『嬉遊笑覧(三)』
      長谷川強・江本裕・渡辺守邦・岡雅彦・花田富二夫・石川了  校訂
               2004年7月16日・岩波書店発行
               文庫判,468頁,定価900円+税
                   (岩波文庫 黄275−3)

◎本書は著者自筆の静嘉堂文庫所蔵本を底本とし,巻之一は欠本のため,東洋文庫所蔵
 本で補っている。
◎校訂の担当者は,巻之五・巻之六……花田富二夫,巻之七……渡辺守邦

    目  次
  凡 例
巻之五目録………………………………………………………………………………  13
 ○〔宴会〕
  設楽撃(抃遊・執転提・しでのかをさ・自堕落),梅花宴,花――,蓮葉――
  萩花――,菊――,曲水――,竟宴,尚歯会,短冊切,褒貶和歌会,惺窩講
  筵式,無礼講,汁――,■(土+宛)飯,日光責,天神講,大師――,伊勢
  ――(ぬけ参),無情――,身請――,無尽――
 ○〔歌舞〕
  田舞,田楽,能といふこと,五節,びんざゝら,白拍子,曲舞まひ,大頭,
  幸若,猿楽(散楽・能・謡曲作者・狂言師大蔵・鷺が事),延年舞,踏歌
  (千秋万歳,早歌),
  をどり(ひんだの踊・盆をどり・懸踊・小町――・中――・灯籠――・題
  目――・はうさい念仏・葛西念仏・鹿島踊・伊勢をどり・千代の松坂・岡崎
  をどり・壬生狂言・雀をどり)
  歌舞伎(名古屋山三・伝助が糸より・おくにかぶき・吉原町・若衆かぶき・
  禰宜町・女がたかぶき・野郎ぼうし・芝居衣裳・座元名代・江戸宮地芝居・
  狂言作者・似せ野郎・若衆能・つらみせ・河原もの),男舞,女舞,座元名
  代(やゝ子をどり・をどり子・舞子・竈ばらひ・声色),にはか,茶番,素
  人狂言,柴垣をどり,順の舞(かぼちや踊),なれこ舞,さる若(雑劇院本
  名目),鳥追,大黒舞,蛛舞(都盧・チヤルメラ・輪ぬけ・幻術・れんとび
  ・緒小桶・水操),神事舞
巻之五……………………………………………………………………………………  15
巻之六目録……………………………………………………………………………… 139
 ○〔楽曲〕上巻
  琴(青葉笛・山路が笛・筝・筑紫琴・組歌・八橋・琴爪・爪びき),三線
  (阮咸・月琴・古近江・六筋がけ・八筋がけ・古製・続ざほ),催馬楽,風
  俗,郢曲(宴曲),今様(小歌),らうさい,隆達(なげぶし),長唄(ほ
  そり・口説・めりやす),土手節,大尽舞,かぢとるといふこと,吉野の山
  ・小倉,琵琶法師(平家物語・地神経よみ・天夜尊・都方城方・城を一とよ
  みし事),盲女(御前・腹とり・按摩・足力),薦僧(尺八・暮露・侠客尺
  八・こもの躰沿革),鼓弓(ラヘイカ・提琴・胡琴),四つ竹(歌板),木
  琴(撃甌),風楽(オルゴル),しやぎり,風鈴,音律の妙(鸚鵡石・山び
  こ),八人芸(三弦曲びき),八撥(羯鼓・八からがね),寒声(寒びき),
  説経(浄るり・祭文・門説教・門談義),十瑠璃(薩摩・淡路・女大夫・左
  内・宮内・虎屋喜大夫・土佐外記・半大夫・河東・角大夫・一中・文弥・宮
  古路・常盤津・新内・宮園・播磨大夫・嘉大夫・義大夫・豊竹・肥前○あや
  ・小大夫・飛騨・おやま・のろま・出づかひ・辰松・浄るり作者・南京あや
  つり・雨がへる・おでゝこ・からくり人形・ゼンマイ・弥三五郎・竹田・覗
  からくり・硝子・一人狂言・樽人形・碁盤人形・七変化)
 ○〔児戯翫好〕下巻
  かぶり,塩の目(れろ/\・ねん/\・てい・人みしり・てうち・あわゝ・
  歩み習ひ),隠れ遊(めなしどち・軒の雀・桂の葉・芥かくし・草履かくし
  ・ひゝくめ・鼠まひ・小路がくれ・耳ひこ・指きり・ちんがら),竹馬,鳩
  車・めかゝう(がごし・手々甲・てんがう・こぶめ・もゝが・もゝんぢい),
  目くらべ,耳引かけ,かけくら,すみだふれ,紙付あひ,馬のり(はいま)
  肩ぐるま,手車(道中籠),うなぎ登り(芋虫・鬼の留守),目白押,つば
  な抜(きつね),豆を作る,爪を喰ふ(わやく・やにる・だゝ)○卯槌(卯
  杖・剛卯),打毬,毬杖(ぶり/\),飾り花(薬玉・かけもの),菖蒲冑
  (菖蒲縵・削りかけの冑・しやうぶ刀・冑人形),小児山伏の学び,羽子板
  (こぎのこ・■(足+易)■(毛+堰の右)),あまがつ(はうこ・犬張子
  ・犬の子),ひゝな(まゝごと・雛の調度・絵行器・ちぎびつ・あま酒・生
  姜市・後のひな・装束びな・土びな・衣装人形・押絵人形),独楽(ぶせう
  ごま・はかた――・ばい――・たう――・ぢたんぼう),紙鳶(うなり),
  蹴鞠,鞦韆,いしなどり(きさご・たんべ・はじき),どう/\巡り(まは
  りの小仏・一の膳いや/\・ぼうず/\),首かたかれ(かた子・いたいけ
  ・尻餅・のゝ・十三七つ),尼がべに,木のぼり,土なぶり,小家を造る,
  雪山(雪仏・雪ころがし・雪やけ・雪女・雪こん・雪打・寒ごり・寒氷),
  ころ(無木賽・つき・竹がへし),ふり鼓(はりつゞみ),起上り小法師(
  ふんだん),紙えぼし(ひたひ紙),合点首,銭太こ(唐人笛),風車,張
  子,笛(獅子・・鶯――・猿松――・ひばり――・笙笛・麦――),猴(は
  じき――・のぼり――・釣する――・つながり――・米つき――・桃核の――
  ・蜜柑の――),海老上臈,松笠の鳥(いかの甲の鷺・ほゝづきの瓢・桃仁
  の松虫・茗荷の鶴),折形(蛙・鶴),紙捻の狗,夾剪切形,仮面(めんが
  た・般若・乙御前・天狗・しほ吹・鬼・大黒),芥子人形,今戸焼の女,相
  撲人形,金平人形(飛人形・亀山化物・軽わざ人形),でんぼ(西行法師・
  鈴),麼■(目+侯)羅,紙絵のぼり,発燭の燕(とんぼ・蝶々),小鍋,
  箔団扇(ほゝづき挑灯),麦稈の蛇(棕櫚かづら・角兵衛獅子),つぼ/\,
  削り花,餅花(作り花),五色網,箔置のかね,一文長刀,浮鳥(人形),
  酒中花,はぜの花,紙でつぽう,竹の吊瓶,ふくら雀(雀の笛・屁ひり猴),
  与次郎人形,人形筆(ひき物),手車(銭ごま),ポンピン,きやこん,猩
  々,虫めがね,あやふや人形,鯛つり,かはり屏風,芋むし(俵),ほゝづ
  き(江戸酸醤・海ほゝづき),草の葉を鳴す,松葉の鎖,茶碗を掌に付る,
  瓜戦(核柿),果物灯籠
巻之六上………………………………………………………………………………… 143
巻之六下………………………………………………………………………………… 255
巻之七目録……………………………………………………………………………… 375
 ○〔行遊〕
  手向,鹿島立,坂迎,松に胡桃,ぬさ袋,旅籠,伊勢参,三宝荒神,お杉お
  玉,びつき,歌枕,花見(鎗・鳥銃・花見小袖幕),上野繁華,飛鳥山日ぐ
  らし,隅田川,納涼(糺・四条),屋形舟,をどりぶね,はな火船,船賃,
  扇長,盃長,水練(水馬・うろ/\船),千垢離,大山詣,富士禅定(身禄
  が事・山上日の出),氷,駒籠富士,順礼(三十三所・笈ずり),西国順礼
  札,遊行,百塔百寺三塔(百度・千社参),落書(手てやうらく)
 ○〔祭会〕
  御師,日待,庚申(呪歌・三猿七猿),甲子(大黒・三面大黒・橋板),夷
  子講,加茂祭(飾車),祇園会(山桙・大嘗会標・无骨・むら・あはうぼこ),
  江戸山王御祭礼(屋台・壇尻・御さいとう),神田神事能(拍子・出し・氏
  子),根岸権現御祭(宝永祭),風流,放免付物,細男,祭日異躰,秋葉祭,
  阿波大杉,魁星,文昌星,三十年開龕,開帳奉納作り物,嵯峨釈迦,善光寺
  如来(本田義光),秘仏故ある事,今出川薬師,赤人像,梅若像,下総諏訪
  神像,本尊流落,開帳幟,散米(くま・はなしね・打まき・さんぐ・十二銅
  ・つゝお米・みご箒),縁日
巻之七…………………………………………………………………………………… 377



新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る