『江戸という幻景』 渡辺京二著


                 2004年6月30日・・・弦書房発行
                 四六判・260頁・定価2400円+税


  目  次

1 振り返ることの意味 …………………………………………………………   5
2 朗々たる奇人たち ……………………………………………………………  15
3 真情と情愛 ……………………………………………………………………  33
4 奇談のコスモロジー …………………………………………………………  57
5 いつでも死ねる心 ……………………………………………………………  79
6 家業と一生 ……………………………………………………………………  95
7 風雅のなかの日常 …………………………………………………………… 127
8 旅ゆけば ……………………………………………………………………… 145
9 隠されたゆたかさ …………………………………………………………… 167
10 ぬしが殿様じゃったや …………………………………………………… 185
11 法と裁判 …………………………………………………………………… 217

  登場人物略歴 ………………………………………………………………… 245
  元号西暦対照表 ……………………………………………………………… 252
  引用書目一覧 ………………………………………………………………… 253

  あとがき ……………………………………………………………………… 256

●著者は『井関隆子日記』の天保11年10月19日の条を引用して、「これを読んで私
 はわが眼を疑う。これは現代の法事の様子を述べた文章ではないのか。小津安二郎は自
 作によく葬式の場面を設けたが、登場人物にお経の長いことをしばしば愚痴らせている
 。すでに天保年間に、江戸人がこれほど脱宗教化を遂げていようとは。この一事をとっ
 ても、江戸期はまさにアーリイモダンであったとせねばなるまい。・・・」と述べてい
 る。(深沢)



新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る