
南部新一児童図書コレクション
上海交通大学「日本文化資料センター」
百人一首の研究
井関隆子の研究
−2井関隆子の研究2
仮名草子研究
-2仮名草子研究2
-3仮名草子研究3
-4仮名草子研究4
-5仮名草子研究5
鹿島則孝の研究
上田秋成の研究
鈴木重嶺の研究
案本古典文学作品・画像公開
厩掌与泙犯單栂彊貉瓩竜貘⊇
穏愼親盛(如儡子)の研究
該愼親盛(如儡子)の研究・2
●新刊紹介
●学界ニュース
日録
◆自著を語る 1
◆自著を語る 2
◆自著を語る 3
◎篆刻・遊印

新刊紹介(目次紹介)
●目に付いた出版物を、気の向くままに紹介していく。

新刊リスト
ヾ惴静雄・山本博也 編著 『招提千歳伝記』
長谷川強・石川了他 校訂 『嬉遊笑覧(二)』
C脇 理史 著 『日本永代蔵』
ぞ赦遜子大近代文化研究書編 『ベーベルの女性論再考』
ス盒狭案散臀検愬丐ァ(ハイユウ)
μ擶杣・高橋明彦・高島要・木越秀子 編 『勧進能舞台桜』注釈
祐天寺研究室編 『祐天寺年表3 祐天寺の中興』
谷脇理史 著 『万の文反古』
長谷川強・江本裕・渡辺守邦・岡雅彦・花田富二夫・石川了 校訂 『嬉遊笑覧(三)』
佐伯孝弘著 『江島其磧と気質物』
堀辰雄 『かげろふの日記残闕』
藤室苑子 歌集 『小町算』
渡辺京二著 『江戸の幻景』
『仮名草子集成』第36巻 朝倉治彦編
或実秋男著『井関隆子の研究』
云硝楙蔀『教師よ、最高の芸術家よ』
臆本勝著『芭蕉』
鈎飜郢杏卉『近世新畸人伝』
款笠原賢二著『「幸福」の可能性----逆風の中の文学者たち』
21、深沢秋男・菊池真一 編『仮名草子研究文献目録』
22、堤邦彦著『江戸の怪異譚---地下水脈の系譜』
23、森田進著『深沢七郎 回想録』
24、菊池真一編『講談資料集成 第三巻』
25、丹 和浩 著『近世庶民教育と出版文化―「往来物」制作の背景―』
26、中野三敏校注『近世畸人伝』
27、江本 裕 著『西鶴研究―小説篇―』
28、朝倉治彦 編『仮名草子集成』第37巻
29、藤岡忠美著『紀貫之』
30、長谷川強・江本裕・渡辺守邦・岡雅彦・花田富二夫・石川了 校訂 『嬉遊笑覧(四)』
31、慶應義塾 編 『福沢諭吉の手紙』
32、朝倉治彦 編 『仮名草子集成』第38巻
33、前田金五郎著 『近世文学雑考』
34、森川 昭 著 『春夏秋冬』
35、堤邦彦・徳田和夫 編 『寺社縁起の文化学』
36、野々山三枝 著 『歌集 海の地図』
37、深沢秋男・菊池真一 編 『仮名草子研究叢書』 全8巻
38、菊池真一・深沢秋男・和田恭幸 編『仮名草子集成』第39巻
39、国文学研究資料館編 『海外から見た日本文学の研究―内と外をのりこえて―』
40、高木 元 編  『近世出版文化史における<雑書>の研究』
     社会文化科学研究科 研究プロジェクト報告書 第133集(2006年)
41、浅田徹・勝原晴希・鈴木健一・花部英雄・渡部泰明 編集
『和歌をひらく 第四巻  和歌とウタの出会い』
42、谷脇理史 著 『『日本永代蔵』成立論談義 回想・批判・展望』(西鶴を楽しむ 別巻 1)
43、野沢勝夫 著 『「仮名書き法華経」研究序説』
44、中嶋隆・篠原進 編 『西鶴と浮世草子研究』第1号 特集<メディア>
45、橋口侯之介 著 『和本入門――千年生きる書物の世界』
46、小平 克 著 『森鴎外「我百首」と「舞姫事件」』
47、叢の会 編 『草双紙事典』
48、大桑斉・前田一郎 編  『羅山・貞徳『儒仏問答』註解と研究』
49、樋口一葉研究会編  『論集 樋口一葉 検
50、尾崎保子著『保生大帝 台北大龍●(山+同)保安宮の世界』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


50、『保生大帝 台北大龍●(山+同)保安宮の世界』

         尾崎保子(おさき やすこ)著

            2007年3月28日、春風社 発行
            A5判、236頁、定価2800円+税

目 次

はじめに…………………………………………………………………    1

第一章 台湾の歴史…………………………………………………   11
第一節 台湾の名の由来……………………………………………   13
第二節 中国史からみた台湾(鄭氏以前)………………………   14
第三節 鄭氏三代による開拓………………………………………   18
第四節 清朝による統治……………………………………………   22
第五節 日本による統治……………………………………………   26
第六節 光復後の国民党による統治………………………………   31
第七節 台湾人による台湾…………………………………………   35

第二章 台湾の寺廟装飾……………………………………………   37
第一節 台湾の寺廟装飾……………………………………………   39
第二節 熱情の器としての寺廟……………………………………   40
第三節 装飾の種類…………………………………………………   44
第四節 装飾の具象性………………………………………………   59
第五節 装飾の主題…………………………………………………   61
    一 吉祥……………………………………………………   61
    二 教導教化………………………………………………   64
第六節 装飾の意味…………………………………………………   68

第三章 信仰の推移…………………………………………………   71
第一節 信仰の島……………………………………………………   73
第二節 信仰の推移…………………………………………………   74
第三節 グラフの傾向………………………………………………   76
第四節 福徳正神と王爺神…………………………………………   77
第五節 地方神としての保生大帝…………………………………   81
第六節 南部の信仰…………………………………………………   83
第七節 北部の信仰…………………………………………………   86
第八節 医神の需要…………………………………………………   89

第四章 大龍●(山+同)保安宮の装飾空間………………………   97
第一節 廟の建築構造と装飾………………………………………   99
第二節 保安宮の創建………………………………………………  101
第三節 保安宮の装飾………………………………………………  103
    一 神像……………………………………………………  103
    二 扁額……………………………………………………  107
    三 柱字対聯………………………………………………  109
    四 絵画……………………………………………………  118
    五 梁上画…………………………………………………  124

第五章 大龍●(山+同)保安宮における『三国志演義』の世界… 135
 第一節 主題としての『三国志演義』…………………………  137
 第二節 三川門と前殿……………………………………………  140
 第三節 本殿………………………………………………………  145
 第四節 回廊と後殿………………………………………………  148
 第五節 『三国志演義』の主題分析……………………………  152

第六章 大龍●(山+同)保安宮における『史記』の世界…………… 159
  第一節 主題としての『史記』…………………………………  161
  第二節 三川門と前殿……………………………………………  163
  第三節 本殿と回廊………………………………………………  172
  第四節 後殿………………………………………………………  174
  第五節 『史記』の主題分析……………………………………  178

第七章 大龍●(山+同)保安宮の絵画……………………………  183
  第一節 絵画群の傾向…………………………………………  185
  第二節 保生大帝とは…………………………………………  186
  第三節 保生大帝の絵画………………………………………  191
  第四節 保生宮の絵画傾向分析………………………………  193
      一 関羽贔屓…………………………………………  194
      二 忠義………………………………………………  195
      三 孝子………………………………………………  198
      四 吉祥画……………………………………………  200
      五 風流画……………………………………………  201

第八章 保生大帝像…………………………………………………  207
  第一節 大龍●(山+同)保安宮の創建と重修………………  209
  第二節 保生大帝の生涯………………………………………  211
  第三節 孫思●説………………………………………………  214
  第四節 呉猛説…………………………………………………  218
  第五節 台湾における保生大帝の神蹟………………………  221

おわりに………………………………………………………………  229

主要参考文献…………………………………………………………  233

………………………………………………………………………………
尾魁(飮辧覆さき やすこヒ
高知県出身
昭和女子大学助教授
昭和42年 昭和女子大学文家政学部日本文学科卒業
昭和49年 東洋大学文学部中国哲学文学科卒業
昭和53年 東洋大学大学院修士課程中国文学科修了
発表論文  「台湾の寺廟扁について」「台南東嶽殿の神々」「『剪燈餘話』に
      おける婦女自殺考」「『無雙傳』から『翠翠傳』へ――文言小説に
      おける時代的変容――」「左伝における婦女観(一)」など多数。




49、『論集 樋口一葉 検

              樋口一葉研究会編

                 平成18年11月25日 おうふう発行
                 A5判・278頁、定価4800円+税


       目    次
       
「暁月夜」に潜在するもの              菅野貴子   7

『琴の音』を響かせるもの ―独奏から重奏へ―   橋本のぞみ  25

『大つごもり』の罪と罰               愛知峰子  43

『十三夜』論 ―コミュニケーションの不可能性―   笹尾佳代  65

物語ることの悪意 ―「われから」を読む―      山本欣司  84

村上浪六と一葉                   戸松 泉 108
  ―『樋口一葉全集』未収録資料「三日月序」を視座として―

樋口一葉における「奇蹟の期間」の構築        藤澤るり 138
  ―<男女入れ替え>から<合体>へ―

悲惨小説としての一葉作品              畑 有三 160

樋口一葉と同時代作家 ―北田薄氷・泉鏡花を中心に  田中励儀 177

資料一般から抽出される一葉の思考の世界       野口 碩 198
  ―特に「流れ」をめぐって

戦後民主主義と樋口一葉               松下浩幸 218
  ―児童向け伝記物語の問題点をめぐって―

英訳『にごりえ』              満谷マーガレット 274


 あとがき              樋口一葉研究会 菅聡子 275




48、『羅山・貞徳『儒仏問答』註解と研究』

              大桑斉・前田一郎 編
              福島栄寿・平野寿則・前田一郎・武田朋宏 執筆

              2006年9月5日……ぺりかん社発行
              A5判、358頁、定価6800円+税


  目次

〔本文編〕

  凡 例

儒仏問答 上

 第一章 序・問答第一件 仏儒虚実論  9
 第二章 問答第二件 因果の理と変化の理論  20
 第三章 問答第三件 「論仏骨表」論  36
 第四章 問答第四件 守屋論  42
 第五章 問答第五件 火の病因果論  46
 第六章 問答第六件 無常有常論  51
 第七章 問答第七件 儒仏盗用相似論  60
 第八章 問答第八件 異端論  69

儒仏問答 中

 第九章 問答第九件 文字論  79
 第一〇章 問答第一〇件 揚名論  90
 第一一章 問答第一一件 神好仏論  95
 第一二章 問答第一二件 儒仏大木葛藤論  100
 第一三章 問答第一三件 聖徳太子論  107
 第一四章 問答第一四件 仏書偽撰論  124
 第一五章 問答第一五件 出家論  141

儒仏問答 下

 第一六章 問答第一六件 三宝論  154
 第一七章 問答第一七件 崇峻刹殺論  164
 第一八章 問答第一八件 「理」論  177
第十九章 儒仏違目事
   第一条 儒仏水波論  190
   第二条 儒仏自然因果論  192
   第三条 仇と恩の関係論  194
   第四条 仏教中庸論  196
   第五条 不孝論  198
   第六条 万物不滅論  200
   第七条 平等利益論  205
   第八条 結語  207

 (参考史料)「自駿府遣頌遊状」  209
 参考辞典一覧・註典拠一覧  219

〔研究編〕

第一章 羅山貞徳論争の年次と論点  大桑斉  235
第二章 林羅山の仏教批判――朱子の排仏論との偏差  前田勉  265
第三章 『儒仏問答』の成立・構造め展開  前田一郎  297

あとがき  343
『儒仏問答』本文索引  巻末




47、 『草双紙事典』

               叢の会 編

              2006年8月10日・東京堂出版発行
              A5判・388頁・定価6500円+税


  目次

刊行によせて ………………………………………………小池正胤

凡例
草双紙の概要(赤本・黒本・青本) 
一、 赤本概説 ………………………………加藤康子…………     1
二、 黒本・青本概説 ………………………黒石陽子…………     5
『草双紙事典』書誌用語集 ……………………細谷敦仁…………     9
赤本・黒本・青本解題編 ……………………………………………    13
広告一覧 ………………………………………………………………   313
参考文献目録 …………………………………………………………   319
『叢 草双紙の翻刻と研究』総目次 ………………………………   339
草双紙の概要英訳 ………………………………加藤康子…………   361
あとがき ……………………細谷敦仁・丹和浩・黒石陽子………   362

赤本・黒本・青本解題編索引 ………………………………………   388

執筆者一覧
内ケ崎有里子・有働裕・大橋里沙・鍛冶聖子・加藤康子・黒石陽子・
笹本まり子・杉本紀子・高橋則子・丹和浩・橋本智子・檜山裕子・
細谷敦仁・三好修一郎・ジョナサン・ミズル・山下琢己・湯浅佳子


刊行によせて                 小池正胤

 本事典は初期草双紙の作品解題・評価を中心として、関連する諸事項を解説
した研究事典であります。対象作品は二四〇種、これはこの期の草双紙のほぼ
二割に当たります。赤小本・赤本・黒本・青本それぞれの特色を知る上では十
分な分量といえるでしょう。
 初期草双紙の研究は一九三〇年前後から始りましたが、本格的には一九六〇
年代に入ってからでした。かねてから黒本・青本の作者富川房信(吟雪)に関心
があったので、大学院の板本解読演習資料として、これらを利用しました。数
年後の一九七九年四月、最初の同人五人がその結果をゼロックスに写し、手作
りの稚拙な小冊子に『叢 近世文学演習ノート』と題して、数十部を近世文学
研究者にお送りし批正を仰ぎました。これが本事典のそもそもであります。
 初期草双紙一種の平均単位は十丁〜十五丁一部、絵を中心とするいわゆる小
本型・中本型です。その素材と世界は古代説話から江戸時代、本邦から異国・
仮想国、史伝・物語、各種演劇、役者見立て、当代生活・教育、などにいたる
まで、あらゆる分野に及んでいます。表現と内容や挿絵が単純素朴であるので、
それが作者画工の知識力量を思わせ、作品の評価にも及んでいました。しかし
その中には当時でも難解と思われる原拠を読者の理解度に応じて手際よく興味
ある場面を重ねる作品も多く、その構想・手法も多様で、作者画工の趣向工夫
がうかがえます。民話・民俗信仰・地口口合・日用器物・心学道話・幼童教育
など当時の社会生活がそのまま描かれてもいます。
 これらの初期草双紙の出現は、近世中期以後寺子屋の全国的な普及とともに
識字率が急増し、多種多彩な出版物が三都その他から供給され、人の交流文物
の流通が盛んになり多様化した社会現象に応じた一端でもありました。それゆ
え、初期草双紙は文学史的な意義だけではなく、国語学的に、社会史的・庶民
生活史的・教育史的になど、多面多様な資料・史料として利用が期待でき、す
でにそれが実証されてもいます。
 一九九三年度『叢』十六号刊行とともに、定年をもって私はいっさいを同人
各氏に譲り、海彼の客員に移りました。それまで同人各氏は一層研鑽を重ね、
初期草双紙以外の分野でも気鋭の研究者として業績をあげ評価をうけておりま
した。
 以後十三年、『叢』は号数を重ね同人も二十人をこえました。各氏からの発
意によって本企画を立案し、その緻密化を重ねてきました。今までの内容を精
選し、足らざるを補い、研究者や一般の有意の方のための事典形式を志しまし
た。博捜に努め、試案を重ね、検討を続けました。同人のみの力を結実させる
という大胆かつ年来の理想的な営為と密に信じました。しかも同人には「大韓
民国」「連合王国(UNITED KINGDOM)」の大学院留学生が加わり
ました。これも画期的なことでした。本事典はここに初期草双紙研究の確かな
道標となったことを確信いたしますが、さらに補正すべきところも多々あると
思います。叱正を仰ぎたく存じます。
 終わりに刊行まで終始指導と後援を戴いた東京堂出版編集部松林孝至氏に深
甚の感謝を申し上げます。
  二〇〇六年六月




46、『森鴎外「我百首」と「舞姫事件」』

             小平 克 著

              2006年6月25日・同時代社発行
              B6判・348頁・2500円+税


目  次

序 ………………………………………………………………………     7

第一章 『舞姫』における「虚構」と「事実」
  はじめに …………………………………………………………    14
  小金井喜美子はエリーゼを『舞姫』のエリスと同一視させている
       …………………………………………………………    17
  『舞姫』は事実を描いたものではないと?外自身が明言している
       …………………………………………………………    21
  『舞姫』の種本となったと思われる鴎外の翻訳作品 ………    26
  『舞姫』は『埋木』と構成や描写がよく似ている …………    30
  『舞姫』における「虚構」と「事実」 ………………………    36
  『舞姫』の背後にある「事実」を事件関係者の一次資料に
      もとづいて推理する …………………………………    41
  『舞姫』に「ウリーゼ来日事件」をあてはめて解釈してみる
       …………………………………………………………    49
  竹盛天雄氏が提示した『舞姫』読解の視点 …………………    54
  おわりに …………………………………………………………    60

第二章 森鴎外の「我百首」解釈と「舞姫事件」
  はじめに …………………………………………………………    66
  「舞姫事件」の経過 ……………………………………………    76
  「我百首」前段 ………………………………………………    92
  「我百首」中段(前半) ………………………………………    95
  「我百首」中段(後半) ………………………………………    99
  「我百首」後段 ………………………………………………   102
  おわりに ………………………………………………………   105
  
第三章 「我百首」創作の背景と各首評釈
  はじめに ………………………………………………………   112
  「我百首」の中心主題は何か ………………………………   115
  鴎外はなぜ明治四二年春に「我百首」を創作し発表したのか
      …………………………………………………………   119
  ?外はニーチェの思想によって死の想念を克服しようとしていた
      …………………………………………………………   125
  「我百首」前段 評釈 ………………………………………   133
  「我百首」中段(前半)  評釈 ……………………………   156
  「我百首」中段(後半)  評釈 ……………………………   184
  「我百首」後段 評釈 ………………………………………   204
  おわりに ………………………………………………………   226

跋 ……………………………………………………………………   239




45、『和本入門――千年生きる書物の世界』

                橋口 侯之介 著
                2005年10月19日………平凡社発行
                B6判、254頁、定価2200円+税

  目  次

まえがき 3

第一章 和本とは何か――その歴史と様式を知る<初級編> 

和本という用語  17
     江戸が復元される古書市場  23
     装訂からみた書物の古い形態  26
     冊子の起源――粘葉装・列帖装  31
     和本のお手本・宋元版  35
     本にも神様がいる  40
     江戸板本の形を作った五山版  44
     江戸初期、古活字版の意義  52
     出版文化の起点・寛永期  56
     上方から発信、元禄の庶民文化  59
     物之本と草双紙  63
     本の大きさでジャンルがわかる  66
     江戸時代をどう区分するか  70
     三都体制の整った江戸中期  72
     多彩な書物文化の時代  76
     明治の初めも和本の世界  84
     和本の流通は古本屋の手に  88

第二章 実習・和本の基礎知識――本作りの作法を知る<中級編>

     和本をこよなく愛した人  93
     和本を調べるための考えかた  99
     参考文献『国書総目録』  102
     どれがほんとうの書名か  105
     書名は内題を採用する  112
     表紙の題名を採用したほうがよいとき  118
     内題外題論争  122
     角書という書名の一部  126
     著者表記の決まり  129
     本名が出てこない著者欄  135
     編者の役割と用語  140
     巻数、冊数の調べかた  143
     和本をどう分類するか  148

第三章 和本はどのように刊行されたか――刊記・奥付の見かた<上級編>

階層的な和本の発行形態  155
『江戸砂子』の出版経過  158
刊記や奥付だけではわからない出版の推移  164
刊記・奥付の見かた  173
江戸時代の本屋や都市の呼称  177
板元を特定する方法  179
刊印修ということ  183
よくあった海賊版  189
表紙にも時代性がある  192
この世にたったひとつの本  197
書き入れにも作法がある  200
欠点も隠さず情報公開を  204
和本の貌をみるプロの見かた  207
値段を入れてみる  215

第四章 和本の手入と保存――次の世代に残すために

東京古典会の市場風景  221
和本をどう手に入れるか  227
和本の保管、奥の手  231
虫から本を守る方法  236
現代も有効な虫干し  242

 あとがき  246
 参考文献  248
 用語索引  254



44、、『西鶴と浮世草子研究』第1号 特集<メディア>

                中嶋隆・篠原進 編
                2006年6月17日・笠間書院発行
                A5判・250頁・定価2500円+税

◎ 附録・1 西鶴浮世草子全挿絵画像CD(解説付き)
◎ 附録・2 『西鶴と浮世草子 最新文献ガイドブック〔平成15〜17年
      版〕』 佐伯孝弘・杉本和寛編
      小B6判・60頁、非売品。

  目 次

刊行に当って ……………………………………………………… 長谷川 強  巻頭
●エッセー
◎元禄文化と「ことば信仰」………………………橋元良明      8
◎西鶴と出版を考えるために………………………塩村耕      12
◎「知」の均質化への再挑戦………………………浅沼璞      16
◎西鶴の呼吸…………………………………………高柳克弘     20

●ロングインタビュー
◎リンボウ先生と江戸文学…………………林望          26

特集論文<メディア>
◎貞享期の出版攷―『役者大評判』を中心に……冨士昭雄     44
◎『増益書籍目録大全』と西鶴本…………………市古夏生     60
◎貞享三年の池田屋岡田三郎右衛門………………羽生紀子     71
―森田庄太郎との提携と『好色一代女』の刊行―
◎貞享・元禄期における三都の出版書肆…………速水香織     82
 ―西鶴本板元を中心に―
◎神話のヤツシとしての『義経記』『好色一代男』
               ………………加藤定彦     96

◎西鶴の自主規制とカムフラージュ………………谷脇理史    117
 ―一応の総括と今後の課題―
◎舌耕者都の錦………………………………………山本卓     132
―メディアとしての舌耕・書き本―

●ロングインタビュー
◎出版社のメディア戦略を訊く……………………見城徹     148

●投稿論文
◎西鶴と古典教育……………………………………堀切実     166
 ―『本朝二十不孝』教材化案―

●研究史を知る
◎『本朝二十不孝』…………………………………有働裕     180
◎『西鶴諸国はなし』………………………………宮澤照恵    184
◎『男色大鑑』………………………………………広嶋進     188
◎『武家義理物語』…………………………………藤江峰夫    192
◎江島其磧……………………………………………佐伯孝弘    197

● ブックレビュー
◎佐伯孝弘『江島其磧と気質物』…………………藤原英城    204
◎広嶋進『西鶴探求―町人物の世界―』…………平林香織    209
◎森耕一『西鶴論 性愛と金のダイナミズム』…森田雅也    215
◎染谷智幸『西鶴小説論 対照的構造と<東アジアへの視界>』
               …………………大久保順子   220

● 海外研究事情最前線
◎韓国における西鶴研究…その現状と課題………黄昭淵     225

●西鶴・浮世草子 研究文献目録(稿) ……………倉員正江    231
   〔昭和20〜25年〕

● 掲示板
● 第二号予告 特集 浮世草子と怪異
● 執筆者 プロフィール
● 投稿論文募集




43、、野沢勝夫 著『「仮名書き法華経」研究序説』

              2006年3月30日・勉誠出版発行
              A5判・402頁・13000円+税

序にかえて

一、 本書は、比較的研究史の浅い「仮名書き法華経」について、その資料に関
  する論考と「新資料」の紹介を内容とするものである。

二、 所収の論文のうち「『法華訳和尋跡抄』所引の仮名書き法華経について」
  は、『法華訳和尋跡抄』所引の逸文に祖形を求めて、伝存する「仮名書き
  法華経」の遺品について系統的な整理を試みたものである。中世の遺品の
  主要なものを 〃妙一本群〃 として同一系統下にまとめた。

三、「瑞光寺本について」「月ガ瀬本について(付)矢代本」は 〃妙一本群〃 と
  は系統を異にする二種の伝本を「新資料」として、やや詳しく紹介したも
  のである。本書の後半の<資料篇>にはその〔翻字〕と妙一本との異同を比
  較した〔資料〕とを収めた。

四、「『法華経切れ』に見られる仮名書き法華経」と「『絵巻』のなかの仮名書
  き法華経」はいずれも、中世のいわゆる「仮名書き法華経」――訓経の延
  べ書き――とは別種の仮名書き資料が存在することを示したものである。

五、「仮名書き法華経に見る謙譲の『給フ』の消長」は、仮名書き法華経を国
  語史資料として使用した研究例である。謙譲の『給フ』の四段化の時期を、
  その前後の資料で示した。

六、いずれも生硬で未熟なものであるが、「仮名書き法華経」研究のためのさ
  さやかな礎となることを願うものである。

    平成十八年三月                   野沢勝夫


目  次

序にかえて

<論考篇>

 一、『法華訳和尋跡抄』所引の仮名書き法華経について
   ―「妙一本群」の祖本を求めて― …………………………    3

   二、「瑞光寺本」について ………………………………………   19

 三、「月ガ瀬本(付)矢代本」について …………………………   41

 四、「法華経切れ」に見る仮名書き法華経  …………………   63
   ―「翻訳法華経」の存在―

 五、「絵巻」のなかの仮名書き法華経 …………………………   93
   ―「簡約仮名書き法華経」の存在―

 六、仮名書き法華経に見る謙譲の「給フ」の消長 …………  111


<資料篇>

 〔比較、考察〕

一、瑞光寺本 (妙一本との比較、考察資料) ……………………  126
  如来寿量品 第十六 …………………………………………  126
  分別功徳品 第十七 …………………………………………  138
  随喜功徳品 第十八 …………………………………………  150
  法師功徳品 第十九 …………………………………………  157
  常不軽菩薩品 第二十 ………………………………………  166
  如来神力品 第二十一 ………………………………………  176
  嘱累品 第二十二 ……………………………………………  176
  薬王菩薩本事品 第二十三 …………………………………  184
  妙音菩薩品 第二十二-四 ……………………………………  200

二、月ガ瀬本 (妙一本との比較、考察資料) ……………………  210
  譬喩品 第三 (三車火宅の譬え) ……………………………  210
  信解品 第四 (長者窮子の譬え) ……………………………  223
  薬草喩品 第五 (三草二木の喩) ……………………………  230
  化城喩品 第七 (化城宝処の喩) ……………………………  234
  五百弟子授記品 第八 (衣裏繋珠の譬え) …………………  244
  安楽行品 第十四 (髷中珠の譬え) …………………………  249
  如来寿量品 第十六 (良医の譬え) …………………………  253


 〔翻字〕

一、瑞光寺本 …………………………………………………………  264

二、月ガ瀬本 …………………………………………………………  314


あとがき ………………………………………………………………  401




42、、『『日本永代蔵』成立論談義 回想・批判・展望』(西鶴を楽しむ 別巻 1)
   谷脇理史 著

                2006年4月25日・清文堂出版発行
                B6判、292頁、定価3200円+税

  目  次

    まえがき

第一回 やや長すぎる前口上…………………………………………  3
一、 はじめに―昨今の研究業績評価
二、 おかしな評価基準
三、 『永代蔵』にかかわるまで
四、 暉峻論文の出現
五、 暉峻論文とのかかわり

第二回 暉峻先生の『永代蔵』成立論……………………………… 37
一、 暉峻論文の主張
二、 暉峻論文への疑問
三、 その頃をかえりみて
四、 角川文庫本の解説
五、 暉峻先生の再論
六、 暉峻説への疑問
七、 決着はついたか?

第三回 『野良立役舞台大鏡』の問題……………………………… 75
一、 はじめに
二、 『野良立役舞台大鏡』への疑惑
三、 鳥越文蔵氏の論
四、 野間光辰先生の批判
五、 野間説とそれへの疑問
六、 冨士昭雄氏論文の登場
七、 冨士氏論文批判
八、 問題は振り出しに

第四回 箕輪吉次氏の成立論………………………………………113
一、 はじめに
二、 箕輪氏の拙論批判
三、 『近世文学論集』のころ
四、 箕輪氏の長篇論考
五、 広嶋進氏による箕輪氏論文の検討
六、 広嶋氏の結論
七、 確実な事実とは?
八、 綿密な調査と大胆すぎる仮説

第五回 西島孜哉氏と羽生紀子氏の成立論………………………153
一、 はじめに
二、 西島氏の立脚点
三、 西島説への疑問
四、 西島氏説批判
五、 草稿回覧説について
六、 羽生紀子氏の成立論
七、 おわりに

第六回 広嶋進氏他の成立論と今後の問題………………………195
一、 はじめに
二、 重複現象の問題
三、 広嶋氏の主張
四、 広嶋氏説への疑問
五、 広嶋氏説批
六、 矢野公和氏の論
七、 重複現象の見方
八、 矢野氏説批判
九、 長友千代治氏の成立論
十、 今後の問題

補 1 『永代蔵』巻五、六は初稿の編入か……………………  233
    ――拙論「西鶴小説における成稿過程の一面」より――

補 2 「『武道伝来記』の読者の問題」より……………………  261

補 3 暉峻先生と私………………………………………………263
    ――学部生の頃の想い出――

補 4 私の卒業論文………………………………………………271

補 5 わが西鶴研究――やや回想風に…………………………275


◎あとがき……………………………………………………………289




41、、浅田徹・勝原晴希・鈴木健一・花部英雄・渡部泰明 編集
   『和歌をひらく 第四巻  和歌とウタの出会い』

              2006年4月19日・岩波書店発行
              A5判・254頁・・3700円+税

目  次

序論 呪術と呪歌の論理 …………………………………………  花部英雄

 一 ウタと和歌のコラボレーション  1
 二 呪術と呪文  4
 三 呪歌の生成  7
 四 呪術とアミニズム  13
 五 魂結びと夜泣き  16
 六 呪術の心理  20


一 和歌と民俗・伝承


 神語りとウタ―その始原を求めて ……………………………  福田 晃
  はじめに―無意識世界からのメッセージ  25
  一 宮古カンカカリヤーの伝承  27
   1 巫病のなかの神口  27
   2 巫儀のなかの神語り  33
  二 奄美ユタの伝承  42
   1 巫病のなかの神口  42
   2 巫儀のなかの神語り  46
  おわりに―文学の発生を訪ねる  54


  歌人伝承と和歌―和泉式部・小式部そして紫式部の場合 …… 菊地 仁
   序  59
   一 小式部の説話化  60
   二 『小式部』の背景  62
   三 『小式部』における「大江山」歌  63
   四 播磨の和泉式部伝説  65
   五 在地伝承の<子捨と再会>  67
   六 和泉式部・小式部の七夕歌  68
   七 かね女と玉世姫  70
   八 『かさぬ草紙』の介在  73
   結  75

  歌掛けの民俗誌―短歌成立史における民間歌謡の位置 …… 辰巳正明
   はじめに  79
   一 <歌掛け>の民俗とその展開  80
   二 <歌掛け>の歌詞とその曲調  83
   三 <歌掛け>の短歌形式の流布  86
   おわりに  92

   <コラム1> 昔話と歌           廣田 収  96
   <コラム2> 降霊の呪術と恋の歌      松尾恒一  98


二 和歌と宗教儀礼


 祝詞と和歌―中世神道をめぐって ……………………………  伊藤 聡
  一 和歌陀羅尼観の展開  103
  二 和歌陀羅尼観と中世神道  106
  三 陀羅尼としての中臣祓  108
  四 中臣祓の伝来譚  110
  五 神道灌頂作法における和歌  114
  おわりに  118

 仏教儀礼と和歌―<法会文芸>として ……………………… 小峯和明
  一 法会文芸としての和歌  121
  二 和歌をよむための法会  123
  三 説経と和歌  127
  四 経釈と和歌  131
  五 法会でよまれる和歌  134
  六 法会のあとでよまれる和歌  137


 陰陽道と和歌 ……………………………………………… 小池淳一
  はじめに―陰陽道史への視座  143
  一 信田明神の位置と性格  144
  二 鹿島明神の境界性  149
  三 暦と大雑書の和歌  153
  おわりに―陰陽道史における和歌  157

   <コラム3> 社寺巡礼の旅と歌      渡邊昭五  161


三 和歌から呪歌へ


 修験道の呪歌 ………………………………  H・O・ロータモンド
  序  165
  一 呪歌の基盤  166
  二 呪歌とは―分析試論  168
    1 行為者たる歌の話手  169
    2 神仏や超自然的な力から助けを求める例  177
    3 前例の呪的力  181
  まとめ  183


 呪歌と民俗―夢見の呪歌とその伝承 ……………  小田和弘
  はじめに  191
  一 恋の俗信と夢  193
  二 夢と予兆  195
  三 夢違えの呪歌  196
  四 初夢の回文歌  200
  五 獏の呪歌  207
  六 悪夢を草木に着ける呪歌  210
  七 就寝中の安全祈願と枕神  212
  おわりにかえて  214


 神詠と呪歌―室町時代を中心に ………………………… 伊藤慎吾
  はじめに  223
  一 神詠の一種としての呪歌  225
  二 神詠の発生  228
  三 神詠を語る  234
  四 神詠の社会的生態  242
  おわりに  245

   <コラム 4> おまじないと歌      神崎宣武  248
   <コラム 5> 呪歌を携えるウタヨミ   川島秀一  251




40、『近世出版文化史における<雑書>の研究』社会文化科学研究科 研究プロジェクト報告書 第133集(2006年) 高木 元 編

     平成18年3月31日・千葉大学大学院 社会文化科学研究科発行
     B5判、108頁、非売品

目  次
『和語陰隲録』『功過格』『陰隲文』の研究
  内田保廣 …………………………………………………………  1

『和漢年契』諸版稿
  二又 淳 …………………………………………………………  5

両面摺年代記小考
  佐藤 悟 ………………………………………………………… 16

『草双紙年代記』考―上巻部分を中心として―(改訂版)
  松原哲子 ………………………………………………………… 21

『日本王代一覧』における異版の研究
  石井 綾 ………………………………………………………… 40

『妙術博物筌』書誌解題
  小野さやか ……………………………………………………… 73

高井蘭山著編述書目(覚書)
  高木 元 ………………………………………………………… 83




39、『海外から見た日本文学の研究―内と外をのりこえて―』(第29回 国際日本文学研究集会会議録 2005) 国文学研究資料館編

                   2006年3月・国文学研究資料館発行
                   A5判、200頁・・非売品

目  次

  講  演

◎皆川淇園(1734―1807)
  ―『淇園答要』と『名疇』の関係について―
  Willem Jan Boot ………………………………………    1

  研究発表

◎ 『大江千里集』の序文から見た「内」と「外」
  陳 斐 寧 …………………………………………………   21

◎ 平安朝の和文の日記と寛文の日記
  ―「ジャンル」に関する一考察―
  Edward Kamens ………………………………………   31

◎ 日本文学の発見:俳諧と滑稽の境地 ―周作人の場合―
  顧 偉 良 …………………………………………………   47

◎ 日本アヴァンギャルド詩運動とリトルマガジン
  ―セルビア文学との比較考察―
  山崎佳代子 …………………………………………………   65

◎力としての病 ―梶井基次郎の作品に於ける肺結核―
  Stephen Dodd ……………………………………………   75

◎ 馬琴読本における予兆・卜占
  黄 智 暉 ……………………………………………………   85

◎ 文学における近世:タームとメソッド
  ―読本における俗語的表現を視点として―
  周 以 量 ……………………………………………………  101

◎ 近世軍書の研究に対するアメリカ日本研究の有効性
  井上 泰至 ……………………………………………………  127

◎ 海外における日本近世文学の書誌学的および文献学的な
研究の可能性
 ―実態の困難さとそれを乗り越えるために―
 Laura Moretti ………………………………………………  139

◎ 「佳人」から「女志士」へ
  ―宮崎夢柳の『鬼啾々』『芒の一と叢』
  湯 薇 薇 ……………………………………………………  155

◎ 近代日本文学における他者
  Mark Williams ……………………………………………  163


総括   神野藤昭夫 ……………………………………………  173

英文要旨 ……………………………………………………………  175

執筆者紹介 …………………………………………………………  187

開催までの経過 ……………………………………………………  191

参加者名簿 …………………………………………………………  192

国際日本文学研究集会委員名簿 …………………………………  200




38、『仮名草子集成』第39巻  菊池真一・深沢秋男・和田恭幸 編

                   2006年3月15日・東京堂出版刊行
                   A5判、320頁、17500円+税

目  次


若輩抄(写本、1冊)………………………………………………    1
  解 題……………………………………………………………  295

聚楽物語(寛永17年5月版、3巻3冊)…………………………  27
    巻 上………………………………………………………   29
    巻 中………………………………………………………   47
    巻 下………………………………………………………   67
  解 題……………………………………………………………  299

死霊解脱物語聞書(元禄3年11月版、2巻2冊)………………  81
    上…………………………………………………………   82
    下…………………………………………………………  103
  解 題…………………………………………………………  301

(影印)
女訓抄(古活字版、寛永14年3月刊、上下2冊、中巻欠)… 125
    巻 上……………………………………………………… 131
    巻 下……………………………………………………… 209
  解 題…………………………………………………………  305

書林の目録に見る了意の作品(五)(朝倉治彦執筆)……………  309

正誤・追加(朝倉治彦執筆)………………………………………  312

収録作品原本写真 



37、『仮名草子研究叢書』(全8巻)   深沢秋男・菊池真一 編・解説

             平成18年2月25日・クレス出版刊行
             全8巻、A5判、上製箱入、揃定価85000円+税

  目 次

第1巻 雑誌論文集成(一)

高野 斑山 徳川初世の名所記……………………………………  3
三浦 周行 後光明天皇の御好学と朝山意林庵………………… 13
此花社同人 江戸出版の仮名草紙………………………………… 56
水谷 不倒 仮名草子の挿絵と雛屋立圃………………………… 58
林若樹ほか 輪講 東海道名所記………………………………… 59
島津 久基 御伽・仮名・舞の草子……………………………  78
山本 秀煌 切支丹文学の一班…………………………………  96
石田 元季 初期の仮名草紙作者殊に如儡子に就きて……… 110
林若樹ほか 輪講 あづまものがたり………………………… 115
田中 喜作 師宣の初期絵入本に就て………………………… 129
新 村 出 伊曽保漫筆………………………………………… 157
新 村  出 影模蘭文古版絵入伊曽保物語の断簡…………… 165
久保 天隨 翦燈新話に就いて………………………………… 183
潁原 退蔵 近世文学選釈 一 恨の介……………………… 225
田中 浩造 伽婢子の翻案態度………………………………… 238
潁原 退蔵 近世文学選釈 二 尤の双紙…………………… 255
北条 秀雄 浅井了意の生涯…………………………………… 264
森  銑 三 可笑記の著者如儡子は何人か…………………… 279
潁原 退蔵 近世文学選釈 三 東海道名所記……………… 288
潁原 退蔵 仮名草子の発生に関する一考察………………… 301
潁原 退蔵 近世文学選釈 四 可笑記……………………… 308
北条 秀雄 浅井了意の自筆願書……………………………… 319
潁原 退蔵 近世文学選釈 五 元の木阿弥物語…………… 323
城戸甚次郎 緑蔭比事…………………………………………… 331
潁原 退蔵 近世文学選釈 六 たきつけ草・もえくひ・けしずみ
          …………………………………………… 339
天野佐一郎 石平道人の墓……………………………………… 349
木村 捨三 複製木版の工作過程に就て─特に岡田希雄さんに呈す─
            ……………………………………… 352
大越 長吉 仮名草子研究序説─主として、その擬物語を中心とせ─
            ……………………………………… 355
岡井 慎吾 石平道人鈴木正三が神として祀られて居る…… 367
佐藤 鶴吉 近世文学の註釈に就いて………………………… 370
潁原 退蔵 近世文芸の註釈的作業…………………………… 399
野村 八良 尤の草子…………………………………………… 421

第2巻 雑誌論文集成(二)

宇佐美喜三八 伽婢子に於ける翻案について…………………   2
重 友  毅 近世小説研究史略…………………………………  31
頼 桃三郎 『難波鉦』の地位…………………………………  52
朝田祥次郎 仁勢物語成立に就いての私見……………………  71
安部 亮一 「可笑記」覚書……………………………………  73
岡本新太郎 「醒睡笑」と裁判物………………………………  84
長沢規矩也 「怪談全書」の著者について……………………  91
熊 谷  孝 仮名草紙小論………………………………………  95
市古 貞次 艶書小説の考察…………………………………… 111
後藤 丹治 お伽草子と後代文学……………………………… 129
杉浦正一郎 「犬枕」に就いて………………………………… 134
斎藤 護一 江戸時代に於ける支那小説翻案の態度………… 144
潁原 退蔵 近世怪異小説の一源流…………………………… 169
長沢規矩也 「怪談全書」著者続考…………………………… 181
片岡 良一 仮名草子の輪郭…………………………………… 184
野田 寿雄 浮世物語の意義…………………………………… 202
暉峻 康隆 仮名草子の文芸性………………………………… 214
鶴 見 誠 名所記概説─名所観に及んで─………………… 229
波多郁太郎 醒睡笑の研究……………………………………… 241
岡田 希雄 東海道名所記について─製作年時および京童との関係な
      ど─………………………………………………… 252
市古 貞次 「仮名草子」の意味……………………………… 273
野田 寿雄 仮名草子の世界…………………………………… 281
市古 貞次 仮名草子の恋愛と死……………………………… 292
中村 幸彦 安楽庵策伝とその周囲…………………………… 299
麻生 磯次 近世小説…………………………………………… 314
暉峻 康隆 近世小説様式論…………………………………… 323
朝倉 治彦 読後所見 策伝宛光広の書簡…………………… 337
水田 紀久 可笑記の著者について…………………………… 339
松 田  修 日州漂泊野人の生涯……………………………… 343
関山 和夫 御咄の衆の事……………………………………… 360
鵜 月  洋 近世における小説論 ─展望と評論─………… 364
松 田 修 変  身…………………………………………… 373
小 野 晋 近世初期評判記略年表…………………………… 386
関山 和夫 木下長嘯子と安楽庵……………………………… 391
寺 谷  隆 仮名草紙に於ける庶民教化の一断面…………… 396
横 山 重 活字本、絵入本、色彩の本……………………… 407
市古 貞次 近世初期小説の一性格…………………………… 422
中村 幸彦 仮名草子の説話性………………………………… 431
      (雑誌論文 解説 菊池真一)…………………… 451

第3巻 単行本記述集成(一)

水谷不倒・坪内逍遥 『近世 列伝躰小説史』上巻
     第一章 徳川文学の起源……………………………   3
     第二章 仮名草子……………………………………  16
坂本 健一 『近世俗文学史』
     第一 総 叙…………………………………………  65
     第二 前 期…………………………………………  83
藤岡作太郎 『近代小説史』
     総 論 江戸時代の風尚と時代の分割…………… 121
     第一編 仮名草紙の時代…………………………… 134
津田左右吉 『文学に現はれたる我が国民思想の研究』
     第二巻 武士文学の時代 第三篇 武士文学の後期
           ………………………………………… 211
     第三巻 平民文学の時代 上 第一篇 平民文学
         の隆盛時代………………………………… 469

第4巻 単行本記述集成(二)

藤井 乙男 『江戸文学研究』…………………………………   3
     江戸文学概観、江戸初期の三教一致物語、仮名草紙の
     作者、鈴木正三、禅僧と小説、藻屑物語と男色義理物語、
     支那小説の翻訳、松永貞徳の父祖について、むもれ木、
     歌舞妓草子
藤岡作太郎 『国文学史講話』江戸時代……………………… 177
藤 村 作 『上方文学と江戸文学』武士生活と町人生活… 319
高須芳次郎 『日本近世文学十二講』
     第二講 文芸復興期前の文学……………………… 331
鈴木 敏也 『改訂 近世日本小説史
          啓蒙から歓楽への文芸』……………… 357
     序論 近世小説の背景、第一編 仮名草子の時代
水谷 不倒 仮名草子研究……………………………………… 591

第5巻 単行本記述集成(三)

石 川  巖 元禄以前の花街文学………………………………   3
山 口 剛 『怪談名作集』解説………………………………  35
石田 元季 『江戸時代文学考説』…………………………… 135
山 口 剛 怪異小説研究……………………………………… 229
新 村 出 南蛮文学概観……………………………………… 269
笹川 種郎 『仮名草子集』解題……………………………… 301
高野 辰之 『江戸文学史』部分……………………………… 323
水谷 不倒 『新撰 列伝体小説史 前編』部分 ………… 437
山 崎 麓 『日本小説書目年表』…………………………… 589

第6巻 単行本記述集成(四)

笹川 種郎 『近世文芸史』上方の小説………………………   2
藤井 乙男 『江戸文学叢説』浅井了意、お茶物語…………  34
鈴木 暢幸 『江戸時代小説史』………………………………  49
     第一編 江戸時代小説の特質
     第二編 各種小説の概観
     第三編 京阪中心期の小説
長沢規矩也 『江戸地誌解説稿』……………………………… 139
潁原 退蔵 仮名草子…………………………………………… 197
鈴木 行三 『戯曲小説 近世作家大観』第一巻…………… 233
潁原 退蔵 『日本文学書目解説(五)
          上方・江戸時代』……………………… 365
山 口 剛 怪異小説研究……………………………………… 391
藤井 乙男 仮名草子の研究…………………………………… 435
宮川 曼魚 咄本の研究………………………………………… 455
次 田  潤 『国文学史新講』仮名草子……………………… 472
潁原 退蔵 仮名草子の三教一致的思想について…………… 503

第7巻 単行本記述集成(五)

近藤 忠義 『近世小説』………………………………………   3
暉峻 康隆 『江戸文学辞典』………………………………… 199
     凡例、江戸小説概観、仮名草子 
片岡 良一 『近世前期の文学』……………………………… 267
暉峻 康隆 『文学の系譜』仮名草子の文芸性……………… 371
潁原 退蔵 『江戸文芸』……………………………………… 401

第8巻 単行本記述集成(六)

守随 憲治 仮名草子と生活文化………………………………   7
深沢 正憲 烏丸光広伝 附作品解説…………………………  17
井浦 芳信 古活字本「竹斎」の研究
      ─仮名草子における流動性……………………… 119
深沢 正憲 目覚し草(翻刻)解説…………………………… 149
宮尾 重男 『近世笑話文学』天和年間〜元和年間………… 205
暉峻 康隆 『日本の書翰体小説』…………………………… 220
第三章 書翰体小説の源流
第四章 形式的完成
重 友  毅 『近世文学の位相』……………………………… 253
     第一篇 近世文学の概観
     第三篇 方法論上の諸問題
麻生 磯次 『江戸文学と支那文学』総説…………………… 331
     前篇 第一章 怪異小説に於ける影響
次 田  潤 『日本文学通史』仮名草子と浮世草子………… 390
藤井 乙男 『近世小説研究』………………………………… 403
一、 江戸時代の小説概観
二、 元禄時代の京都小説家
三、 浅井了意
      (単行本 解説 深沢秋男) …………………… 511



 近世初期の約八十年間に書かれ、多くは出版された散文文芸の総称が仮名草子である。「仮名草子」の命名者は水谷不倒(弓彦)である。水谷は、東京専門学校(早稲田大学の前身)での講義録を著し、続いて、『近世 列伝躰小説史』を出版、さらに『新撰 列伝体小説史 前編』を出して、この中で仮名草子について論じた。近代的な研究も水谷不倒によって拓かれた、と言ってもよいだろう。
 もちろん、水谷不倒のみが、仮名草子の研究を進めてきた訳ではない。昭和二十年代以前に限ってみても、朝倉治彦・麻生磯次・石田元季・市古貞次・井浦芳信・潁原退蔵・片岡良一・近藤忠義・重友毅・新村出・鈴木行三・鈴木敏也・鈴木暢幸・関山和夫・高野辰之・暉峻康隆・長澤規矩也・中村幸彦・野田寿雄・深沢正憲・藤井乙男・藤岡作太郎・藤村作・北条秀雄・松田修・山口剛・山崎麓等々、多くの先学の努力が積み重ねられてきた。その研究論文・研究書と作品名の全貌は、『仮名草子研究文献目録』(深沢・菊池編、二〇〇四年、和泉書院)によって知る事ができる。
 仮名草子作品の数も、昭和三十年頃までは二百点足らずであったが、その後の研究によって、現在は三百点以上になっている。このようにみる時、仮名草子研究は活発に行われてきたように思われるが、明治以後昭和二十年、つまり、近代的な研究が始まってから、第二次世界大戦終結までの約四十年間に書かれた論文は一二〇点余に過ぎない。年間平均三論文という状況であった。
 戦後の研究は、昭和二十二年の野田寿雄の「仮名草子の世界」(『国語と国文学』7月)から始まるが、二十二年から三十五年までの十四年間に七十四論文という低迷が続いた。ところが、三十五年から七年にかけて、野田寿雄の日本古典全書『仮名草子集(上下)』が刊行されて、研究は活発化してきた。
 『仮名草子研究叢書』は、雑誌論文は、昭和二十九年以前のものを全二巻に収録し、単行本は昭和二十年以前のものを全六巻に収録したものである。
 近年の仮名草子研究は、細分化され、緻密な論文が多い。しかし、明治以降の先学の遺された研究が全く通用しなくなった訳ではない。むしろ、このように細分化され、微視的な傾向にある現在にこそ、明治以来の研究を振り返り、巨視的な観点から、仮名草子を見直し、先人の研究を吸収して、新たな研究の出発点にすべきではないかと考える。本叢書を刊行する所以である。



36、野々山三枝著『歌集 海の地図』

               平成18年2月4日・短歌研究社発行
               B6判、182頁、定価2600円

『仮名草子研究叢書』 全8巻 内容

   機‐

海が呼ぶ…………………………………………………………  10
みどり星――インド洋…………………………………………  14
古代舟唄――アデン……………………………………………  18
スエズ運河………………………………………………………  22
パピルスの絵――エジプト……………………………………  25
過ぎ越しの祭――イスラエル…………………………………  29
地中海そして大西洋へ…………………………………………  35
フランス…………………………………………………………  39
黄金の雨の木……………………………………………………  41
山岳鉄道フロム――……………………………………………  43
霧降る湖沼――イギリス………………………………………  50
北大西洋へ………………………………………………………  53
ナイヤガラ瀑布…………………………………………………  56
バミューダ島……………………………………………………  58
カリブ海…………………………………………………………  61
船上に聴く………………………………………………………  63
パナマ運河………………………………………………………  67
全けき彩に――海の紅…………………………………………  70
再び太平洋へ……………………………………………………  72
潮みちて閉づ……………………………………………………  74

  供‐

急くこと多し……………………………………………………  80
十六歳の少女へ…………………………………………………  84
夏に溶かす絵具…………………………………………………  90
こちら見ゐし……………………………………………………  95
屠蘇風呂………………………………………………………… 100
夫の歯車………………………………………………………… 104
春芹のスープ…………………………………………………… 110
最後の無教室…………………………………………………… 114
伴 侶……… ………………………………………………… 120
悲のつゆ………………………………………………………… 124
糸 滝…………………………………………………………… 127
備忘録…………………………………………………………… 134
コロボックル…………………………………………………… 140
茂吉とドナウエッシンゲン…………………………………… 146
浅間嶺…………………………………………………………… 152
ジュリエット・グレコ他……………………………………… 156
鳥いろいろ――真岡鉄道……………………………………… 161
浮寝感覚………………………………………………………… 168
月のこがらし…………………………………………………… 173

あとがき………………………………………………………… 177

カバー・口絵写真  野々山邦彦

齋藤茂太氏 推薦文
著者は亡父茂吉り研究者です。本歌集の前半は、私もご一緒させて
頂いた船旅で、一首一首にかつて味わった風景と感動が現われていて、
まさに「海の地図」です。
後半は、クルーズを共に楽しまれた夫君亡きあとの心境も織り込まれた
折々の歌で、深いひびきに満ちていて、多くの人々に広くすすめたい
歌集です。

野々山三枝(ののやま みえ)
栃木県真岡市に生まれる。昭和女子大学卒業。馬場あき子に師事、
「かりん」同人。歌集『月と舵輪』『花韻歳月』『檸檬プリズム』。
著書には『近代文学研究叢書』(共著)の 渡辺水巴、志田素琴、
姉崎嘲風、福田正夫、半田良平、今井邦子、齋藤茂吉、大田水穂等。



35、堤邦彦・徳田和夫 編『寺社縁起の文化学』

             2005年11月30日・森話社発行
               A5判,366頁,定価6500円+税

    目  次
  
  (序文 1)
   寺社縁起の転換期――近世から近現代へ
     堤邦彦…………………………………………………………………   3
  
  (序文 2)
   新しい縁起研究に向けて
     橋本章彦………………………………………………………………  15

第1部


(1) 寺社縁起の生成と展開

 寺社縁起と談義・直談――江州阿弥陀寺縁起をめぐって
   徳田和夫……………………………………………………………………  27

  組織と縁起――平安・鎌倉期の真言密教における<縁起>言説
   藤巻和宏……………………………………………………………………  41

  近世寺社縁起の戦略性――三河国鳳来寺縁起を事例として
   加藤基樹……………………………………………………………………  55

(2) 変容する寺社縁起

  神仏の噂――霊験の演出をめぐって
   伊藤慎吾……………………………………………………………………  77

  月感伝承の在地的様相をめぐって――近世真宗の内紛とうごめきの中で
   菊池政和……………………………………………………………………  95

  近世唱導と文芸・芸能
   北城伸子…………………………………………………………………… 111

  火車説話の受容と展開
   山田厳子…………………………………………………………………… 133

(3) 縁起の機能――鎮魂と救済

 法然上人伝から古浄瑠璃『ほうねんき』へ
  佐谷眞木人…………………………………………………………………… 161

 いくさ語りから怪談へ
  堤邦彦………………………………………………………………………… 175

 僧と亡者の昔話
  花部英雄……………………………………………………………………… 197

(4) 女性文化圏と縁起

 尼僧の<聖地>としての真如寺
  西山美香……………………………………………………………………… 213

 物語草子としての形成と受容――『お湯殿の上の日記』を通じて
  恋田知子……………………………………………………………………… 229

 民間巫女の群像――在地のなかの縁起語り
  川島秀一……………………………………………………………………… 249

(5) 演じられる縁起・道具としての縁起

 戯け開帳と縁起講釈
  福原敏男……………………………………………………………………… 269

 虚構の系図・由来書
  大島由紀夫…………………………………………………………………… 289

 縁起のメディア――開帳における縁起
  久野俊彦……………………………………………………………………… 305


第2部

(シンポジウム)
「縁起学」の可能性
  佐谷眞木人・堤邦彦・徳田和夫・橋本章彦・山田厳子………………… 325
   寺社縁起研究の対象・範囲、由来語りと縁起、現場性と信仰性、
   聖なるものの変質、神話と縁起、縁起の物語性、祀ることの意味、
   都市空間と民俗社会、縁起のリアリティ、通時性の視点、
   略縁起とは何か、中世文学研究のなかの寺社縁起、民俗学のアプローチ、
   縁起を受容する側、ゴジラ・昭和二九年の意味、「縁起学」の可能性、



34、森川昭 著 『春夏秋冬』

             平成17年11月21日,翰林書房発行
               B6判,168頁,非売品

も く じ

家の作りようは…………………………………………………   7
客を送る…………………………………………………………   8
笑うということ…………………………………………………   9
深夜に人を訪ねるのは…………………………………………  10
掛け買い…………………………………………………………  11
神頼み……………………………………………………………  12
試験………………………………………………………………  13
そう悪いことばかりは…………………………………………  14
転勤………………………………………………………………  15
博打………………………………………………………………  16
二世の時代………………………………………………………  17
子供の喧嘩に親が出る…………………………………………  18
たばこ……………………………………………………………  19
あな、かしがまし………………………………………………  20
恥を知るということ……………………………………………  21
別の生き方………………………………………………………  22
遅刻………………………………………………………………  23
スピーチ…………………………………………………………  24
合格………………………………………………………………  25
ドント・クロス・ユア・レッグス……………………………  26
単身赴任…………………………………………………………  27
子供の名前………………………………………………………  28
用意周到…………………………………………………………  29
男はやさしく……………………………………………………  30
遺言………………………………………………………………  31
保証人……………………………………………………………  32
秋の夜の酒は……………………………………………………  33
つまらぬ約束……………………………………………………  34
火事はボヤでも…………………………………………………  35
ライフ・スタイル………………………………………………  36
本の貸し借り……………………………………………………  37
妻子の自慢………………………………………………………  38
遊びをせんとや…………………………………………………  39
折にふれた片言隻語……………………………………………  40
行く河の流れは…………………………………………………  41
物がふえる………………………………………………………  42
会話………………………………………………………………  43
教訓というもの…………………………………………………  44
落書………………………………………………………………  45
反権力……………………………………………………………  46
お金は大切に……………………………………………………  47
而立………………………………………………………………  48
身内同志では……………………………………………………  49
智に働けば………………………………………………………  50
不良債権…………………………………………………………  51
男の顔……………………………………………………………  52
家庭内暴力………………………………………………………  53
念夢………………………………………………………………  54
グチは誰でも……………………………………………………  55
敬老………………………………………………………………  56
物言い・東と西…………………………………………………  57
読みにくい名前…………………………………………………  58
昔の役者は………………………………………………………  59
風流を添える……………………………………………………  60
礼状………………………………………………………………  61
同じ情況でも、人は……………………………………………  62
春は忘れ物………………………………………………………  63
嫁姑………………………………………………………………  64
不義はお家の御法度……………………………………………  65
早期教育…………………………………………………………  66
三上………………………………………………………………  67
褒めるというのも………………………………………………  68
肥える……………………………………………………………  69
法の運用は………………………………………………………  70
思いやり…………………………………………………………  71
達者自慢…………………………………………………………  72
カラオケ今昔……………………………………………………  73
何が大事か………………………………………………………  74
大名貸し…………………………………………………………  75
他人に寛大………………………………………………………  76
酒屋へ三里………………………………………………………  77
山の神……………………………………………………………  78
自分の子か?……………………………………………………  79
寸陰惜しむべし…………………………………………………  80
子をほめる・叱る………………………………………………  81
追っかけ…………………………………………………………  82
占い………………………………………………………………  83
元日予祝…………………………………………………………  84
孤独………………………………………………………………  85
絵馬………………………………………………………………  86
一年生……………………………………………………………  87
長っ尻……………………………………………………………  88
綽名………………………………………………………………  89
貸し傘……………………………………………………………  90
母の身には………………………………………………………  91
セクハラ…………………………………………………………  92
一寸先は…………………………………………………………  93
貸すよりは、いっそ……………………………………………  94
臭い………………………………………………………………  95
人生の滋味………………………………………………………  96
厚底………………………………………………………………  97
紅毛碧眼…………………………………………………………  98
梅若丸……………………………………………………………  99
小さきものは…………………………………………………… 100
ネクタイ………………………………………………………… 101
土用の丑の日…………………………………………………… 102
ストーカー……………………………………………………… 103
地震予知………………………………………………………… 104
交通戦争………………………………………………………… 105
ドライバー……………………………………………………… 106
金利……………………………………………………………… 107
初夢……………………………………………………………… 108
望郷……………………………………………………………… 109
相場……………………………………………………………… 110
人工人間………………………………………………………… 111
グルメ…………………………………………………………… 112
一気飲み………………………………………………………… 113
カタツムリとナメクジ………………………………………… 114
マニキュア……………………………………………………… 115
分けへだてなく………………………………………………… 116
ご対面!………………………………………………………… 117
民活……………………………………………………………… 118
ストリート・アーティスト…………………………………… 119
今浦島…………………………………………………………… 120
河豚は食いたし………………………………………………… 121
税金……………………………………………………………… 122
一日十里………………………………………………………… 123
七つ立ち………………………………………………………… 124
旅の見送り……………………………………………………… 125
お中元…………………………………………………………… 126
タテ割り社会…………………………………………………… 127
身ぶり手ぶり…………………………………………………… 128
反骨精神………………………………………………………… 129
駅伝……………………………………………………………… 130
宿のふとん……………………………………………………… 131
私語……………………………………………………………… 132
雪おろし………………………………………………………… 133
税は公平に……………………………………………………… 134
居眠り…………………………………………………………… 135
馬の名前………………………………………………………… 136
ジューン・ブライド…………………………………………… 137
蛍族……………………………………………………………… 138
昼寝……………………………………………………………… 139
万引き…………………………………………………………… 140
献立看板………………………………………………………… 141
ワイン…………………………………………………………… 142
人工ミルク……………………………………………………… 143
百人一首………………………………………………………… 144
犬の糞…………………………………………………………… 145
麦飯……………………………………………………………… 146
後朝の別れ……………………………………………………… 147
癖馬……………………………………………………………… 148
カワウソ………………………………………………………… 149
当事者の証言…………………………………………………… 150
古典と近代文明………………………………………………… 151
ガール・ハント………………………………………………… 152
賽銭泥棒………………………………………………………… 153
商売敵…………………………………………………………… 154
商品券…………………………………………………………… 155
年賀状…………………………………………………………… 156
寒そう!………………………………………………………… 157
ピアス…………………………………………………………… 158
引っ越し………………………………………………………… 159
馬糞……………………………………………………………… 160
恨み……………………………………………………………… 161
判官びいき……………………………………………………… 162
真夏日…………………………………………………………… 163
ウオーミング・アップ………………………………………… 164
拍手……………………………………………………………… 165
あとがき………………………………………………………… 166

【参考】本書は、毎月1日発行の『福祉推進者広報』に、平成4年
8月から、平成17年10月まで、連載してきた随想・評論を書籍
として出版したものである。各条末に、芭蕉・西鶴・宗因・重頼等の
句が添えられている。本文は若草色の枠に囲まれた瀟洒な造本で、
高橋潮氏、木村茂氏の挿画が優雅な趣を添えている。(深沢)




33、前田金五郎著 『近世文学雑考』

             平成17年11月20日・勉誠出版発行
               A5判、676頁・・22000+税

目 次

 凡例………………………………………………………………   (5)
地方俳壇としての堺………………………………………………    1
『土橋宗静日記』…………………………………………………   20
近世初期笑話の一源流……………………………………………   41
『百物語』雑考……………………………………………………   58
『浮世物語』雑考…………………………………………………   64
生活の中の文芸―近世初期圏外文学史考―……………………   95
少年リーダー………………………………………………………  119
在外江戸文学………………………………………………………  123
西鶴の出自―一つの想像―………………………………………  149
江戸時代語研究の珍文献…………………………………………  156
幕末に於ける一地方蘭学家 中盛彬……………………………  165
奥野清順祐可………………………………………………………  178
近松と法制…………………………………………………………  180
『日本永代蔵』論…………………………………………………  194
『好色一代男』の一考察…………………………………………  210
西鶴断片……………………………………………………………  226
西鶴片々録…………………………………………………………  246
『武道伝来記』の事実と創作……………………………………  256
西鶴作品と飲食……………………………………………………  277
真山青果の江戸時代研究…………………………………………  290
西鶴片々録(続)…………………………………………………  321
『武道伝来記』の創作的価値……………………………………  326
『楓園叢談』と西鶴の素材………………………………………  330
『日本永代蔵』論・続稿…………………………………………  336
西鶴二題……………………………………………………………  347
真山青果氏の『一目玉鉾』研究資料……………………………  358
西鶴用語一・二……………………………………………………  362
『好色一代女』散見………………………………………………  365
近世前期語散策―『岩波古語辞典』の仕事を終えて…………  369
古語漫稿……………………………………………………………  376
西鶴題材小考………………………………………………………  381
近世文学断片………………………………………………………  387
西鶴研究断片………………………………………………………  408
語彙散考……………………………………………………………  413
川柳評釈……………………………………………………………  478
川柳解説……………………………………………………………  490
学界展望 近世……………………………………………………  495
学界展望 日本史・近世・文学…………………………………  520
書評…………………………………………………………………  527
先学片影……………………………………………………………  552
『百籖』の末裔……………………………………………………  563
 筆者著書論文一覧………………………………………………  617
 要語索引…………………………………………………………  647
 跋…………………………………………………………………  674



32、『仮名草子集成』第38巻

      朝倉治彦 編
        平成17年9月30日,東京堂出版発行
        A5判 274ページ 17500円+税

目 次

  例 言
  凡 例

  女訓抄(古活字版、寛永十六年三月刊、三巻三冊)
   巻下………………………………………………………………   7

  (影印)
  女訓抄(寛永十九年七月板、三巻三冊)
   巻下……………………………………………………………… 111

  『女訓抄』解題…………………………………………………… 159

  『嶋原記』解題…………………………………………………… 194

   (付一)『女訓抄』(万治板)全挿絵……………………… 207
   (付二)『嶋原記』(寛文十三年板)全挿絵……………… 241
   (付三) 同   (貞享五年板)全挿絵………………… 251
   (付四) 同   (無刊記板)全挿絵…………………… 261

  書林の目録に見る了意の作品(四)
   元禄九年目録…………………………………………………… 270

  正誤………………………………………………………………… 274

  写真



31、『福沢諭吉の手紙』

      慶應義塾 編
               2004年5月6日・第2刷 岩波書店発行
               文庫判,336頁,定価760円+税
                   (岩波文庫 青102−6)

              『福沢諭吉の手紙』編集委員会
              小室正紀・坂井達朗・寺崎修・西沢直子・松崎欣一

     はしがき……………………………………『福沢諭吉の手紙』編集委員会
 目  次
    はしがき………………………………………………………………   3
 機仝供‥澄帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖  。
 供〃椿羌曾痢宗粛念と経営………………………………………………  47
 掘〕財と実業……………………………………………………………… 125
 検〔姥△塙餮◆宗修海箸个鯢雋錣箸靴董帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖。隠牽
 后/祐峺鮑檗帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖。横毅
 此_板蹐汎常……………………………………………………………… 275
 福沢諭吉略年譜……………………………………………………………… 313
   あとがき………………………………………………………………… 323
   「こと」と「ことば」
   名宛人別索引



30、『嬉遊笑覧(四)』

      喜多村キン庭 著
      長谷川強・江本裕・渡辺守邦・岡雅彦・花田富二夫・石川了  校訂
               2005年8月19日・岩波書店発行
               文庫判,414頁,定価900円+税
                   (岩波文庫 黄275−4)

◎本書は著者自筆の静嘉堂文庫所蔵本を底本とし,巻之一は欠本のため,東洋文庫所蔵
 本で補っている。
◎校訂の担当者は,巻之八・巻之九……渡辺守邦,巻之十……江本裕

    目  次
  凡 例
巻之八目録…………………………………………………………………………  13
○ 〔忌諱〕
五月忌(正五九月・斎日)、掃ことを忌、春初祝事、厄落(厄払)、つと入、初夢(宝舟
・ 廻文歌・獏枕・唐の頭)、懸想文、若夷子、名詮、嘉定、たのみ、物忌(しねよね・
・ ありなし・御袋)、夷子紙(えびす膳)、硯の面に物かく事、福、移り紙、としの実、
事始(ざるを出す事・花の塔)
○ 〔方術〕
嚏の頌文(守り縫)、呪の師、欠伸、厠に杜宇(芋畑・がんばり入道)、水祝(師走油・
わる樽)、虎字、小児退歯、しびれ、鍾馗画、風神送、時ならぬ正月、蚊帳に雁が
ね、照々法師、狛犬を括る、猫の失たる呪、頭痛、白の目切、釜鳴、奇法、祈祷、
口寄(より人・寄絃・加美り板・いちこ・外法頭・うしろ仏)、狐つかひ、荼吉尼天、
飯綱(五通・こだま・髪きり・狐の書画)、金蚕、箕仙、犬神蛇神
○ 鬮(関帝籤・盃?)、辻占、うらやさん(算おき・売卜・ありまさ)、たゝみ算、灰占
(虎卜)、投ざん、歌占、夢合(夢とき)、一富士二鷹、貧乏鬮(御祓くじ)、九姑、玄
女課、無尽鬮、五百羅漢
巻之八………………………………………………………………………………  15

巻之九目録…………………………………………………………………………  85
○ 〔娼妓〕
古へのあそび、傘さすこと、乗物の事、島原起源、おろせ、人形見勢、轡、
町売、夜みせ、をどり、灯籠、大夫、天神、かこひ、半夜、端、局、暖簾、
昔のさま、伽羅、衣服、若衆女郎、浮世詞(すい・ぐわち・ぬめる・しやら・
わざくれ・のさばる・大こもち・どらうつ)、一日買(大門を打)、桶ぶせ、朝
ごみ、壺入、入ぼくろ
○ 傀儡、諸州遊女町、祗園町、八坂こつぽり、稲荷の茶屋、鐘木町(柳町)、柴屋
 町、大坂新町(瓢箪町・佐渡島町・越後町)、揚屋、夕霧(阿波大尽)、山本与次
 兵衛、椀久豆蒔、遊女の員数、大坂中茶屋、地獄(椋物)、蓮葉、竈払、さうか
 (立ぎみ・づし君・比丘尼舟)
○ 吉原起源、再興の事、大夫格子、つぼね、散茶、うめ茶、茶を挽、吉原の町々、
傾城風俗、すあし内八文字、大夫絶し事、灯籠、桜を植、俄狂言、遊女員数、
とられんぼう(とりんぼ)、莵の御字、前わたり
だての薄着(三枚袷)、はなやる(紙花)、揚屋差紙、やり手(くわしや)、ぎう、
きんちや(おひやる・ぞめき・そゝり、ひやかし・げんさま・新五左)、遊女詞、
丹前勝山(奴風)、編笠すたる、馬駕籠
○ 湯女風呂、女げいしや、大鼓女郎、永代島、江戸処々の茶屋者、比丘尼、踊子
蹴ころばし、綿つみ、町芸者、羽ふり、百蔵、さげ重、筒もたせ、山猫、深川
新地
○ 男寵、若気、すばり、阿釜、田楽猿楽の少人、陰間の始、歯黒のこと、小草履
取、香具売、まひ子、かげま看板、飛子、新べこ、金剛、江戸かげま茶屋、
男風すたる
○ 〔言語〕
都の言葉、さゝじん、まちかね、木がらし、うぐひす、紫、こず/\来々、
しらじ、きそん十七寅のとし、らつぴらんくわい、すつぱのかは、ちよい
/\、日本一天下一、よござりましやう、もさ、奴詞、ちんぷんかん、すこ
たん、つがもなき、まんざら、てつぽう、ふがひなし、逆こと葉、一字ばさみ、
ぢゝむさい、諺くさ/\、お茶が湧(咽が乾)、座頭の夜這、鍋尻やく、与吉が
女房、ちやがれ、はやり詞、やくざ、しみたれ、女詞、やん八、なんかん
○ 講釈師、太平記読、咄、巡物語、利口物がたり、百物語、祖父祖母の物語、
猿の尻、狸の火傷、瓜姫、桃太郎、舌きり雀、酒呑童子、羅城門鬼、花咲せ
爺、落しの咄本、咄の名人、藤六、伴内、曾呂利、安楽庵、露五郎兵衛、
鹿野武左衛門、休慶、小左衛門、四郎斎、露休、彦八、万歳、志道軒、よご
れ銀杏、豆蔵、はなし家、蟹の咄、こはだ小兵次、口づゝ、漢土にいふ物語、
説鬼話
巻之九…………………………………………………………………………  89

巻之十上目録………………………………………………………………… 223
○ 〔飲食〕
飯、台、ひめ、紙みそうづ、幾本立、七五三、菜、亀足、物の食やう、宍、
四足類料理、獣市、楚割、つゝみ焼(昆布巻)、雉子焼、狸汁、しぎ焼、糟
鶏、壺やき、筍干、ざく/\汁、筏鱠、和雑鱠(ガゼチアヘ)、醋むつかり
(わさびおろし)、後段、点心、飯の湯、かよひ、香物、かくや、脹煮、すつぽう
桜煮、駿河煮、うどん豆腐、茶碗焼、すぎ焼(かまぼこ)、下駄と焼みそ、はんぺ
い、宇治丸、うなぎ、なまず、すつぽん、煮売、江戸料理茶屋、奈良茶、百膳、
淡雪豆腐、田楽菜飯、麦縄、冷麦、入麺、庖丁汁、烹雑、蕎麦、蒸蕎麦切、慳貪
(大名けんどん・提重・忍びけんどん)、饂飩(うどん桶・梅干)、二八そば(夜たか
そば・風鈴しつぽく)、手打(道光庵)、麦飯屋、飛鳥みそ、坐禅納豆、浜名納豆、
扣納豆(冬瓜切売)、坐禅豆(煮染豆)、寺納豆、金山寺、梅びしほ、三峰尖(しゆみ
せん)、うどめ、木芽漬、浅草海苔、初茄子(茄子切形)、初鰹(走り・おんざの初
物)、唐なす、さつま芋、みさご鮓、一夜ずし、飯ずし、栗生姜花形(果食将軍)、
西瓜、梵天瓜、林檎
○ 酒宴、鬼のみ、中のみ、鶯のみ、取違、三星、蓮のみ、相よし、滝のみ、酒戦、
かうろぎ盃、黒ぬり盃、朱盃、とさん(織部)、をはら(●〔匸ノ中ニ口〕羅)、
可盃、五度土器、むさしの、玉子杯(太郎次郎)、浮瀬、地酒、下り酒、雑伎(早
言・肴まひ)、拇戦(拳すまふ)、虫けん、拳玉、与次郎人形
○ 甘づら、沙糖、寒具、からくだ物、索餅、粉熟、団喜、粘臍、?餬、??、
● (食+追)子、饅頭(十字)、大湯餅、点心、羹、菜、元弘様、水繊、鼈羹、
碁子麺、巻餅(ケンヒヤキ)、苔豆(真盛豆)、霰餅、おこし米、引飯(道明寺)、
椿焼(ふくだ・胴ばれ)、善哉餅、汁粉餅、すゝり団子、餡ころばし、萩の花、
かい餅、煎餅(塩せんべい)、醒が井餅、軽やき、麩のやき(朝●〔白+ハ〕・
経巻・助惣)、銀鐔、金つば、雁金やき、さゝ餅、白糸、あこや、あかつき、
亀甲餅(アンヒン・いまさか)、米饅頭、洲浜、豆餅、いぬま餅、矢口餅(亥
の子・黒餅の紋)、花のくだ物、宮笥、菱餅、はなくそ、御福、目黒の餅、
もち花、算木餅、青ざし、金餅糖、落雁、羊羹、正徳中の菓子、南蛮菓子
(テンフラ)、みづから(昆布)、国土菓子、一位の実、榧、玉章、氷豆腐、こ
ろ柿、かひ敷、くだ物いそぎ、白強飯、くひ倒れ
○ 茶、漢土の茶の事、本朝茶の始、茗苑、茶摘、製造、茶式、一椀順飲、
回茶貢茶、童坊茶坊主、茶式伝来、数奇、わび、利休、九輪釜、白茶、
嗅茶、はな香、苑香、点法、先輩論、茶人、茶を磨、茶具、茶匙、托子、
ふくさ、茶桶、小座敷、かこひ、灰匙、しろ炭、妓女茶会、塩茶、煎茶
淹茶、茶品、一服一銭、煎じもの、辻売煎茶
巻之十上……………………………………………………………………… 227

巻之十下目録………………………………………………………………… 365
○ 〔火燭〕 切灯台、結灯台、高坏(菊灯)、灯呂、漢土灯市、七月灯籠、
猜灯、辻灯籠(つじが花)、切子灯台、柱松(たちあかし)、車松明、蝋燭、
ほゝづき挑灯、ひじり行灯、赤行灯、廻り灯籠、戴灯呂、桜灯呂、影絵(影
法師)、ボンボリ、遠州行灯、箱挑灯、地口行灯、さぎちやう(唱文師・大黒)、
御火焼(吹革祭)、火廻し、火もじ草、文字ぐさり、花火(大からくり・十二
挑灯)、火燵(置こたつ・板倉殿冷ごたつ)、焼石(温石)、光る物、夜光木、
東山大字、北辰灯、月華日華、庭火、江戸町中救火号帯、同火楼、
○ 香、沈、伽羅、蘭奢侍(ヒヨンカツ)、薫物、香式、十種香、鼻根、香を聞、
初音、柴舟、香を多く用ひし事、銀葉、千鳥香炉、蛤介、うぐひす
○ 煙草、礼式、きせる廻し、長きせる、烟管の鐔、烟の輪、きざみ煙草売、
薄色、嗅たばこ、水烟、きせるとをし、宗ミンが事
巻之十下……………………………………………………………………… 367



29、『紀貫之』

       藤岡忠美 著
         2005年8月10日,講談社発行
         講談社学術文庫,322頁,1200円+税

目  次

 学術文庫版まえがき…………………………………………   3
第1章 紀氏に生まれて………………………………………  13
  1 貫之という名前………………………………………… 14
  2 父・望行のこと………………………………………… 21
  3 童名は阿古久曾………………………………………  26
  4 家系と紀氏……………………………………………… 35
  5 大学寮時代……………………………………………  42

第2章 歌人誕生………………………………………………  51
  1 雁信の歌………………………………………………… 52
  2 二つの歌合……………………………………………… 60
  3 貫之の処女作と在原業平……………………………… 67
  4 和歌の先達たち………………………………………… 75
  5 寛平期の政治と文学…………………………………… 83

第3章 延喜の国政………………………………………………  95
  1 寛平から延喜へ…………………………………………  96
  2 宇多上皇………………………………………………… 103
  3 曲水の宴………………………………………………… 108
  4 延喜という時代………………………………………… 118

第4章 『古今和歌集』成る…………………………………… 125
  1 勅撰和歌集を創る……………………………………… 126
  2 四人の撰者……………………………………………… 135
  3 花鳥絵巻………………………………………………… 144
  4 ことばと幻想…………………………………………… 155
  5 投影のイメージ………………………………………… 162
  6 人はいさ心も知らず…………………………………… 173
  7 ふたたび「人はいさ」………………………………… 180

第5章 「小世界」の周辺……………………………………… 193
  1 専門歌人の立場………………………………………… 194
  2 『古今和歌集』以後…………………………………… 200
  3 屏風歌作者として……………………………………… 206
  4 定方と兼輔……………………………………………… 213
  5 桜散る木の下風は……………………………………… 228
  6 兼輔と貫之……………………………………………… 236
  7 「小世界」のこと……………………………………… 245

第6章 『土佐日記』前後……………………………………… 255
  1 道真の怨霊……………………………………………… 256
  2 土佐を去る……………………………………………… 263
  3 亡児追想………………………………………………… 268
  4 貫之の喪失感…………………………………………… 275
  5 女装の文学……………………………………………… 284
  6 晩年の歌、そして死…………………………………… 294

紀貫之関係図……………………………………………………… 306
貫之略年譜………………………………………………………… 307
参考文献…………………………………………………………… 315
貫之和歌索引……………………………………………………… 317


   学術文庫版まえがき

 本書は昭和六十年(1985)七月に、集英社版『王朝の歌人』(全10冊)の一冊
として出版された。昭和六十年というと、『新編 国歌大観』が「勅撰集編」を先頭に
刊行を開始したのが五十八年二月であり、「私家集編」の出たのが六十年五月の
ことであった。ちなみに、『大百科事典』『日本大百科全書』など大がかりな出版の
始まったのも昭和五十九年であり、総じてこの時期は日本文化の総括への気運が
高まっていたといえるのかもしれない。
 というわけで、本書は『新編 国歌大観』の恩恵を得るわけにはいかなかったのだ
が、今度の改版の機会に活用させてもらって、引用和歌の本文はほとんど同書のもの
に統一した。これまでは作品ごとに善本を選んだのである。
 私が貫之に関心を持ちはじめたのは、主に和歌史の立場からであった。『古今和歌
集』から『後撰和歌集』までの四十六年間は和歌史および文学史の画期的な時期に当
たり、昂揚した晴れの文芸としての勅撰和歌集の実現と、それの強い影響下に和歌が
日常生活を彩る、み、や、びな言語として人々を繋ぐ役割を果たすようになった、いわば日
本文化の故郷を形成したときなのであった。その注目すべき期間のおおよそに、貫之
の生涯が丸ごと重なりあうのである。しかも時あたかも政治史的にも古代の転換期と
して変動しており、受領身分の歌人貫之の歩みを「時代の児」として追うことにこそ、
ダイナミックな和歌史は拓かれるであろうとの期待であった。基本資料は乏しいが、
和歌のことばのあやを解きほぐす手順の中に、実体に迫る心証の確かさをおぼえる
場合もあるのである。
 それらの関係論文は、「古今集時代の意義」「古今から後撰へ」(『平安和歌史論』所
収。昭和四十一年二月、桜楓社)、「藤原兼輔の周辺」「紀貫之の贈答歌と屏風歌」「屏
風歌の本質」(『平安朝和歌 読解と試論』所収。平成十五年六月、風間書房)等であ
り、御参照いただければ幸いである。
 貫之の私生活、とくに恋愛関係についてほとんど触れていないのは、人並みで特別
なこともなかったらしいからである。歌人の伝記に私生活を持ち込むことに潔癖にな
っていたせいもある。今の私には少し取り上げておきたいこともあるのだが、この版
での加筆は控えておいた。
 改版に当たり、多少の補筆・修整・用字変更を行ったが、本文の趣旨に及ぶもの
ではない。巻末の「参考文献」は新しい文献を加え、入れ換えもした。
 貫之が平仮名の流通に果たした役割の重要性は、「時代の児」としてとらえるだけ
ですまされるものではない。貫之の存在の大きさに改めて感嘆しきりの心境である。
『古今和歌集』が成って千百年という記念の年にこの文庫本が世に出る運びとなった
のも、ありがたいことであった。御尽力をたまわった福田信宏氏ならびに杉山とみ子
氏に厚く御礼申し上げたい。
    平成十七年六月                    藤岡忠美


藤岡忠美(ふじおか ただはる)
1926年、東京生まれ。東京大学文学部卒業。北海道大学助教授、神戸大学教授、
昭和女子大学教授を経て、現在、神戸大学名誉教授。平安朝文学専攻。著書に、
『平安和歌史論』『和泉式部日記』『伊勢物語・竹取物語』『袋草紙』『躬恒集注釈』
『忠岑集注釈』『平安朝和歌――読解と試論』などがある。



28、『仮名草子集成』第37巻

       朝倉治彦 編
         平成17年7月30日,東京堂出版発行
               A5判 292ページ 17500円+税

目 次

  例 言
  凡 例
  女訓抄(古活字版、寛永十六年三月刊、三巻三冊)
   巻上………………………………………………………………  11
   巻中………………………………………………………………  98
  (影印)
  女訓抄(寛永十九年七月板、三巻三冊)
   巻上……………………………………………………………… 177
   巻中……………………………………………………………… 220
  『七人比丘尼』写本・刊本 本文比較表(後半)…………… 253
  『尼物かたり』書誌……………………………………………… 290
  追記・正誤………………………………………………………… 292



27、『西鶴研究―小説篇―』江本 裕 著

                平成17年7月11日,新典社発行
                 A5判,350頁,10080円

  目  次

序 章――延宝期の俳諧と咄本――………………………………………  9 
   はじめに/名所記の中の俳諧―『京童』と『京童跡追』―/『吉野山独案内』につ
    いて/延宝期の名所記/「句引」のある名所記(一)―『有馬私雨』と『有馬名所
    鑑』―/ 「句引」のある名所記(二)―『河内鑑名所記』/延宝期の咄本―西鶴
   との距離―/「軽口」の手法と西鶴/おわりに

第一章 西鶴諸国はなし
  一 『西鶴諸国はなし』における説話的発想……………………………  41
    はじめに/説話文学の基盤/西鶴の説話的発想/名所記・怪異談と『西鶴諸
    国はなし』/おわりに
  二 『西鶴諸国はなし』と『懐硯』…………………………………………  61
    「大下馬」の意味する処/『西鶴諸国はなし』の方法/当世化の持つ意味/
    『懐硯』の形式/『懐硯』と前後の作品
  三 『西鶴諸国はなし』と伝承……………………………………………  74
    「驚は三十七度」の素材/「八畳敷の蓮の葉」など/伝承からの飛翔/西鶴
    の方法
  四 『西鶴諸国はなし』雑考……………………………………………  89
        ――京観世竹村甚左衛門のこと――
    京観世竹村甚左衛門と上野忠親/『翁草』の一条/甚左衛門の師系/
    貴志喜太夫との関係/竹村甚左衛門と上野忠親

第二章 好色の世界
  一 『好色一代男』私論……………………………………………  107
        ――親鸞伝と寓言と――
    はじめに/「一夜の枕物ぐるひ」――大原の雑居寝考――/「髪きりても
    捨られぬ世」――六角堂考――/「集札は五匁の外」――こなたは日本
    の地に居ぬ人じや考――/『好色一代男』の成立――「寓言」考――
    /おわりに
  二 『諸艶大鑑』私論……………………………………………………  131
        ――「慰草」の持つ意味――
    はじめに/『諸艶大鑑』の内容/廓外への眼/遊女の内情・境遇/世
    態への傾斜/「慰草」の持つ意味/おわりに
  三 『諸艶大鑑』における挿絵…………………………………………  153
        ――首尾二章を中心に――
    はじめに/首章の挿絵/最終章の挿絵/「大臣北国落」の謎/おわりに
  四 『好色五人女』論…………………………………………………  173
        ――浄瑠璃との関わりを中心として――
    はじめに/類似の手法/類似の傾向/『好色五人女』の基盤/おわりに
  五 『好色一代女』私論………………………………………………  191
    はじめに/『好色一代女』の構成と遊女時代の特徴/奉公期の一代女
    /奉公期一代女の年齢と「時勢に語る」私見/私娼期の一代女と「小作
    りなる女の徳」/惣嫁としての一代女/おわりに
  六 『好色一代女』と風俗書…………………………………………  211
    はじめに/『都風俗鑑』と『一代女』/『好色貝合』と『一代女』/『好色
    通変歌占』と 『一代女』・『好色貝合』/おわりに

第三章 貞享後期の西鶴
     ――『本朝二十不孝』と西鶴武家物――
  一 『本朝二十不孝』………………………………………………  227
       ――方法の破綻について――
    『本朝二十不孝』の序文/『二十不孝』の描く悪/『二十不孝』におけ
    る教訓/『二十不孝』における方法上の破綻/おわりに
  二 西鶴武家物考…………………………………………………  239
       ――『武道伝来記』と『武家義理物語』との意識をめぐって――
    はじめに/『武道伝来記』の世界/その『諸国はなし』的性格/『武家
    義理物語』の内実/おわりに

第四章 晩年の西鶴
  一 『世間胸算用』私論……………………………………………  261
        ――咄の方法の完成――
    はじめに/ハナシ、弁舌/『杉楊枝』と「長刀はむかしの鞘」/『胸算
    用』のハナシ性/『世間胸算用』の特質/おわりに
  二 『世間胸算用』への一視点……………………………………  280
        ――非胸算用的世界――
    はじめに/『胸算用』の中の非胸算用的な作品群/「人心(人の心)」
    を含む章/『胸算用』における処世訓/おわりに
  三 『西鶴置土産』…………………………………………………  291
        ――回想の文学論――
    はじめに/「西鶴筆」の箇所の問題点/甲類筆の問題点/編者北條
    団水への疑問/『置土産』の創作意図/おわりに

    参考文献一覧…………………………………………………  313
    あとがき………………………………………………………  329
    索  引………………………………………………………  350


    あとがき
 新典社にこの原稿をお渡ししたのは昨年の九月末だったように記憶している。十月の後半から十一月の中旬にかけて二度にわたって軽度の脳梗塞に罹り、二度の入院を体験して退院したのが十二月八日、帰宅すると初校が届いていた。すぐに校正にとりかかることもできず、その前に約束していた仕事も残っていて、あれやこれやで遅れに遅れ、当初は三月末には刊行の予定であったのが、漸く初校返しで三月末となった。新典社にも随分ご迷惑をかけることになって、大変遺憾に思っている。
 とりあえず本書に収める諸稿の初出誌等の一覧を示すと、以下の通りとなる。
   〔省 略〕
 以上のごとくであるが、収録稿すべてにおいて、補筆・加筆、また増補を行っている。むろん各稿論旨に変更はなく、主旨は全稿貫いているつもりでいるが、本書の各稿が決定稿であると受け取ってほしい。初期に書かれた何篇かは現在すでに常識化されていて、収めるのにやや躊躇したが、あえて入れることにした。特に「『西鶴諸国はなし』における説話的発想」は、昭和三十年代(厳密には昭和三六年度)に、恩師暉峻康隆先生に「西鶴の説話的発想」という副題で修士論文を提出した際の骨子であるが、当時西鶴を説話面から論ずるにはいささか憚る処があり、今から見れば甚だ稚拙ながら、説話とは、説話文学とは何ぞやという、概念規定から始めなければならなかった、その体験を筆者自身を含めて銘しておきたかったからである。そして、今般本書に収録した論稿の過半は、この稿をなすために積み上げた諸々の作業や思念が原点となっているような気がしている。
 本書は『西鶴研究――小説篇――』と題するが、このあと『西鶴研究――俳諧篇――』を予定している。残るは自身の体調の問題のみ。谷脇理史・雲英末雄氏をはじめ、多くの先輩・同輩・後輩に奨められてここまでたどりついたが、あと、精進して努力するつもりでいる。末筆ながら、新典社松本輝茂社長には早く出版を快諾されたにもかかわらず、大変なご迷惑をおかけしてしまった。直接編集に充たられた岡本学実氏にもお世話になった。ともども深甚の謝意を表する次第である。
        平成十七年六月二十日                    江本 裕 記



26、『近世畸人伝』伴 蒿蹊 著  中野三敏 校注
             2005年5月10日 中央公論社発行
             新書判・246頁・定価1450円+税
             中公クラシックス125

  目  次

  『畸人伝』を推す三つの理由  中野三敏…………………………… 1〜16


畸人伝序……………………………………………………………………………   3
近世畸人伝題言……………………………………………………………………  11

畸人伝 巻之一

 中江藤樹 附、蕃山氏…………………………………………………………   17
 貝原益軒…………………………………………………………………………  26
 僧桃水……………………………………………………………………………  29
 僧無能……………………………………………………………………………  33
 長山霄子…………………………………………………………………………  36
 甲斐〔の〕栗子…………………………………………………………………   37
 若狭〔の〕綱子…………………………………………………………………   39
 樵者七兵衛妻……………………………………………………………………  40
 同 久兵衛妻
 伊藤介停………………………………………………………………………… 44
 宮 ◆(竹+均)圃……………………………………………………………   46
 駿府〔の〕義奴…………………………………………………………………   50
 木場〔の〕利兵衛………………………………………………………………   52
 河内〔の〕清七…………………………………………………………………   53
 大和〔の〕伊麻子………………………………………………………………   55
 近江〔の〕新六…………………………………………………………………   56
 亀田久兵衛……………………………………………………………………  58

畸人伝 巻之二

 三宅尚斎 并、妻女……………………………………………………………   62
 僧鉄眼……………………………………………………………………………  64
 俵屋長右衛門……………………………………………………………………  67
 内藤平左衛門……………………………………………………………………  68
 寺井玄渓…………………………………………………………………………  71
 大石氏〔の〕僕…………………………………………………………………   73
 小野寺秀和妻 附、秀和姉 秀和詠歌………………………………………   76
 尼破鏡 附、曲翠………………………………………………………………   83
 遊女大橋…………………………………………………………………………  85
 遊女某尼…………………………………………………………………………  88
 石野権兵衛………………………………………………………………………  93
 弟 市兵衛
 隠士石臥…………………………………………………………………………  95
 売茶翁……………………………………………………………………………  96
 江村専斎 附、剛斎……………………………………………………………  110
 北村篤所………………………………………………………………………… 112
 西生永済………………………………………………………………………… 115
 岡周防守………………………………………………………………………… 118
 青木主計頭……………………………………………………………………… 119
 僧別首座………………………………………………………………………… 122
 僧円空 附、俊乗………………………………………………………………  123
 中倉忠宣 附、山中隠士………………………………………………………  126

畸人伝 巻之三

 隠士長流………………………………………………………………………  130
 僧契沖 附、門人 今井似閑 海北若冲 野田忠粛………………………  134
 荷田春満 附、姪在満 門人 賀茂真淵……………………………………   144
 桃山〔の〕隠者 附、高倉街門守……………………………………………  152
 位田〔の〕儀兵衛………………………………………………………………  154
 手車〔の〕翁……………………………………………………………………  156
 山科〔の〕農夫 附、評中五名………………………………………………  158
 金〔の〕蘭斎……………………………………………………………………  161
 小西来山………………………………………………………………………  163
 加嶋宗叔………………………………………………………………………  165
 文展狂女………………………………………………………………………  167
 長崎〔の〕餓人…………………………………………………………………  170
 相者竜袋………………………………………………………………………   172
 森金吾…………………………………………………………………………… 174
 太田見良………………………………………………………………………… 176
 猩々庵 附、僧覚芝 佃房
 僧仏行坊………………………………………………………………………… 180
 僧日初…………………………………………………………………………… 183
 僧涌蓮…………………………………………………………………………… 184

畸人伝 巻之四

 柳沢淇園………………………………………………………………………… 190
 池大雅 附、妻玉瀾……………………………………………………………  194
 求大雅僧………………………………………………………………………… 202
 沢村琴所………………………………………………………………………… 203
 苗村介洞 附、妻女
 手嶋堵庵………………………………………………………………………… 213
 高橋図書………………………………………………………………………… 216
 堅田〔の〕祐庵…………………………………………………………………… 219
 久隅守景………………………………………………………………………… 221
 土肥二三………………………………………………………………………… 222
 広沢長孝………………………………………………………………………… 225
 僧似雲…………………………………………………………………………… 227
 僧恵潭…………………………………………………………………………… 232
 矢部正子………………………………………………………………………… 233
 祇園梶子 附、百合子…………………………………………………………  237
 室町宗甫………………………………………………………………………… 240
 惟然坊…………………………………………………………………………… 241
 淡海狂僧………………………………………………………………………… 244
 表 太……………………………………………………………………………  245

畸人伝 巻之五

 並河天民 附、馬杉亨安………………………………………………………  248
 北山友松子……………………………………………………………………… 262
 戸田旭山………………………………………………………………………… 266
 隠家〔の〕茂睡…………………………………………………………………  268
 僧丈草…………………………………………………………………………… 273
 安藤年山 附、朴翁……………………………………………………………  276
 井上通女………………………………………………………………………… 278
 有馬凉及 附、子孫三人………………………………………………………  279
 甲斐〔の〕徳本…………………………………………………………………  285
 雪 山……………………………………………………………………………  286
 加賀〔の〕円通…………………………………………………………………  289
 亀田窮楽………………………………………………………………………… 290
 山村通庵………………………………………………………………………… 293
 松本駄堂
 美濃〔の〕隠僧…………………………………………………………………  298
 白幽子…………………………………………………………………………… 300

畸人伝跋…………………………………………………………………………… 307

 人物略伝………………………………………………………………………… 313



25、『近世庶民教育と出版文化―「往来物」制作の背景―』
   丹 和浩 著
   2005年(平成17年)2月28日 岩田書店発行
   定価〔本体6900円+税〕
   A5・310頁

  目  次 序 章 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   5
   一 「往来物」に関する先行研究………………………………………   5
   二 問題の所在……………………………………………………………   8
   三 本論の目的・構成……………………………………………………  10

第一章 「往来物」が採り入れた和歌、及び出版の問題 ・・・・・・・  17
  はじめに………………………………………………………………………  19
 第一節 「往来物」における七夕の歌・・類題集の利用・・……………  21
   一 「往来物」の巻頭・巻末・頭書の和歌……………………………  21
   二 「往来物」の「七夕歌」の背景……………………………………  24
   三 類題集の利用…………………………………………………………  27
   四 近世堂上派和歌と庶民の子どもたち………………………………  39
 第二節 「大坂進状」「同返状」をめぐる出版書肆の問題………………  43
   一 改変に関する従来の指摘と本節で明らかにすること……………  43
   二 改変過程の変遷と出版事情…………………………………………  45
   三 出版統制と伝統の継承………………………………………………  58
  付論 『直江状』について…………………………………………………  63

第二章 「往来物」の作者と書肆 ・・・・・・・・・・・・・・・・・  69
     ――一九・馬琴の方法と意識及び書肆とのかかわり――
  はじめに………………………………………………………………………  71
 第一節 十返舎一九の文政期往来物の典拠と教訓意識……………………  73
   一 一九の「往来物」についての従来の指摘…………………………  73
   二 山口屋藤兵衛版の『和漢三才図会』利用…………………………  75
   三 『和漢三才図会』利用の意義………………………………………  85
   四 西宮新六版の道中記型の往来物……………………………………  92
   五 一九の「往来物」とのかかわり方と教訓………………………… 102
 第二節 曲亭馬琴著『雅俗要文』の成立と意義…………………………… 113
   一 従来の指摘と問題点………………………………………………… 113
   二 本書の成立事情と馬琴の思い……………………………………… 117
   三 本書の特色…………………………………………………………… 131
   四 本書の意義…………………………………………………………… 145
  付論 明治初年の文章表現と馬琴・・『こがね丸』を中心に・・…… 151
   一 『こがね丸』に関する従来の説の問題点………………………… 151
   二 「天明ぶりの黄表紙類」と『こがね丸』の構想………………… 152
   三 『こがね丸』の文章表現…………………………………………… 159
   四 『こがね丸』刊行当時の文体意識………………………………… 165
   五 明治初年の人々と馬琴……………………………………………… 171
   六 『狐の裁判』の利用………………………………………………… 178
   七 『こがね丸』の価値………………………………………………… 183

資料編 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 189
  女中用文玉手箱……………………………………………………………… 195
  民間当用 女筆花鳥文素…………………………………………………… 231
  雅俗要文……………………………………………………………………… 251

 あとがき………………………………………………………………………… 295
 欧文要旨………………………………………………………………………… 巻末

◎本書は、2002年3月、東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科に提出した学位
 請求論文「『往来物』研究――江戸時代の教育と文化――」に加筆修正して、構成を
 変えたものである。著者は、本論文によって、博士(教育学)の学位を取得された。



24、『講談資料集成 第三巻』(全三巻完結)菊池真一編 
定価12,600円(本体12,000円)
   A5・上製 343頁 ISBN4-7576-0289-8

江戸時代、軍記読みから発展した講釈・講談は、幕末・明治には最盛期を迎える。しかし、明治末期からは、浪花節の台頭、活動写真の流行などによって勢力衰え、平成には講談専門の定席が消滅するに至った。黄金期の講談師たちの生き方や演じ方を振り返り、纏めておくことは、歴史的記録としてのみならず、今後の講談のあり方の参考資料ともなるであろう。本集成は、このような観点から、明治・大正に活躍した講談師たちの回想記・活動記録を纏めようとするものである。新聞・雑誌・単行本から、講談師の生態を窺うに足る資料を集成する。

〔掲載書目・内容〕『軍書講釈并神道心学辻談議之事歴』(『只誠埃録』弐百六)は関根只誠の著で講談研究の基本書。今までは部分的な翻刻紹介に止まっていた。該書の全文翻刻は本書が初めてである。また、明治から昭和まで続いた代表的文芸雑誌『文芸倶楽部』(博文館)『新小説』(春陽堂)の両誌から、講談関連記事を抜粋した。更に、明治から昭和にかけての総合演劇雑誌『演芸画報』からも講談関連記事を拾った。

23、『深沢七郎 回想録』 森田 進 著

                 200411月30日、森田美術館発行
                 B6判・114頁・定価1000円+税
                 森田美術館 : 347−0125
                 埼玉県北埼玉郡騎西町上崎2562−5
                 筺。娃苅牽亜檻沓魁檻僑横隠


 目 次


まえがき
第犠蓮.タリスト……………………………   1
第2章 作 家…………………………………  27
第3章 ヒューマニスト………………………  53
第4章 こだわりの人…………………………  81
深沢七郎 年譜………………………………… 108
あとがき………………………………………… 113
            写真・・森田 進





22、『江戸の怪異譚・・地下水脈の系譜』
堤 邦彦 著

                 2004年11月10日・ぺりかん社発行
                 A5判・422頁・定価5800円+税


  目  次    

第一部 仏教唱導と怪異譚 ……………………………………………………   9

 第一章 唱導と文芸の間 ……………………………………………………  11
  機(教怪異譚の成立----『奇異雑談集』『因果物語』など ……   13
  供…絞售化本の意義----『道成寺霊蹤記』の場合 ………………   27
  掘 愡猯邁鮹κ語聞書』の世界 ………………………………………  35
  検〇嚇豕伝『近世奇跡考』と累説話 …………………………………  45

 第二章 仏教説話の近世的位相 ……………………………………………  51
  機 ̄鴦沼伝説の周辺 ……………………………………………………  53
  供〇生石と源翁和尚----玉藻稲荷を祠った人々 …………………   73
  掘_仄崟睿辰諒冤----鬼の手のゆくえ ……………………………   98
  検(丗詰霊譚の展開----唱導から文芸・民談へ …………………  108

第二部 怪異小説のながれ …………………………………………………… 137

 第一章 初期怪異小説の成立………………………………………………… 139
  機_異小説概観 ………………………………………………………… 141
  供ゞ畧づ「物語」の成立と怪異小説----雑談から怪談へ ………  152

 第二章 浮世草子・読本と説話・伝承 …………………………………… 173
  機 惴羃誠遊繊拗----初期怪異小説のゆくえ ……………………  175
  供 惷盒未佑造屬さ』の構想と意義----元禄・宝永の怪異小説…  202
  掘 慇ご峪丗気質』と益軒教訓書----町人倫理の文芸化 ……   226
  検 惘月物語』の伝承世界 …………………………………………  248

第三部 江戸怪談の人間理解 ………………………………………………… 261

 第一章 富と怪異 …………………………………………………………… 263
  機〃从儕聴戮醗果応報観----鬼策債から「こんな晩」へ ………  265
  供[詔討琉報----商道徳と怪異 ……………………………………  299

 第二章 産育と怪異 ………………………………………………………… 317
  機‖枌罎竜----復讐する子供たち …………………………………  319
  供_異小説のなかの幽霊女房譚 ……………………………………… 338

 第二章 江戸時代人は何を怖れたか ……………………………………… 345
  機_異との共棲----『宿直草』に萌すもの ………………………  347
  供‖魁Σ異との共棲----『三州奇談』と地方文化の一断面 ……  371
  掘(柤琶読本の登場----人が人を化す話 …………………………  386
  検[愛幻談の系譜----佐藤春夫と江戸怪談 ……………………   401

あとがき ………………………………………………………………………… 409
主要索引*巻末



21、『仮名草子研究文献目録』
深沢秋男・菊池真一 編  A5判・300頁 和泉書院刊 価格3990円

明治期から平成14年までの仮名草子研究情報を集大成。仮名草子の定義は様々であるが、最も幅広い範囲で情報を収集・掲載している。
本書は、「仮名草子作品」「仮名草子関係研究書」「仮名草子関係論文等」の3部からなる。第1部「仮名草子作品」には、仮名草子作品約360点の複製影印・活字翻刻などの情報を掲載。第2部「仮名草子関係研究書」には、仮名草子関係の研究書など単行本約700点に関する情報を掲載。第3部「仮名草子関係論文等」では、学術雑誌・大学紀要・記念論文集などに掲載された仮名草子関係の論文約1800点の情報を掲載している。特に、第2部「仮名草子関係研究書」では、それぞれの研究書の目次を掲出し、内容を把握できるようにしているのが特色。
巻末には、研究書の著者、雑誌論文の筆者についての人名索引と「仮名草子関係研究書」の書名索引を付す。仮名草子研究者・近世初期文芸研究者・近世説話文学研究者必携の書。

  目  次

第一部 仮名草子作品
  あ ……………………………………………………………………………   3
    〜
  わ ……………………………………………………………………………  51

第二部 仮名草子関係研究書(目次併載)
  明治26年(1893) …………………………………………………  55
    〜
  平成14年(2002) ………………………………………………… 151

第三部 仮名草子関係論文等(雑誌・紀要・その他)
  明治39年(1906) ………………………………………………… 156
    〜
  平成14年(2002) ………………………………………………… 255

人名索引 ………………………………………………………………………… 259
書名索引 ………………………………………………………………………… 273






粥悄峭福」の可能性----逆風の中の文学者たち』  小笠原 賢二 著
                2004年11月25日・・洋々社発行
                四六判・260頁・定価2400円+税

  目 次

逆風の文学系----批評的に・幻想的に

  松本清張
  越境する小説家----昭和三十年代と一九八〇年代 ……………………… 011
  転換期の光と影----『渇いた配色』の構図 ……………………………… 027
  「悪」へと反転する「正義」
     ----『眼の壁』と『けものみち』を中心に ……………………… 034

  小田切秀雄
  「面従腹背」という隘路----小田切秀雄の戦争体験 …………………… 055

  中井英夫
  大本営の革命家----『彼方より』の反時代精神 ………………………… 080
  「無用の歌」の力----短歌編集者・中井英夫 …………………………… 086
  液体と鉱物の宴----中井英夫の想像力について ………………………… 095

  清岡卓行
  「幸福」の可能性について----老年期の「純粋精神」 ………………… 117
  愛と郷愁の展開----「芸術の都」への全体的関心 ……………………… 137

  泉鏡花
  末期の眼の輝き----『薄紅梅』の新しさ ………………………………… 149

  吉村昭
  感覚の弁証法----『冷い夏、暑い夏』の超越的な場所 ………………… 160

逆風の文学系----横断的に

  勇気ある転身----村上春樹 ………………………………………………… 173
  頑固な思考様式----秋山駿 ………………………………………………… 178
  容貌怪異のこと----佐佐木幸綱 …………………………………………… 183
  姿を見せた「終末」----辺見庸 …………………………………………… 189
  「現代詩」殺人事件----荒川洋治 ………………………………………… 194
  男が哭き出す時----福島泰樹 ……………………………………………… 201
  場所のない家族----小島信夫 ……………………………………………… 206
  悠々とした急ぎ----渋沢孝輔 ……………………………………………… 212
  元気が出る批評----上野昂志 ……………………………………………… 219
  創造的な「編集力」----瀬戸内寂聴・齋藤愼爾 ………………………… 224
  三人の死者の風貌----辻邦生・後藤明生・江藤淳 ……………………… 230
  究極の精神・至純の愛----立石伯 ………………………………………… 235
  水と火の変幻----松平修文 ………………………………………………… 240
  出家めいた定住----光栄・夫 ……………………………………………… 243
  先駆的遊牧民----寺山修司 ………………………………………………… 246

  初出一覧 ……………………………………………………………………… 251

  文学者への関心----あとがきにかえて …………………………………… 252

〔参考〕著者の小笠原賢二氏は、平成16年10月4日、58歳のその生涯を閉じた。肺
癌であった。本書は病床にあって編纂が進められ、9月7日の日付をもつ「あとがき」を
「こうした、友人をはじめとするもろもろの好意に支えられている現在の私は、まぎれも
なく「幸福である。」と結んでいる。80歳も90歳も夢では無くなった現在、58歳と
は、早過ぎる他界である。「極北院文藝日賢居士」これが北海道生まれの文芸評論家の、
氏の法名である(深沢)。




魁惷畧た戟耽妖繊戞|飜 三敏 著
                 2004年11月16日・岩波書店発行
                 文庫判・268頁・定価1100円+税
                 岩波現代文庫・学術・134

  目 次

 はじめに …………………………………………………………………………   1

自堕落先生 …………………………………………………………………………   5
 出会い ……………………………………………………………………………   7
 臍人の説 …………………………………………………………………………  11
 『花鳥確蓮坊』の逸話 …………………………………………………………  19
 佯りの死 …………………………………………………………………………  23
 小魚の悲しみ ……………………………………………………………………  26
 『労四狂』の説 …………………………………………………………………  30
 生と死 ……………………………………………………………………………  34
 韜晦 ………………………………………………………………………………  39
 憤激と自棄の文章 ………………………………………………………………  42

井上蘭台 ……………………………………………………………………………  49
 文 人 ……………………………………………………………………………  51
 生 涯 ……………………………………………………………………………  53
 学 説 ……………………………………………………………………………  59
 詩 説 ……………………………………………………………………………  69
 戯 著 ……………………………………………………………………………  73
 追 記 ……………………………………………………………………………  85

佚山道人黙隠 ………………………………………………………………………  87
 浪華の佚民 ………………………………………………………………………  89
 宝暦十年まで ……………………………………………………………………  92
 終 焉 …………………………………………………………………………… 114

金龍道人敬雄 ……………………………………………………………………… 129
 はじめに ………………………………………………………………………… 131
 釈迦法中の無頼僧 ……………………………………………………………… 132
 京洛随一の名声 ………………………………………………………………… 139
 美濃退隠の志 …………………………………………………………………… 164
 隠棲の風評 ……………………………………………………………………… 168
 狂者敬雄 ………………………………………………………………………… 171
 終 焉 …………………………………………………………………………… 176

沢田東江 …………………………………………………………………………… 181
 出 生 …………………………………………………………………………… 183
 柳橋の美少年 …………………………………………………………………… 190
 青雲の志 ………………………………………………………………………… 193
 暗 転 …………………………………………………………………………… 197
 経 学 …………………………………………………………………………… 201
 書 学 …………………………………………………………………………… 207
 著 述 …………………………………………………………………………… 214
 明和事件 ………………………………………………………………………… 224
 改 名 …………………………………………………………………………… 228
 交友・門弟・子孫 ……………………………………………………………… 232
 東江の家系 ……………………………………………………………………… 251

岩波現代文庫版あとがき ………………………………………………………… 259

〔参考〕本書は、「岩波現代文庫版あとがき」によれば、40年ほど前、筆者が初めて、
商業雑誌に連載した人物伝をもとにして、昭和52年に毎日新聞社から出版したものであ
る由。40年という時間は短いようでもあり、長いようでもある。伝記研究を志す私にと
っては、味わい深い「あとがき」である。とまれ、名著・快著の復刊は嬉しい(深沢)。



臆本 勝 著『芭 蕉』 
                 2004年8月3日・・中日新聞社発行
                 四6判・230頁・定価1700円+税


  目  次

芭蕉の生涯 ……………………………………………………………………   7

心の時代 ………………………………………………………………………  22
若き日 …………………………………………………………………………  25
夏の日 …………………………………………………………………………  29
深川へ …………………………………………………………………………  32
足るを知る ……………………………………………………………………  35
原点『冬の日』 ………………………………………………………………  38
安らぎの伊賀 …………………………………………………………………  43
伊勢参拝 ………………………………………………………………………  46
杜国を想う ……………………………………………………………………  50
滅び行く者 ……………………………………………………………………  59
「十八楼の記」 ………………………………………………………………  63
姥捨山と月 ……………………………………………………………………  67
旅への思い ……………………………………………………………………  71
不易と流行 ……………………………………………………………………  74
心を悟る ………………………………………………………………………  77
幻住庵の日々 …………………………………………………………………  82
風狂心と旅 ……………………………………………………………………  87
古びぬ魅力 ……………………………………………………………………  91
不思議な絆 ……………………………………………………………………  94

「にて」留り …………………………………………………………………  98
発句の俳意 …………………………………………………………………… 104
発想の転換 …………………………………………………………………… 112
中国への憧憬 ………………………………………………………………… 115
落葉塚の建立 ………………………………………………………………… 120
土芳との再会 ………………………………………………………………… 124
古典の卑俗化 ………………………………………………………………… 127
『笈の小文』推敲 …………………………………………………………… 130
不易なるもの ………………………………………………………………… 133
「めづらしや」歌仙 ………………………………………………………… 136
心の花を詠む ………………………………………………………………… 142
『奥の細道』と月 …………………………………………………………… 146
ますほの小貝 ………………………………………………………………… 149
「幻住庵記」執筆 …………………………………………………………… 153
『猿蓑』の時雨句 …………………………………………………………… 157
「木の本に」考 ……………………………………………………………… 160
「下京や」の上五 …………………………………………………………… 163
「うき我を」考 ……………………………………………………………… 166
新しさの追求 ………………………………………………………………… 169
津の芭蕉塚 …………………………………………………………………… 172

句商人木因 …………………………………………………………………… 176
新七郎家の人々 ……………………………………………………………… 183
去来句への発言 ……………………………………………………………… 187
「梅の木に」と伊勢 ………………………………………………………… 191
謎の桃印 ……………………………………………………………………… 194
蕉門の脱落者 ………………………………………………………………… 205
『炭俵』の編集 ……………………………………………………………… 212
桃隣と助叟 …………………………………………………………………… 217

年 表 ………………………………………………………………………… 222
あとがき ……………………………………………………………………… 227

〔参考〕本書は、「あとがき」によれば、中日新聞の「句歌つれづれ」に、平成6年から
15年まで、50回余にわたって連載したものに筆を加えたという。単行本として刊行す
るにあたって、文章をやさしく書き替えた由である。文章をやさしく書く事は大変である
。内容が執筆者自身にわかっていないと出来ない。その点、本書はみごとに仕上げられて
いると思う。(深沢)


云硝楙蔀『教師よ、最高の芸術家よ』
2004年10月18日、アールズ出版発行、B6判、320頁、1600円+税

も く じ

まえがき−−石との対話 1

第1話 彷徨える日本の姿−−日本人が見失ったもの 13
 対話を、対話を、それでも対話を 13
 ドイツの誇りカント「永久平和論」 18
 わが日本の知性よ、何処へ 20

第2話 “利休の茶器”と日本的価値観−−井上靖と池田大作の対話から 25
 平凡で目立たず、素朴でしかも美しく 25
 人間化の季節の尊さ 31
 烈日の下を歩む池田大作の使命 35

第3話 日中友好の懸け橋−−井上靖と池田大作を結ぶ人生の縁 41
 井上文学とシルクロード 41
 池田大作と周恩来の絆 47

第4話 いざ、時代の暗雲を斬り拓かん−−「剣の道」と「教育の道」 57
 吉川英治『宮本武蔵』の使命 57
 教育改革に明日を託した牧口常三郎 63

第5話 吉川英治と牧口常三郎「生い立ちの記」−−朝の来ない夜はない 68
 「希望の文学」に開眼 68
 ヘーゲルと幸徳秋水に魅せられて 73

第6話 激動昭和の幕開け−−“帝国主義”跳梁す 84
 初の普通選挙と治安維持法 84
 明治憲法と教育勅語が創りあげた国の姿 89
 大正デモクラシーの潮流と人間の価値論 106
 
第7話 二人の社会正義者−−軍国日本の旗の下で 114
 <その一>社会主義作家・吉川英治 114
  “サムライの美学”痛烈批判 118
 <その二>教育革命家・牧口常三郎 122
  「人間と教育」の根幹を探る 125
  己を空しうして、天下の公道を踏む人間を育てよ 130
  教師は最高の芸術家である 135
  仏教の叡智 138

第8話 狄瓦諒顕臭瓩涼太検檗歟羚颯灰鵐廛譽奪スから日本的価値の創造へ 148
 「かな」と「和歌」に育まれた日本の心 148

第9話 「剣の道」の極意と「教育道」−−無からの出発 154
 吉川「武蔵」は無刀、以って治国平天下 154

第10話 ひたすら光を求めて−−敗色、日に濃し 160 
 狹靴琉姚瓩鉢猝運喚瓩鮴發憂国小説 160
 戸田城聖との出会い 165
 治安維持法違反と天皇人間論 168
 牧口、獄中に死す 171
 戸田城聖、獄中に開眼す 176

第11話 現代日本の原点−−おごる勝者と敗者日本の平和宣言 184
 「わだつみのこえ」にこめられた悲願 184
 裁かば裁かれん 187
 インド・パール判事の真言 192

第12話 人間愚のきわみ犢肉の争い瓠檗檗愎景寝畔語』にこめられた祈り 198
 君よ、これが戦いの姿だ 198
 なにが人間の幸福か 205

第13話 宮秘という色欲地獄絵−−西行法師の心と歌 212
 無常の嵐 212
 西行、頓悟への旅立ち 222

第14話 権力に宿る魔物の正体−−『私本太平記』にこめられた祈り 232
 死屍累々の「無道の時代」 232
 巨大な猖皺Ν畍綢藐鐵襦。横械
 山賊野盗の分け前争いとどこが違う 243
 天地へ祈れ、あらそいなき世を創らせ給えと 246
 焦土土民の中に新芽の息吹きが 254
 能楽幽玄の誕生 257

第15話 戸田城聖の決意−−権力の魔性への挑戦 262
 「信心は一人前、仕事は三人前・・・」 262
 原水爆禁止運動を世界へ輸出せん 269
 
第16話 井上靖が描く利休の狠磴凌喚瓠檗殪里喊寄常住に候 278
 利休の切腹 278
 清澄で自由な心の世界へ 283

第17話 日本の美の確立−−枯れかじけて寒きもの 287
 歌道の修行は仏道修行と同じ道 287
 狷擦諒顕臭瓩海海砲呂犬泙襦。横坑

第18話 雪間の草の芽と人間化の季節−−利休の茶器と牧口常三郎の創価教育 298
 歌の心から茶の心へ 298
 茶室とは釈尊の浄土 307

第19話 二十世紀のエゴイズムに終止符を−−仏智猝気らの出発瓠。械隠
 誇るべき日本の「心の文化」を糧に 312

あとがき 316
   ・・・・・・・・・・
松本昭(まつもと・あきら)
◆1925年神奈川県生まれ。早稲田大学文学部卒。同大学院特別研究生をへて毎日新聞社入社。サンデー毎日、学芸部、政治部をへて事業部長。学芸部時代、吉川英治の最後の大作『私本太平記』の担当記者。晩年の巨匠吉川英治を敬慕し、文豪井上靖に私淑する。前昭和女子大学副学長。現・名誉教授。文学博士。
代表作に『人間 吉川英治』『弘法大師入定説話の研究』『日本のミイラ仏』『人間復活』など。


亜悵羇慘柑劼慮Φ罅戞/実秋男著(平成16年11月1日発行)
A5判 450頁 和泉書院 定価10,500円(本体10,000円)               

■■本書の内容紹介■■
井関隆子(いせき・たかこ)と言っても、現在、それほど知られている人物ではない。今から30年ほど前、幕末の旗本女性の日記にめぐり合った著者は、この日記の内容に強く惹かれ、その魅力を明らかにしようと取り組んできた。『井関隆子日記』(全12冊)に注を付けて世に送り出し、それと並行して作者の伝記調査を続けてきたが、その後、同じ作者の創作3点が発見されたり、『井関隆子日記』が大学入試センター試験に出題されるなど、少しずつではあるが、世間に知られるようになってきた。
本書は、全く無名であった幕末の一人の女性を発掘し、その伝記を作成し、著作の内実を究明して、時代の観察者・批評者として、日本歴史・日本文学史の中に定着しようと試みたものである。また、『井関隆子日記』を近世の日記文学として取り上げ、文学史的には、平安朝的な日記文学に比肩し得る、近世特有の日記文学として位置づけている。


口絵写真
1、『井関隆子日記』12冊全体・1(昭和女子大学図書館・桜山文庫所蔵)。
2、『井関隆子日記』12冊全体・2(昭和女子大学図書館・桜山文庫所蔵)。
3、『井関隆子日記』第1冊巻頭(昭和女子大学図書館・桜山文庫所蔵)。
4、『井関隆子日記』永代寺の陰間(昭和女子大学図書館・桜山文庫所蔵)。
5、『井関隆子日記』添付の鹿島則文の識語(昭和女子大学図書館・桜山文庫所蔵)。
6、『さくら雄が物かたり』表紙(東北大学附属図書館所蔵)
7、『さくら雄が物かたり』巻頭(東北大学附属図書館所蔵)
8、『さくら雄が物かたり』巻末(東北大学附属図書館所蔵)
9、『神代のいましめ』巻頭(『翠園叢書』二十六、昭和女子大学図書館・翠園文庫所蔵)
10、『神代のいましめ』巻末、蔵田茂樹識語・1(『翠園叢書』二十六、昭和女子大学図書館・翠園文庫所蔵)
11、『神代のいましめ』巻末、蔵田茂樹識語・2(『翠園叢書』二十六、昭和女子大学図書館・翠園文庫所蔵)
12、『井関隆子長短歌』巻頭、(『翠園叢書』二十六、昭和女子大学図書館・翠園文庫所蔵)
13、『いなみ野』巻頭(吉海直人氏所蔵)
14、『野山の夢』跋(『翠園叢書』二十八、昭和女子大学図書館・翠園文庫所蔵)
15、『宇津保物語考』巻末(隆子筆、静嘉堂文庫所蔵)
16、『恵美草』巻頭(国会図書館所蔵)
17、『恵美草』千畳敷の条(国会図書館所蔵)
18、『恵美草』巻末(国会図書館所蔵)
19、『恵美草』千畳敷の条(昭和女子大学図書館・桜山文庫所蔵)
20、『雅文』巻頭(隆子筆、吉海直人氏所蔵)
21、『雅文』巻末(「堂可子」隆子筆、吉海直人氏所蔵)
22、庄田家墓石、正面(昌清寺)
23、庄田家墓石、正面拡大(昌清寺)
24、庄田本家墓石、正面(浄念寺)
25、庄田本家墓石、正面家紋(浄念寺)
26、井関家墓石、向って左面(喜運寺)
27、井関家墓石、向って右面(喜運寺)
28、昌清寺過去帳(第一冊表紙)
29、昌清寺檀家別過去帳(初代・安議)540
30、昌清寺檀家別過去帳(四代・安僚、隆子の父)412
31、昌清寺檀家別過去帳(四代・安僚妻、隆子の母)337
32、井関家過去帳(「是々」喜運寺三十世瑞雲、昭和九年一月転写、井関家所蔵)
33、井関家過去帳(天保十五年十一月一日、隆子の条)
34、庄田家系譜(隆子の条、庄田安豊氏所蔵)
35、庄田家系譜(隆子の条、拡大図、庄田安豊氏所蔵)
36、庄田家系譜(副本、表紙、庄田安豊氏所蔵)
37、庄田家系譜(副本、隆子の条、庄田安豊氏所蔵)
38、庄田家系譜(副本、隆子の条、拡大図、庄田安豊氏所蔵)

◎本文中挿絵(4枚1ページ分)
39、女性の髪形(11年2月1日)
40、日月棚、貴人棚(11年9月3日)
41、将軍家より拝領の鉢植(11年10月4日)
42、浅草の見世物、眼力太夫(11年10月25日)

目  次

研 究 篇

第1章 井関隆子の生涯・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3
  第1節 前半生・四谷時代ーー出生から婚姻までーー
  第2節 後半生・飯田町時代ーー結婚から他界までーー
  第3節 井関隆子とその代
   付、庄田家・井関家 系図
    〔注〕

第2章 井関隆子の文学・機 悵羇慘柑卞記』・・・・・・43
  第1節 書誌
  第2節 内容
  第3節 著作の動機
  第4節 批判的精神
    1、はじめに
    2、仏教批判
    3、儒教批判、国学者批判
    4、政治批判
    5、まとめ
  第5節 創作的要素
    1、『水鳥』
    2、品川心中
    3、旗本心中事件
  第6節 歴史的記述
    1、人災・天災
    2、三方所替
    3、日光社参
    4、徳川家主要人物の没日
  第7節 風俗描写
    1、はじめに
    2、両国の花火・佃嶋の花火
    3、山王祭・神田祭
    4、上野の桜、流行色・服装・髪形等、浅草の見世物等々
    5、まとめ
  第8節 自然描写
    1、はじめに
    2、鹿屋園の四季
    3、草花の司、薄(尾花)
  第9節 和歌(歌論)
    1、和歌の修業
    2、収録の和歌
    3、和歌に対する姿勢
  第10節 日記文学としての価値
    1、日記文学の定義
    2、『井関隆子日記』の文章
    3、『井関隆子日記』の文学的価値
    〔注〕

第3章 井関隆子の文学・供,修梁召虜酩福ΑΑΑΑΑΑΑΑΓ横隠
  第1節 『さくら雄が物かたり』
    1、書誌
    2、『さくら雄が物かたり』の内容
    3、『竹取物語』と『さくら雄が物かたり』
    4、『さくら雄が物かたり』の創作意図
    5、井関隆子の仏教批判
    6、まとめ
  第2節 『神代のいましめ』
    1、書誌
    2、『神代のいましめ』の内容と創作意図
    3、主人公・某の少将のモデル
      A、新田孝子氏の松平定信説
      B、『神代のいましめ』の成立時期
      C、老中・水野忠邦(史的事実)
      D、隆子の見た為政者ーー忠邦と定信ーー
      E、某の少将のモデルは誰か
  第3節 『いなみ野』
    1、書誌等
    2、『いなみ野』の本文
    3、『いなみ野』の内容
    4、『いなみ野』の創作意図
第4節 『井関隆子長短歌』『秋野の花』『野山の夢』跋
    1、『井関隆子長短歌』
    2、『秋野の花』所収歌
    3、『野山の夢』跋
  第5節 書写本
    1、桑原やよ子著『宇津保物語考』
    2、蔵田茂樹著『恵美草』
    3、吉田兼好著『徒然草』
     〔注〕

第4章 井関隆子の人間像・・・・・・・・・・・・・・・・・・・317
  1、出生と家庭環境
  2、的確な人間認識と歴史意識
  3、天性の批評者
  4、持続する批評精神
  5、豊かな学殖と合理的見識
  6、旺盛な好奇心と執筆意欲
  7、旗本夫人の気位と気品
  8、敬愛された母・祖母

資 料 篇

1、井関隆子伝記関係資料・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・343

  1、庄田家関係
    1、庄田家系譜・正本
    2、庄田家系譜・副本
    3、昌清寺過去帳
    4、昌清寺檀家別過去帳
    5、庄田家墓石
    6、庄田家本家墓石
  2、井関家関係
    1、井関家過去帳
    2、井関家墓石
    3、井関親経短冊
  3、その他
    1、『寛政重修諸家譜』
    2、『徳川実紀』
    3、『柳営補任』

2、井関隆子関係研究文献目録・・・・・・・・・・・・・・・389
  1、著作
  2、書写本
  3、作者関係
  4、調査報告・論考・その他
  5、新刊紹介等

3、その他・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・395
  1、研究発表・講演・講義等
    ◎日本文学研究会(東京都教育会館)
    ◎東京の歴史研究会(新宿区立図書館)
    ◎東京掃苔会(芝増上寺)
    ◎女性文化研究所(昭和女子大学)
    ◎千葉市民文化大学(千葉市)
    ◎昭和女子大学(講義・講読・演習、短大・大学院)
  2、平成十一年度大学入試センター試験問題

  あとがき
  索引(人名・地名・書名等)
  
      

『仮名草子集成』第36巻

朝倉治彦 編

平成16年9月30日,東京堂出版発行

A5判 295ページ 17500円+税



目 次

  例 言
  凡 例

  七人ひくにん(横本、三冊、奈良絵本)
   上…………………………………………………………………   2
   中…………………………………………………………………  19
   下…………………………………………………………………  36
  解題………………………………………………………………… 231

  嶋原記(慶安二年七月板、三巻三冊)
   第上………………………………………………………………  53
   第中………………………………………………………………  72
   第下………………………………………………………………  90
  解題………………………………………………………………… 235

  巡礼物語(寛永中板、三巻三冊)
   上………………………………………………………………… 118
   中………………………………………………………………… 153
   下………………………………………………………………… 194
  解題………………………………………………………………… 237
   (付)『名所和歌物語』(『巡礼物語』改題)全挿絵…… 249

  『七人ひくにん』写本・刊本 本文比較表(前半)………… 262

  写真


『江戸という幻景』 渡辺京二著


2004年6月30日・・・弦書房発行
四六判・260頁・定価2400円+税


  目  次

1 振り返ることの意味 …………………………………………………………   5
2 朗々たる奇人たち ……………………………………………………………  15
3 真情と情愛 ……………………………………………………………………  33
4 奇談のコスモロジー …………………………………………………………  57
5 いつでも死ねる心 ……………………………………………………………  79
6 家業と一生 ……………………………………………………………………  95
7 風雅のなかの日常 …………………………………………………………… 127
8 旅ゆけば ……………………………………………………………………… 145
9 隠されたゆたかさ …………………………………………………………… 167
10 ぬしが殿様じゃったや …………………………………………………… 185
11 法と裁判 …………………………………………………………………… 217

  登場人物略歴 ………………………………………………………………… 245
  元号西暦対照表 ……………………………………………………………… 252
  引用書目一覧 ………………………………………………………………… 253

  あとがき ……………………………………………………………………… 256

●著者は『井関隆子日記』の天保11年10月19日の条を引用して、「これを読んで私はわが眼を疑う。これは現代の法事の様子を述べた文章ではないのか。小津安二郎は自作によく葬式の場面を設けたが、登場人物にお経の長いことをしばしば愚痴らせている。すでに天保年間に、江戸人がこれほど脱宗教化を遂げていようとは。この一事をとっても、江戸期はまさにアーリイモダンであったとせねばなるまい。・・・」と述べている。(深沢)





藤室苑子(佐藤美恵子)歌集 『小町算』
平成16年7月23日、短歌研究社発行
46判、202ページ、2700円
かりん叢書第176篇

この作者の歌は、むかしと今が往還する不思議な時間軸に支えられている。祖母の時代や、もっとむかしの風俗や言葉が、そのまま現代の風俗や言葉の中に融けこんで、おっとりとした柔らかい口調となり、心ゆるしてゆっくり読んでいると、その底にひそむ意外に鋭い皮肉、辛辣な批判に、不意に読者は、うたれたりするのである。 馬場あき子

そぞろ神誘へど梅の木は不動守るか嘆くか旅だつ人を
はんぺんの白き肌を泳がせて鍋の上には雪の降り積む
アトランタ五つの輪までが空に舞ひアテネと江戸が花火に咲きぬ
鏡花とふやさをとこあり道真とふ賢きをとこの棲みゐる湯島
夏草の匂ひにむせぶ線路脇伸びゆくままに歩調合はせる
夏告ぐるあふひさんじやのまつりみて祖母は単衣に衣更へする
惚けたる祖母のまなこに顔映りよき服選び見舞ひし十年
苔生ふる陰刻の墓誌なぞりつつ一人ひとりにお目見得をする
いつわれがゐなくなつてもよいやうにロカ岬にてする隠れん坊
いつまでも我につきくる十三夜欠けたることの小町算なり



『かげろふの日記残闕』 堀辰雄
堀辰雄生誕100年記念版(未公刊資料)
             平成16年6月20日・限定500部・竹林館発行
             大阪市北区東天満2−9−4千代田ビル東館405
              A5判・和装10丁・定価4500円+税


  『かげろふの日記残闕』は堀辰雄自筆(毛筆,墨を朱で推敲)で,堀の没後
  百日忌(1953年)に墓前に詣でた人々に,堀家から贈られたもの。本書
  はその忠実な複製である。

  『かげろふの日記残闕』復刻版別冊 12頁

   『かげろふの日記残闕』翻刻……………………………………  1
   解題………………………………………………小川和佑………  6
   堀辰雄の基盤とバランス感覚…………………水口洋治………  9



『江島其磧と気質物』 佐伯孝弘著

                 2004年7月30日・・・若草書房発行
                 A5判・334頁・定価10000円+税


  目  次

序 論  江島其磧及び気質物研究の目的と意義…………………………   5

第1章  気質物の祖型――其磧の気質物――

 第1節 気質物の創出………………………………………………………  16
 第2節 其磧気質物の方法――西鶴利用の意図――……………………  54
 第3節 『世間娘気質』の演劇的要素……………………………………  97
 第4節 『世間娘気質』の成立過程……………………………………… 118
 第5節 其磧気質物と噺本………………………………………………… 128
 第6節 其磧気質物の文章………………………………………………… 153
 第7節 『浮世親仁形気』の現実感……………………………………… 179

第2章  気質物以外の其磧の作

 第1節 其磧の焦り――『丹波太郎物語』をめぐって――…………… 210
 第2節 隅田川物の中の『都鳥妻恋笛』――其磧時代物小考――…… 229

第3章  後続の気質物

 第1節 気質物の系譜の中の南嶺………………………………………… 260
 第2節 南嶺気質物と笑話………………………………………………… 266
 第3節 秋成の〃わやく〃の手法………………………………………… 282
 第4節 お春の造型――『世間妾形気』一の二一の三小考――……… 308

あとがき………………………………………………………………………… 330


『嬉遊笑覧(三)』長谷川強・江本裕・渡辺守邦・岡雅彦・花田富二夫・石川了 校訂
               2004年7月16日・岩波書店発行
               文庫判,468頁,定価900円+税
                   (岩波文庫 黄275−3)

◎本書は著者自筆の静嘉堂文庫所蔵本を底本とし,巻之一は欠本のため,東洋文庫所蔵
 本で補っている。
◎校訂の担当者は,巻之五・巻之六……花田富二夫,巻之七……渡辺守邦

    目  次
  凡 例
巻之五目録………………………………………………………………………………  13
 ○〔宴会〕
  設楽撃(抃遊・執転提・しでのかをさ・自堕落),梅花宴,花――,蓮葉――
  萩花――,菊――,曲水――,竟宴,尚歯会,短冊切,褒貶和歌会,惺窩講
  筵式,無礼講,汁――,■(土+宛)飯,日光責,天神講,大師――,伊勢
  ――(ぬけ参),無情――,身請――,無尽――
 ○〔歌舞〕
  田舞,田楽,能といふこと,五節,びんざゝら,白拍子,曲舞まひ,大頭,
  幸若,猿楽(散楽・能・謡曲作者・狂言師大蔵・鷺が事),延年舞,踏歌
  (千秋万歳,早歌),
  をどり(ひんだの踊・盆をどり・懸踊・小町――・中――・灯籠――・題
  目――・はうさい念仏・葛西念仏・鹿島踊・伊勢をどり・千代の松坂・岡崎
  をどり・壬生狂言・雀をどり)
  歌舞伎(名古屋山三・伝助が糸より・おくにかぶき・吉原町・若衆かぶき・
  禰宜町・女がたかぶき・野郎ぼうし・芝居衣裳・座元名代・江戸宮地芝居・
  狂言作者・似せ野郎・若衆能・つらみせ・河原もの),男舞,女舞,座元名
  代(やゝ子をどり・をどり子・舞子・竈ばらひ・声色),にはか,茶番,素
  人狂言,柴垣をどり,順の舞(かぼちや踊),なれこ舞,さる若(雑劇院本
  名目),鳥追,大黒舞,蛛舞(都盧・チヤルメラ・輪ぬけ・幻術・れんとび
  ・緒小桶・水操),神事舞
巻之五……………………………………………………………………………………  15
巻之六目録……………………………………………………………………………… 139
 ○〔楽曲〕上巻
  琴(青葉笛・山路が笛・筝・筑紫琴・組歌・八橋・琴爪・爪びき),三線
  (阮咸・月琴・古近江・六筋がけ・八筋がけ・古製・続ざほ),催馬楽,風
  俗,郢曲(宴曲),今様(小歌),らうさい,隆達(なげぶし),長唄(ほ
  そり・口説・めりやす),土手節,大尽舞,かぢとるといふこと,吉野の山
  ・小倉,琵琶法師(平家物語・地神経よみ・天夜尊・都方城方・城を一とよ
  みし事),盲女(御前・腹とり・按摩・足力),薦僧(尺八・暮露・侠客尺
  八・こもの躰沿革),鼓弓(ラヘイカ・提琴・胡琴),四つ竹(歌板),木
  琴(撃甌),風楽(オルゴル),しやぎり,風鈴,音律の妙(鸚鵡石・山び
  こ),八人芸(三弦曲びき),八撥(羯鼓・八からがね),寒声(寒びき),
  説経(浄るり・祭文・門説教・門談義),十瑠璃(薩摩・淡路・女大夫・左
  内・宮内・虎屋喜大夫・土佐外記・半大夫・河東・角大夫・一中・文弥・宮
  古路・常盤津・新内・宮園・播磨大夫・嘉大夫・義大夫・豊竹・肥前○あや
  ・小大夫・飛騨・おやま・のろま・出づかひ・辰松・浄るり作者・南京あや
  つり・雨がへる・おでゝこ・からくり人形・ゼンマイ・弥三五郎・竹田・覗
  からくり・硝子・一人狂言・樽人形・碁盤人形・七変化)
 ○〔児戯翫好〕下巻
  かぶり,塩の目(れろ/\・ねん/\・てい・人みしり・てうち・あわゝ・
  歩み習ひ),隠れ遊(めなしどち・軒の雀・桂の葉・芥かくし・草履かくし
  ・ひゝくめ・鼠まひ・小路がくれ・耳ひこ・指きり・ちんがら),竹馬,鳩
  車・めかゝう(がごし・手々甲・てんがう・こぶめ・もゝが・もゝんぢい),
  目くらべ,耳引かけ,かけくら,すみだふれ,紙付あひ,馬のり(はいま)
  肩ぐるま,手車(道中籠),うなぎ登り(芋虫・鬼の留守),目白押,つば
  な抜(きつね),豆を作る,爪を喰ふ(わやく・やにる・だゝ)○卯槌(卯
  杖・剛卯),打毬,毬杖(ぶり/\),飾り花(薬玉・かけもの),菖蒲冑
  (菖蒲縵・削りかけの冑・しやうぶ刀・冑人形),小児山伏の学び,羽子板
  (こぎのこ・■(足+易)■(毛+堰の右)),あまがつ(はうこ・犬張子
  ・犬の子),ひゝな(まゝごと・雛の調度・絵行器・ちぎびつ・あま酒・生
  姜市・後のひな・装束びな・土びな・衣装人形・押絵人形),独楽(ぶせう
  ごま・はかた――・ばい――・たう――・ぢたんぼう),紙鳶(うなり),
  蹴鞠,鞦韆,いしなどり(きさご・たんべ・はじき),どう/\巡り(まは
  りの小仏・一の膳いや/\・ぼうず/\),首かたかれ(かた子・いたいけ
  ・尻餅・のゝ・十三七つ),尼がべに,木のぼり,土なぶり,小家を造る,
  雪山(雪仏・雪ころがし・雪やけ・雪女・雪こん・雪打・寒ごり・寒氷),
  ころ(無木賽・つき・竹がへし),ふり鼓(はりつゞみ),起上り小法師(
  ふんだん),紙えぼし(ひたひ紙),合点首,銭太こ(唐人笛),風車,張
  子,笛(獅子・・鶯――・猿松――・ひばり――・笙笛・麦――),猴(は
  じき――・のぼり――・釣する――・つながり――・米つき――・桃核の――
  ・蜜柑の――),海老上臈,松笠の鳥(いかの甲の鷺・ほゝづきの瓢・桃仁
  の松虫・茗荷の鶴),折形(蛙・鶴),紙捻の狗,夾剪切形,仮面(めんが
  た・般若・乙御前・天狗・しほ吹・鬼・大黒),芥子人形,今戸焼の女,相
  撲人形,金平人形(飛人形・亀山化物・軽わざ人形),でんぼ(西行法師・
  鈴),麼■(目+侯)羅,紙絵のぼり,発燭の燕(とんぼ・蝶々),小鍋,
  箔団扇(ほゝづき挑灯),麦稈の蛇(棕櫚かづら・角兵衛獅子),つぼ/\,
  削り花,餅花(作り花),五色網,箔置のかね,一文長刀,浮鳥(人形),
  酒中花,はぜの花,紙でつぽう,竹の吊瓶,ふくら雀(雀の笛・屁ひり猴),
  与次郎人形,人形筆(ひき物),手車(銭ごま),ポンピン,きやこん,猩
  々,虫めがね,あやふや人形,鯛つり,かはり屏風,芋むし(俵),ほゝづ
  き(江戸酸醤・海ほゝづき),草の葉を鳴す,松葉の鎖,茶碗を掌に付る,
  瓜戦(核柿),果物灯籠
巻之六上………………………………………………………………………………… 143
巻之六下………………………………………………………………………………… 255
巻之七目録……………………………………………………………………………… 375
 ○〔行遊〕
  手向,鹿島立,坂迎,松に胡桃,ぬさ袋,旅籠,伊勢参,三宝荒神,お杉お
  玉,びつき,歌枕,花見(鎗・鳥銃・花見小袖幕),上野繁華,飛鳥山日ぐ
  らし,隅田川,納涼(糺・四条),屋形舟,をどりぶね,はな火船,船賃,
  扇長,盃長,水練(水馬・うろ/\船),千垢離,大山詣,富士禅定(身禄
  が事・山上日の出),氷,駒籠富士,順礼(三十三所・笈ずり),西国順礼
  札,遊行,百塔百寺三塔(百度・千社参),落書(手てやうらく)
 ○〔祭会〕
  御師,日待,庚申(呪歌・三猿七猿),甲子(大黒・三面大黒・橋板),夷
  子講,加茂祭(飾車),祇園会(山桙・大嘗会標・无骨・むら・あはうぼこ),
  江戸山王御祭礼(屋台・壇尻・御さいとう),神田神事能(拍子・出し・氏
  子),根岸権現御祭(宝永祭),風流,放免付物,細男,祭日異躰,秋葉祭,
  阿波大杉,魁星,文昌星,三十年開龕,開帳奉納作り物,嵯峨釈迦,善光寺
  如来(本田義光),秘仏故ある事,今出川薬師,赤人像,梅若像,下総諏訪
  神像,本尊流落,開帳幟,散米(くま・はなしね・打まき・さんぐ・十二銅
  ・つゝお米・みご箒),縁日
巻之七…………………………………………………………………………………… 377


╂渉瓩魍擇靴燹。 創作した手紙『万の文反古』
谷脇 理史 著

                   2004年7月28日・・・清文堂発行
                   B6判,326頁,定価2800円+税

   目  次

  まえがき……………………………………………………………………………   1

一 ある遊女の手紙……………………………………………………………………   5
   『文反古』という作品とその序………………………………………………   7
   序文の趣向による指示…………………………………………………………   8
   作品に参加して読む……………………………………………………………   9
   各章の題名と目録の副見出し…………………………………………………  10
   挨拶抜きの書き出し……………………………………………………………  11
   死にかねぬ女に候ふ……………………………………………………………  12
   初めての出会いの頃……………………………………………………………  13
   何があったのか…………………………………………………………………  15
   野暮な田舎客へのサービス……………………………………………………  16
   告げ口した遊女を攻撃…………………………………………………………  18
   勤めの身のつらさ………………………………………………………………  19
   再び、野暮な田舎客へのサービス……………………………………………  20
   我が身をきざむ心中立て………………………………………………………  21
   面目のために死ぬ覚悟…………………………………………………………  23
   最後通告…………………………………………………………………………  24
   巻六の三の評文…………………………………………………………………  26
   遊女と客への批評………………………………………………………………  27
   『文反古』の楽しみ方…………………………………………………………  28

二 故郷は遠くにありて………………………………………………………………  31
   見出しからの推測………………………………………………………………  33
   主見出し・副見出しの持つ意味………………………………………………  34
   巻二の三の書き出し……………………………………………………………  35
   手紙の筆者の現況………………………………………………………………  37
   筆者の用件は何か………………………………………………………………  38
   元の女房の面影…………………………………………………………………  40
   受け取り手の反応………………………………………………………………  43
   置去りにした理由………………………………………………………………  44
   京での暮し………………………………………………………………………  45
   京と仙台の違い…………………………………………………………………  46
   女は上方…………………………………………………………………………  47
   白粉屋の娘との結婚……………………………………………………………  48
   男を嫌う白粉屋の娘……………………………………………………………  49
   年寄り女との結婚………………………………………………………………  51
   御女中あがりの女房……………………………………………………………  52
   今度は入婿………………………………………………………………………  54
   古道具屋の娘と結婚……………………………………………………………  55
   男のサンゲ………………………………………………………………………  56
   現住所をさりげなく記す………………………………………………………  57
   男の心のゆれ……………………………………………………………………  58
   何の楽しみもない京の暮し……………………………………………………  59
   故郷への未練……………………………………………………………………  60
   読者の想像………………………………………………………………………  62
   本章の評文………………………………………………………………………  62

三 江戸下りの成功と失敗……………………………………………………………  65
   巻一の三の章題と副見出し……………………………………………………  67
   人に託して送る手紙……………………………………………………………  68
   受け取り手の現況………………………………………………………………  69
   筆者のこれまでの状況…………………………………………………………  71
   現在の状況………………………………………………………………………  72
   筆者の願い………………………………………………………………………  73
   江戸での結婚への弁解…………………………………………………………  75
   最低の旅費を無心………………………………………………………………  75
   巻二の三との差異………………………………………………………………  78
   絶妙の無心状……………………………………………………………………  78
   西鶴の評文………………………………………………………………………  79
   巻四の二の見出しと副見出し…………………………………………………  80
   相手への嫌味……………………………………………………………………  81
   かつての仕打ちへの恨み言……………………………………………………  83
   哀れな江戸下り…………………………………………………………………  84
   江戸で成功………………………………………………………………………  85
   厳しい現実………………………………………………………………………  86
   始末の書付け……………………………………………………………………  87
   受け取り手はどうするか?……………………………………………………  89
   おだやかな巻五の一……………………………………………………………  89
   身持ちへの異見…………………………………………………………………  90
   銀親・うしろだてが必要………………………………………………………  92
   江戸下りと江戸での成功………………………………………………………  93
   銀を借りる仕掛け………………………………………………………………  95
   江戸での生活ぶり………………………………………………………………  97
   相手への忠告……………………………………………………………………  98
   三編による江戸下りの諸相…………………………………………………… 100

四 奇談・珍談の報告………………………………………………………………… 101
   奇談・珍談の報告……………………………………………………………… 103
   挨拶抜きの書き出し…………………………………………………………… 104
   書置の内容……………………………………………………………………… 105
   後家にも遺産配分……………………………………………………………… 106
   蔵を開いて見ると・・・……………………………………………………… 108
   役に立たない「大名借の手形」……………………………………………… 109
   死なねば知れぬ人の身代……………………………………………………… 111
   後家をめぐる珍談……………………………………………………………… 112
   八百貫文のへそくり…………………………………………………………… 114
   筆者の嘆きと落ち……………………………………………………………… 116
   『文反古』の面白さの一面…………………………………………………… 117
   珍談を予想させる見出し……………………………………………………… 118
   珍らしい見世物を……………………………………………………………… 119
   京の近況報告…………………………………………………………………… 120
   「是非もなき浮世」の奇談…………………………………………………… 122
   再婚が生み出した悲劇………………………………………………………… 125
   筆者の批評と西鶴の評文……………………………………………………… 127
   老婆の手紙 巻五の二………………………………………………………… 129
   孫が盲目に……………………………………………………………………… 129
   老婆の嘆き……………………………………………………………………… 131
   嫁の不倫と息子の闇打ち……………………………………………………… 132
   密夫の逃亡……………………………………………………………………… 133
   密夫のサンゲと自訴…………………………………………………………… 135
   老婆の嘆きと相手への依頼…………………………………………………… 136

五 とぼけた堕落僧二人……………………………………………………………… 139
   とぼけた世間僧………………………………………………………………… 141
   巻三の一擬作説………………………………………………………………… 141
   ユニークな書き出し…………………………………………………………… 143
   『徒然草』十五段との関連…………………………………………………… 145
   相手との人間関係……………………………………………………………… 146
   相手へのさりげない依頼……………………………………………………… 147
   旅中での体験…………………………………………………………………… 149
   清正の霊屋寺にて……………………………………………………………… 151
   美少年を見初める……………………………………………………………… 153
   美少年へのラブレター………………………………………………………… 156
   男色故事の導入………………………………………………………………… 157
   漢戯文風の文体………………………………………………………………… 158
   大笑いさせる恋文……………………………………………………………… 160
   もてていると思う筆者………………………………………………………… 161
   手紙の落ち……………………………………………………………………… 164
   西鶴の皮肉……………………………………………………………………… 165
   巻五の四の僧侶………………………………………………………………… 167
   吉野山の冬……………………………………………………………………… 167
   女出家の流行と堕落…………………………………………………………… 169
   必死にこらえる筆者…………………………………………………………… 171
   相手への依頼…………………………………………………………………… 172
   筆者の弁解……………………………………………………………………… 174
   西鶴の評文……………………………………………………………………… 176

六 復讐と敵討ち……………………………………………………………………… 179
   代筆による手紙………………………………………………………………… 181
   文を託す僧の紹介……………………………………………………………… 182
   相手との人間関係……………………………………………………………… 183
   筆者に起った因果談の報告…………………………………………………… 185
   つい悪心をおこす……………………………………………………………… 187
   不気味な報復の予告…………………………………………………………… 188
   悪事のむくい…………………………………………………………………… 189
   死なれざる因果………………………………………………………………… 191
   烏におそわれ盲目に…………………………………………………………… 193
   因果の道理へのあきらめ……………………………………………………… 195
   敵討ちという素材……………………………………………………………… 198
   現況を報ずる…………………………………………………………………… 199
   弟のであった敵………………………………………………………………… 201
   刀を捨てる相手………………………………………………………………… 202
   納得した伝九郎………………………………………………………………… 203
   弟の出奔………………………………………………………………………… 205
   伝九郎の嘆きと置手紙の趣向………………………………………………… 206
   敵討ちの断面…………………………………………………………………… 208

七 どら息子二人……………………………………………………………………… 211
   巻一の二の章名と副見出し…………………………………………………… 213
   挨拶抜きで始まる手紙………………………………………………………… 214
   書簡の相手……………………………………………………………………… 215
   甘すぎる母親…………………………………………………………………… 217
   どら息子の馬鹿遊び…………………………………………………………… 218
   数字を印象的につかう描写…………………………………………………… 220
   どら息子の悪評………………………………………………………………… 221
   鎌倉へ隠居を勧める…………………………………………………………… 222
   隠居の条件……………………………………………………………………… 223
   重九郎説得への依頼…………………………………………………………… 226
   巻一の二の評文と挿絵………………………………………………………… 227
   栄花な世界の持つ意味………………………………………………………… 228
   巻四の三のどら息子…………………………………………………………… 229
   勘当されたどら息子…………………………………………………………… 230
   土地の人の暮らしぶり………………………………………………………… 231
   元気なガンコ親父……………………………………………………………… 233
   尻ぬぐいの依頼………………………………………………………………… 234
   借りのさまざま………………………………………………………………… 236
   取りもどすべきもの…………………………………………………………… 238
   依頼する相手…………………………………………………………………… 239
   祖母の埋み金の話……………………………………………………………… 240
   相手はどうするか……………………………………………………………… 242

八 商人たちのありよう……………………………………………………………… 245
   『万反古』の多様性…………………………………………………………… 247
   巻一の一の書き出し…………………………………………………………… 248
   節季仕舞への指示……………………………………………………………… 250
   正月の挨拶廻りの仕方………………………………………………………… 252
   借金への対処の仕方…………………………………………………………… 254
   倒産後の準備…………………………………………………………………… 255
   一生の総決算…………………………………………………………………… 256
   ふたたび念押し………………………………………………………………… 258
   西鶴の批評……………………………………………………………………… 259
   接待される側の手紙…………………………………………………………… 260
   得意先の旦那の接待…………………………………………………………… 261
   接待の献立……………………………………………………………………… 262
   食事の後は……………………………………………………………………… 264
   秘書役の役得…………………………………………………………………… 265
   接待商法の裏表………………………………………………………………… 266
   常套的な書き出し……………………………………………………………… 268
   問屋は危い商売………………………………………………………………… 269
   聟は「不足に思ふ程」がよい………………………………………………… 270
   分を知らぬ奢り批判…………………………………………………………… 272
   娘の育て方批判………………………………………………………………… 273
   今は不況の時代………………………………………………………………… 274
   嫁入り道具注文への批判……………………………………………………… 275
   相手の妻への配慮……………………………………………………………… 277
   もっとも気がかりなこと……………………………………………………… 278
   相手への絶縁…………………………………………………………………… 280
   巻二の一の評文………………………………………………………………… 281

九 遺稿集ゆえの問題………………………………………………………………… 283
   はじめに………………………………………………………………………… 285
   遺稿集の問題…………………………………………………………………… 287
   現在の研究状況………………………………………………………………… 290
   私の立場………………………………………………………………………… 291
   山口剛氏の疑問………………………………………………………………… 294
   『文反古』擬作説の問題……………………………………………………… 297
   どこまでが西鶴か……………………………………………………………… 299
   『万の文反古』の二系列……………………………………………………… 301
   確信の根拠……………………………………………………………………… 305
   『文反古』への諸論…………………………………………………………… 306
   確信の問題?…………………………………………………………………… 310
   巻五の三と三の一の擬作説…………………………………………………… 310
   成立時期の問題………………………………………………………………… 312
   推論・推定は必要……………………………………………………………… 314

あとがき………………………………………………………………………………… 312


 

 愍慶鸚藝佚禅』唐招提寺・律宗戒学院叢書 第一輯                  関口静雄・山本博也 編著
        平成16年2月15日、初版第1刷
        昭和女子大学近代文化研究所発行
        A5判、226ページ、定価1万円+税

  目  次

ごあいさつ…………………………………………………………………益田 快範
刊行のことば………………………………………………………………平井 聖

凡  例

招提千歳伝記上 一     [第一冊]
 招提千歳伝自序……………………………………………………………………   2
招提千歳伝記巻上之一    伝律篇…………………………………………   6

招提千歳伝記上 二・三   [第二冊]
 招提千歳伝記巻上之二    伝律篇…………………………………………  36
 招提千歳伝記巻上之三    伝律篇…………………………………………  50

招提千歳伝記中 一・二・三 [第三冊]
 招提千歳伝記巻中之一    明律篇…………………………………………  78
 招提千歳伝記巻中之二    明律篇…………………………………………  93
 招提千歳伝記巻中之三    王臣篇………………………………………… 122
                古士篇………………………………………… 125
                尼女篇………………………………………… 127

招提千歳伝記下 一・二   [第四冊]
 招提千歳伝記巻下之一    殿堂篇………………………………………… 134
 招提千歳伝記巻下之二    旧事篇………………………………………… 150

招提千歳伝記下 三     [第五冊]
 招提千歳伝記巻下之三    旧跡篇………………………………………… 178
               霊宝篇………………………………………… 181
               霊像篇………………………………………… 184
               法事篇………………………………………… 187
               枝院篇………………………………………… 189
               撰述篇………………………………………… 191
               封禄篇………………………………………… 195
               弁訛篇………………………………………… 196
               遣疑篇………………………………………… 199
               異説篇………………………………………… 202
               拾遺篇………………………………………… 207
               連名篇………………………………………… 208
               宗派図………………………………………… 209
               跋  ………………………………………… 214

解  題……………………………………………………………………………… 218

 〔参 考〕
 本書は,能満院義澄撰『招提千歳伝記』を複製・翻刻したものである。底本には,
現在伝存する中で最も信頼できる,律宗戒学院三宝蔵経蔵所蔵の,妙音院元鏡書写本
(寛延元年写了)を使用している。各丁毎に上段に原本の写真を掲げ,下段にその翻
刻を行毎に掲出している。書き込みも全て掲げ,朱筆と墨筆の別も示し,極めて厳格
な本文の翻刻となっている。巻末には,関口静雄氏の詳細な解題が付されている。
 関口静雄氏は,山本博也氏と共に長年,唐招提寺関係の膨大な資料の研究を続けて
こられ,すでに多くの御研究を発表しておられるが,このたび,唐招提寺・律宗戒学
院叢書 第一輯として,本書を公刊された。続輯の刊行を切に念ずる。(深沢)


◆愆鰺珪侏(二)』長谷川強・江本裕・渡辺守邦・岡雅彦・花田富二夫・石川了  校訂

                   2004年2月17日・岩波書店発行
                   文庫判,427頁,定価800円+税
                       (岩波文庫 黄275−2)

◎本書は著者自筆の静嘉堂文庫所蔵本を底本とし,巻之一は欠本のため,東洋文庫所蔵
 本で補っている。
◎校訂の担当者は,巻之二下……長谷川強,巻之三・巻之四……石川了

    目  次
  凡 例
巻之二下…………………………………………………………………………………  13
 ○〔服飾〕
  刀脇差(腰刀・打刀・大小・野太刀・さすが・きんちやう・かね打つこと・
  しゞま・願はたし),巾着(燧袋),印籠(荷包・帯ぐるま・勧清ぬひ・緒
  じめ・とんぼ・前巾着・浮世袋・暖簾の耳・哥袋・■(ネジ)ぶくさ・瓢単
  根付・やみの夜・早道),鼻紙(畳紙),紙入,きせる,烟草入(継きせる
  ・油紙・ら宇),扇(かはほり・末広・中啓・骨の色・ぼんぼり・檜扇・か
  なめ・一束一本・修羅扇・御影堂・友禅扇・烏扇・扇かけ),団扇(奈良う
  ちは・判じ物うちは・柿油うちは・流行・あじろ),楊枝(竹のやうじ・猿
  屋・打やうじ・平やうじ・壺打・紋やうじ・爪やうじ・楊枝かくれ付琢砂)
 ○〔器用〕
  舟(舟の名・安宅丸・物の鳴こと・船吟・高瀬舟・平田・屋形・二挺立三挺
  ・猪牙・やかた船の員・小早・ちよろ・茶船・にたり・舟形手水鉢),車(
  苦車・むな車・■(木+習)・車借・大八・借カゴ出銀・くるま長持),輿
  (力車・肩輿・塵取・網代・■(竹+便)・あんほつ・駕籠舁やう・六尺・
  御免かご・制禁・町かご員数),挟箱(面桶),長持,破子さらへ(屯食・
  さゝ折・重箱),筥の蓋(他物を借用・すゞりぶた),椀折敷(浅黄椀・三
  方・縁高・八寸・かけばん・蝶足・花足・公卿・ごき・定器・合子・ひきれ
  ・大海・内海・外居・食籠・今の飯器・かなまり・腰高・坊主椀・さら・サ
  ハリ・ちよく・へいから・手塩・黒椀・朱器・白木合子・山折敷・根来朱・
  薩摩椀・燕口・朽木の膳具・木具金箔),陶器(茶椀・秘色・柴窯・定汝官
  哥・竜泉・磁器の覆輪・饒州景徳鎮・成化嘉靖・点茶黒器を用・建盞・天目
  ・窯変・水滴・油滴・瀬戸もの・藤四郎・俊慶・ひたち帯・祖母懐・尾張・
  三田・祥瑞・呉洲・擂茶・高麗・三島・斗々屋・御本・楽焼・萩焼・のんこ
  ・玉水焼),古董(蔵廻り・取売・ほり出し),法花釜(あみだ堂),土風
  炉,伊部,大食窯,■(爽+リットウ)金(沈金・存星・堆朱・西皮・くり
  ・蒟醤・らでん),桔梗皿(ハリギ・十錦・磁器をゆでゝ用・やきづき・焼
  付け絵),表■(衣+背)(へり巻だし・風帯・表具師),手鑑(極札・紙
  絵),古錦(撰糸・金紗・焼切・泊瀬の戸帳),宝貨(金銀の事・古銭・闘
  化蝶・六条銭・鳩の目・古銭減少)
巻之三目録……………………………………………………………………………… 181
 ○〔書画〕
  ふるひ筆,早がき,蚯蚓がき,はしり書,はなち書,おひつき書,たて文,
  包み文,引墨,〆,結び文,礼紙,懸紙,宣旨書,口上書,筆だて,消息長
  短,遊女が文・封印,返し書,封筒,てづゝ,文字虫魚の躰,葦手・歌絵,
  紙捻の字,文昌星,ヘマシヨ入道,文字絵,木筆,飛白,二重もじ,米粒の
  書画,油画,鞘画,うき絵,写真鏡,すみ絵・白絵,泥画,金砂子,霞,源
  氏雲,牧童図,蕪図,一筆がき,嗚呼絵,鳥羽画(擂木に翼),一画付(よ
  り合図・あく画),墨だふれ,ばさら絵,男絵・女ゑ,笑ひ絵・枕画,古陵
  石人(角先生),大津絵,化物画,浮世画(人名ども),一枚絵(べに絵・
  漆ゑ),絵草子(巻双紙・草ざうし・白虫本・草子沿革),八文字屋本,役
  者評判記,江島其磧が伝(自笑が事),役者肖顔,狐狸の書画,■〔きょう〕
  画,絵解(比丘尼),織画,水上書画(白字・墨流し),字を吹,シヤボン,
  水圏戯,抜暈,焼画(あぶり出し),写不上者有法,石筆。
 ○〔詩歌〕
  掩韻,へんつき,文字合,歌字尽,本朝詩賦始,連句,漢和,狂詩,仮字の
  詩,連歌(花下・賭物・点者・紹巴・古今伝授・道印幸順基佐・付句・移■
  連歌・露字の質・古歌暗記・江戸御連歌・会日・裏白連歌),俳諧(式法・
  沿革・談林・桃青が手簡・付合・其角が説・古式・点法・正風躰・座敷乞食
  ・天狗俳諧・前句付・冠付・三笠付・六玉川・川柳・片歌・五色墨(同評))
  ,狂歌(俳諧歌・有心無心・今世の狂歌師・花押・宗匠号・俳名・表徳),
  秀句(かすり・地口付・もじり・文字鎖・段々付・尻取・五文字),謎(古
  きなぞ/\・字謎・なぞ付),判じ物(鎌わぬ・はんじ物模様・器物銘・願
  人坊判じ物・招牌(数種)・柱かくし発句・訳字・廻文・畳字連環・点取賞
  物・略暦(大小))。
巻之三…………………………………………………………………………………… 183
巻之四目録……………………………………………………………………………… 293
 ○〔武事〕
  犬追物,通し矢,つぶて(抛石・印地・ちやうま・雁ころし),せめ馬,曲
  馬(棋盤乗・鬼かげ・的顱・やぢ馬・木馬),居合・やはら,鹿島香取の武
  術,武者修行,長柄刀(かぎ鎗),乱波,道具,七道具,千人ぎり,兵法の
  手,斜に構,逃る手,相撲,勧進,関脇,江戸にて興行,相撲の手,大家に
  扶持せらるゝ事,かたや,褌,力紙,力水,さし櫛,仮粧,髪の結ぶり,四
  つ辻,前づけ,われといふこと,興行日数,大漢,坐頭相撲,女ずまふ,辻
  相撲,ひとり相撲,長人・侏儒,大太ぼつち(百合若)・大ぼや,こぶし打
  ,腕おし,首引,臑おし,指はじき,枕引,扇引,扇切,綱引,力もち。
 ○〔雑伎〕
  続松,歌かるた,貝覆(歌貝・絵貝・文字札・貝合・貝尽・やくかひ),小
  弓(雀小弓・楊弓・吹矢・からくり的・滅多的・水嚢なげ・投壺・はま弓・
  はんま廻し・■(たが)廻し),双陸(名目・寸法・てうばみ・七半・四一
  半・目勝・樗蒲),下貽(おりは・ざれごと・仏法双六・道中双六・官位双
  六むさし・八道行成),碁(まけわざ・白黒の位・聖目・結さす・してう・
  乱棋・とりご・ひろひ物・まゝこ立),象棋(大象棋・番所象棋・中象棋・
  七国象棋・はさみ象棋・によんによ・象棋倒),弾碁(石はじき),蔵鉤(
  なご),撃鼓射字(さつさ立・目付画),帯引,福引(宝引・八方ごま・穴
  一・こまどり・きづ・意銭),攤(紙の賭・針うち・めき・こまやうろ),
  琢釘戯,打毬,蹴鞠(かゝり植物・外郎曲まり・円社),手鞠,一二(手ま
  り歌・立まり),弄玉(あやつく),放下僧(やぶれ僧・小切子),文織(
  しな玉・呪師・輪鼓・豆蔵),手煉の伎(数種),擲倒(でんぐり返り・蜻
  蛉がへり),翻筋斗(杉立・もどりうつ・猿がへり・板落・中がへり),枕
  の曲,枕踊(枕拍子),扇の曲(投扇興)。
巻之四…………………………………………………………………………………… 295


西鶴を楽しむ 2
経済小説の原点『日本永代蔵』
            谷脇 理史 著

                   2004年3月6日・・清文堂出版発行
                   B6判,308頁,定価2800円+税

  目  次
 ま え が き………………………………………………………………………   1
一 『永代蔵』の名言…………………………………………………………………   5
   西鶴における『永代蔵』の位置………………………………………………   7
   『永代蔵』以前…………………………………………………………………   8
   『永代蔵』の好評………………………………………………………………   9
   名文句による経済観・処世観…………………………………………………  10
   世に銭ほど面白き物はなし……………………………………………………  11
   銀が銀をためる世の中…………………………………………………………  13
   厳しい浮世への対処……………………………………………………………  15
   『永代蔵』の教訓・処世訓……………………………………………………  19
   常識をどう面白く書くか………………………………………………………  20
   『永代蔵』冒頭部の一節………………………………………………………  22
   常識を面白くする趣向…………………………………………………………  24
   常識の枠におさまらぬ世界……………………………………………………  27
   金銭への執着から狂気へ………………………………………………………  29
   浮世への感慨と批評……………………………………………………………  33
   名文句の面白さ…………………………………………………………………  37

二 『永代蔵』のあらまし……………………………………………………………  39
   巻一〜四と巻五、六の間………………………………………………………  41
   『永代蔵』の初稿………………………………………………………………  43
   『永代蔵』の出発点……………………………………………………………  44
   初稿への不満から完成稿へ……………………………………………………  48
   モデル小説としての一面………………………………………………………  51
   巻一の四のモデル………………………………………………………………  51
   風俗批判と江戸の商況…………………………………………………………  53
   三井の商法………………………………………………………………………  55
   巻一の四の意図と方法…………………………………………………………  56
   モデルへの西鶴の視点…………………………………………………………  57
   自主規制・カムフラージュ……………………………………………………  58
   『永代蔵』のさまざまな面白さ………………………………………………  60
   所々の人の風俗の面白さ………………………………………………………  62

三 吝嗇家藤市の変貌…………………………………………………………………  65
   巻二の一「世界の借家大将」…………………………………………………  67
   モデル藤市の実像………………………………………………………………  67
   ドケチな男藤市…………………………………………………………………  70
   『今長者物語』の藤市…………………………………………………………  72
   俳諧の中の藤市…………………………………………………………………  74
   『永代蔵』の藤市への視点……………………………………………………  76
   巧妙で珍しい書き出し…………………………………………………………  77
   家持になったことをくやむ藤市………………………………………………  79
   藤市の情報収集活動……………………………………………………………  81
   藤市の日常………………………………………………………………………  82
   葬礼の帰りの藤市………………………………………………………………  84
   藤市の覚悟………………………………………………………………………  85
   藤市の目の付け所(1)賃餅の話……………………………………………  86
   藤市の目の付け所(2)初物の話……………………………………………  88
   藤市の目の付け所(3)植木の話……………………………………………  89
   藤市の娘…………………………………………………………………………  90
   近所の息子たちと藤市…………………………………………………………  92
   『永代蔵』以後の藤市…………………………………………………………  94

四 一代目と二代目……………………………………………………………………  97
   花より金銀米銭…………………………………………………………………  99
   一代目町人の生き方…………………………………………………………… 100
   表現の面白さ…………………………………………………………………… 102
   禁欲的でマジメな一代目……………………………………………………… 103
   遺産丸どりの一人息子………………………………………………………… 105
   一代目を真似る二代目………………………………………………………… 106
   寺参りの帰りに拾った手紙…………………………………………………… 108
   手紙から一歩金………………………………………………………………… 109
   手紙の内容……………………………………………………………………… 110
   手紙を届けに島原へ…………………………………………………………… 111
   初めて島原へ来た二代目……………………………………………………… 112
   思いがけず浮気心……………………………………………………………… 114
   たちまち破滅…………………………………………………………………… 115
   巻一の二の面白さ……………………………………………………………… 117
   『永代蔵』と二代目…………………………………………………………… 118
   巻五の三の一代目と二代目…………………………………………………… 119
   一代目の書置…………………………………………………………………… 119
   親と逆の二代目………………………………………………………………… 121
   二代目の書置…………………………………………………………………… 122
   巻五の五の一代目と二代目…………………………………………………… 123
   やきもちやきの娘……………………………………………………………… 124
   もう少しの所で破産…………………………………………………………… 125
   利発な小者……………………………………………………………………… 128
   やり手の二代目………………………………………………………………… 130

五 二代目の諸相……………………………………………………………………… 133
   後継者養成の難しさ…………………………………………………………… 135
   大黒舞の歌詞を使う書き出し………………………………………………… 136
   長男の突然の色遊び…………………………………………………………… 137
   二代目の勘当…………………………………………………………………… 138
   二代目新六の江戸下り………………………………………………………… 140
   新六のバイリリテイ …………………………………………………………… 141
   三人の乞食の身の上話………………………………………………………… 143
   役に立たぬは教養……………………………………………………………… 145
   乞食たちの智恵………………………………………………………………… 147
   二代目新六の成功……………………………………………………………… 149
   巻六の一の堅実すぎる一代目………………………………………………… 151
   派手好みの二代目……………………………………………………………… 153
   二代目の失敗…………………………………………………………………… 155
   後日談と落ち…………………………………………………………………… 157
   落ちぶれた二代目……………………………………………………………… 158
   無用な年ぜんさく……………………………………………………………… 159
   佐夜の中山無間の鐘を突く…………………………………………………… 160
   忠助の話の後日談……………………………………………………………… 162
   後継者としての後家…………………………………………………………… 164
   後家のありよう………………………………………………………………… 164
   松屋後家の分別………………………………………………………………… 166

六 富を得るきっかけ………………………………………………………………… 169
   二代目のための教訓…………………………………………………………… 171
   普通では駄目な一代目………………………………………………………… 172
   元手なしでは福の神も助けぬ………………………………………………… 173
   貧乏神をまつる染物屋………………………………………………………… 175
   貧乏神のお告げ………………………………………………………………… 177
   町人の理想の生き方…………………………………………………………… 179
   町人の出世とは………………………………………………………………… 181
   今繁昌の桔梗屋………………………………………………………………… 182
   親の遺言をきっかけに………………………………………………………… 184
   孝子万屋三弥…………………………………………………………………… 185
   菜種をまき新田を開発………………………………………………………… 187
   田舎者のコンプレックス……………………………………………………… 188
   まねの長者馬鹿遊び…………………………………………………………… 190
   万屋三弥破滅…………………………………………………………………… 191
   三弥のモデルとカムフラージュ……………………………………………… 193
   舟あればこそ…………………………………………………………………… 194
   中国の商人と日本の商人……………………………………………………… 196
   貿易商人金屋の災難…………………………………………………………… 198
   金屋の意外な成功……………………………………………………………… 199

七 世界の広がり……………………………………………………………………… 203
   広い世界へのまなざし………………………………………………………… 205
   捕鯨港太地……………………………………………………………………… 205
   鯨突きの名人天狗源内………………………………………………………… 207
   天狗源内の知恵と工夫………………………………………………………… 208
   西の宮恵比須へ参詣…………………………………………………………… 210
   恵比須様のお告げ……………………………………………………………… 212
   農業への関心…………………………………………………………………… 214
   農法・農具の改良……………………………………………………………… 216
   『永代蔵』各章の舞台………………………………………………………… 220
   越前敦賀のにぎわい…………………………………………………………… 223
   お江戸日本橋…………………………………………………………………… 225
   伏見の衰微……………………………………………………………………… 226
   雪国の暮しぶり………………………………………………………………… 228
   伝統ある都市堺の暮しぶり…………………………………………………… 229
   所々の人の風俗………………………………………………………………… 230
   貿易都市長崎…………………………………………………………………… 231
   伊勢神宮のにぎわい…………………………………………………………… 233
   地元大坂北浜の米市…………………………………………………………… 236
   大坂難波橋からの風景………………………………………………………… 236

八 富める者と貧しき者……………………………………………………………… 241
  老いの楽しみ……………………………………………………………………… 243
  箸屋甚兵衛の老いの楽しみ……………………………………………………… 244
  富者の晩年の描写はごくわずか………………………………………………… 246
  『永代蔵』の中の貧者たち……………………………………………………… 248
  大津のにぎわい…………………………………………………………………… 248
  醤油屋喜兵衛次の感慨…………………………………………………………… 250
  はやらぬ医者の悲哀……………………………………………………………… 251
  駄目男の仁兵衛さん……………………………………………………………… 253
  喜兵衛次の見聞は続く…………………………………………………………… 255
  喜兵衛次の負け惜しみ…………………………………………………………… 257
  小質屋の店頭……………………………………………………………………… 259
  心弱くてはならぬ商売質屋……………………………………………………… 262
  米屋の借金取りたて……………………………………………………………… 263
  取る者と取られる者……………………………………………………………… 266

九 モデルの問題とカムフラージュ………………………………………………… 271
  本章への前置き…………………………………………………………………… 273
  『永代蔵』のモデルの問題……………………………………………………… 274
  名なしの登場人物………………………………………………………………… 279
  仮名による登場人物……………………………………………………………… 283
  実名か仮名か……………………………………………………………………… 288
  出版取締り令と西鶴……………………………………………………………… 290
  カムフラージュと諷刺…………………………………………………………… 295
  今後の問題………………………………………………………………………… 300

 あ と が き……………………………………………………………………… 303


ぁ悒戞璽戰襪僚性論再考』
              昭和女子大学女性文化研究叢書第4集
              昭和女子大学女性文化研究所編

                  2004年3月31日,御茶の水書房発行
                  A5判,290頁,定価5600円+税

  目  次

刊行の言葉…………………………………………………………………平井 聖 …  
はしがき……………………………………………………………………………………
凡  例…………………………………………………………………………………… 

第一章 アウグスト・ベーベル小伝 妻と娘と女性開放論と………伊藤 セツ…  3
   一 アウグスト・ベーベルの生い立ちとユーリエとの結婚、
     フリーダの誕生 4
   二 ベーベルの女性問題との取り組みとビスマルク時代
     ・・・一八七五年から一八九〇年まで 8
   三 一八九〇年代から一九〇九年まで 17
   四 一九一〇年からその死まで 21

第二章 ベーベル『演説著作選集』と女性論…………………………伊藤 セツ… 33
   一 『選集』の概観 33
   二 『選集』完結の経過 36
   三 『選集』に収録された「女性」「女性運動」に関連する
     演説・論文・手紙 41
   四 『女性と社会主義』への注目・・・刊行の歴史と外国語への翻訳 47
   五 『女性と社会主義』覚え書き・・・アンネリーゼ・ベスケの
     研究の紹介から 52
   六 むすび ベーベルの女性開放論研究の新しい可能性 59

第三章 翻訳による英米・日本・中国へのベーベル女性論の伝達の過程
                  ……………………王 ■・伊藤 セツ… 65
   一 『女性と社会主義』の外国語への翻訳はどのように行われたか 65
   二 英米語への翻訳 69
   三 日本語への翻訳 74
   四 中国語への翻訳 80
   五 考察 86

第四章 アウグスト・ベーベルの『女性と社会主義』の形成(一)
     ・・・「序説」に注目して・・・…………………………伊藤 セツ… 93
   一 初版から第九版までの「序説」 95
     (一)初版(一八七九年)の「序説」 95
     (二)第二版(一八八三年)の序説 100
     (三)第九版(一八九一年)の序説 106
   二 第二五版から第五〇版まで 113
     (四)第二五版(一八九五年)の序説 114
     (五)第三四版(一九〇三年)の序説 122

第五章 アウグスト・ベーベルの『女性と社会主義』の形成(二)・・・利用統計
     の変遷 ジエ ンダー統計に注目して・・・………………伊藤 セツ…133
   一 初版(一八七九年発行)にみるジエ ンダー統計表 135
   二 第二版(一八八三年発行)にみるジエ ンダー統計表 136
   三 第九版(一八九一年発行)にみるジエ ンダー統計表 138
   四 第二五版(一八九五年発行)にみるジエ ンダー統計表 145
   五 第三四版(一九〇二年改訂 一九〇三年発行)にみる
     ジエ ンダー統計表 157
   六 第五〇版(一九〇九年改訂 一九一〇年発行)にみる
     ジエ ンダー統計表 163
 補論 ベーベルの『女性と社会主義』にみる人口問題のとりあげかた
      …………………………………………………ウヨンナ・伊藤 セツ…182
   一 ベーベルの人口論 182
   二 当時の古典的人口論の中でのベーベルの位置づけ 191
   三 国連人口会議にはじまる二〇世紀終りから二一世紀はじめの
     人口論との関わりでみたベーベル 194

第六章 市民的女性運動とベーベルの関わり…………………………掛川 典子…197
      ・・・二一世紀の視点から読み解く・・・
   一 マリアンネ・ヴエ ーバーとの論争・・・母権論・結婚論をめぐって 197
     (一)ベーベルとマリアンネ・ヴエ ーバーを繋ぐ点 198
     (二)ベーベルの「補遺」の存在とその邦訳 202
     (三)ベーベルのリャザーノフへの手紙 206
     (四)マリアンネ・ヴエ ーバー『法発展における妻と母』 208
     (五)むすび 222
   二 性改革運動とベーベル・・ダーウイ ン主義・優生思想・同性愛運動 223
     (一)ヘレーネ・シュテッカーとベーベル 223
     (二)ダーウイ ン主義 227
     (三)優生思想 230
     (四)同性愛運動 234
   三 男女同権参画時代のベーベル 237
     (一)家事革命をめぐるベーベルとギルマンの接点 237
     (二)性別役割分業の脱構築 242
     (三)女性の未来社会の構想 244

第七章 昭和女子大学「女性文庫」における
    ベーベル『婦人論』収集の実際と経過………………………柳  秀子…251
   一 はじめに・・・昭和女子大学図書館と「女性文庫」 251
   二 「女性文庫」における「ゲリッツエ ン女性史コレクション」 252
   三 ベーベルの婦人論各版の収集と所蔵の現状 255

あとがき……………………………………………………………………人見 楷子…261

アウグスト・ベーベル年譜……………………………………………………………   後付

引用文献………………………………………………………………………………… 後付

索  引…………………………………………………………………………………   後付



ス盒狭案散臀検愬丱罐(サンズイ+遊の中)』
  
平成16年5月18日 初版第1刷 海虹舎発行
B6判 158ページ 非売品
装丁・本文レイアウト 巌谷純介
カバー装画      甲士三郎

  目 次

潮  騒……………………………………………  7
神  話…………………………………………… 21
鎌  倉…………………………………………… 75
花万▲(乃ノ下ニ木)…………………………………113

著者略歴・「文学研究」総目録抜粋……………155 

代表五句

潮騒のはるけき▲(草冠+亡)手折りけり

万象の息ひそめゐて去年今年

二筋の川末黒野で寄り添へり

何も彼も遠し黄河の冬落▲(日+軍)

ていねいに人の人の顔吹く秋の風

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わが葬のあらましが見ゆ桐咲いて

回想の行きつくところ炭俵

  中国旅行
黄土累々葱畑の子の服赤き

竹伐れば空掃くごとく倒れけり

画室から膠煮る香や雪催ひ

リハビリの腰牽かれをり鰯雲

鳴く虫が誘へど黄泉にはまだ行けぬ

春浅し病臥の子規をふと思ふ

春深しみな懐かしき蕪村の句

父と子を飲み込んだまま木下闇

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高橋 弘道(たかはし こうどう)
昭和2年 東京世田谷に生まれる。
昭和21年 三浦青杉子に師事し、句作を始める。
昭和29年 石田波郷に師事する。
平成4年  俳句雑誌『港』編集長
平成8年  第一句集『古都悠々』発行。
平成15年 病没。
この間、日本文学研究会常任委員として、重友毅博士の指導のもとで、近世俳諧の研究に従い、芭蕉・凡兆・其角・去来・素堂・許六・丈草・太祇・蕪村・一茶・成美等の研究論文がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
謹  呈

さまざまの事思ひ出す桜かな      芭蕉

「誠光院教誉俳▲弘道居士」桜の四月に生まれ、遅桜の五月に彼岸に旅立った弘道も今年の桜を早く別れた父母や友人と上から見ていることでしょう。多くの立派な先輩、同僚、友人、教え子に恵まれ、良い人生を過ごさせて頂きました事、短い紙面ではございますが心より御礼申し上げます。
  平成一六年五月          高橋 恭子
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

甲士 三郎 1956年東京に生まれる。武蔵野美術大学卒業。奥村土牛に師事。日本美術院院友。天為同人。百花会主宰。琳派の伝統を継承する日本画家。「蓬莱島」「春宵」「松島図」「朝顔」「牡丹」などの作品がある。

●本書のカバーは、甲士三郎の代表作「蓬莱島」によって飾られている。実は、この日本画家は、高橋弘道氏の御長男である。私は、鎌倉の高橋先生のお宅へお伺いした時、アトリエを見学している。黄金の船に沢山の春秋の花を満載した日本画に飾られ、先生はきっと喜んでおられるものと思う。



Α愆進能舞台桜』注釈  木越治・高橋明彦・高島要・木越秀子 編

平成16年3月  金沢大学・木越治 発行
A4 104ページ 非売品

目  次

はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・   2
『勧進能舞台桜』について・・・・・・・・   3
凡例・・・・・・・・・・・・・・・・・・   4

序・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   5
勧進能舞台桜 一之巻・・・・・・・・・・   6
 第一 陽春の徳を備し契情の姿・・・・・   7
 第二 遠く鳴尾の沖漕だ大尽・・・・・・  13
 第三 入間詞は老人客のあしらい・・・・  17

勧進能舞台桜 二之巻・・・・・・・・・・  24
 第一 取て引よせ二刀さしづめの偽・・・  25
 第二 実や人の親の心は三十ばかりの井堀・・・ 31
 第三 七つ過れば出る怪物より上の工夫・・・  36

勧進能舞台桜 三之巻・・・・・・・・・・  41
 第一 四条五条の芝居のうつし・・・・・  42
 第二 村雨がして大夫をちらし候・・・・  48
 第三 南無あみだぶつの武士の娘・・・・  54

勧進能舞台桜 四之巻・・・・・・・・・・  59
 第一 四季折/ は目の前の色庵・・・・  60
 第二 一村雨もふりにくい大尽・・・・・  67
 第三 家老の策にかかる後悔・・・・・・  73

勧進能舞台桜 五之巻・・・・・・・・・・  77
 第一 我女房に孝あるによつて・・・・・  78
 第二 御家の宝只今返しあたふるなり・・・ 81
 第三 有難やこの国にふたりの美女・・・・ 85


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


時代物浮世草子に基づく「世界」の記述的研究

研究代表者 木越 治(金沢大学)

共同研究者 高橋明彦(金沢美術工芸大学)・高島要(石川工業高等専門学校)・木越秀子(北陸古典研究会会員)。杉本紀子・村戸弥生・穴倉玉日。

はしがき・・・・・・・・・・・・・・・・・  1
研究の概要・・・・・・・・・・・・・・・・  3
米国議会図書館所蔵『梅若一代記図絵』をめぐって・・・  6

『勧進能舞台桜』注釈・・・・・・・・・・・ 右1


А慷甘兄年表3 祐天寺の中興』
         祐天寺研究室編集

                  平成16年5月15日,宗教法人祐天寺発行
                  B5判,312頁,非売品

  目  次

はじめに………………………………………………………祐天寺住職 巌谷勝正
本年表の構成
目 次

年表本文

  宝暦11年(1761)〜宝暦13年(1763)…………………………   1
  明和 元年(1764)〜明和 8年(1771)…………………………  13
  安永 元年(1772)〜安永 9年(1780)…………………………  49
  天明 元年(1781)〜天明 8年(1788)…………………………  89
  寛政 元年(1789)〜寛政12年(1800)………………………… 127
  享和 元年(1801)〜享和 3年(1803)………………………… 175
  文化 元年(1804)〜文化14年(1817)………………………… 187
  文政 元年(1818)〜文政12年(1829)………………………… 247

祐天寺略年譜…………………………………………………………………………… 302

●この年表は、祐天寺第6世祐全上人が普山して2年目の宝暦11年(1761)から、第9世祐東が隠遁して第10世祐麟が普山する文政12年(1829)までの69年間について、1年ごとに祐天寺にかかわる出来事や伝説等を、広範囲に収録したもので、江戸時代における浄土宗の動きを知ることが出来るように編集されている。
各年の記述は、立体的、多面的で、文化史としても十分活用できるように工夫された労作である。(深沢)




  
 












































































































TOP