『江島其磧と気質物』 佐伯孝弘著

                 2004年7月30日・・・若草書房発行
                 A5判・334頁・定価10000円+税


  目  次

序 論  江島其磧及び気質物研究の目的と意義…………………………   5

第1章  気質物の祖型――其磧の気質物――

 第1節 気質物の創出………………………………………………………  16
 第2節 其磧気質物の方法――西鶴利用の意図――……………………  54
 第3節 『世間娘気質』の演劇的要素……………………………………  97
 第4節 『世間娘気質』の成立過程……………………………………… 118
 第5節 其磧気質物と噺本………………………………………………… 128
 第6節 其磧気質物の文章………………………………………………… 153
 第7節 『浮世親仁形気』の現実感……………………………………… 179

第2章  気質物以外の其磧の作

 第1節 其磧の焦り――『丹波太郎物語』をめぐって――…………… 210
 第2節 隅田川物の中の『都鳥妻恋笛』――其磧時代物小考――…… 229

第3章  後続の気質物

 第1節 気質物の系譜の中の南嶺………………………………………… 260
 第2節 南嶺気質物と笑話………………………………………………… 266
 第3節 秋成の〃わやく〃の手法………………………………………… 282
 第4節 お春の造型――『世間妾形気』一の二一の三小考――……… 308

あとがき………………………………………………………………………… 330



新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る