『「幸福」の可能性』----逆風の中の文学者たち  小笠原 賢二 著
                2004年11月25日・・洋々社発行
                四六判・260頁・定価2400円+税

  目 次

T 逆風の文学系----批評的に・幻想的に

  松本清張
  越境する小説家----昭和三十年代と一九八〇年代 ……………………… 011
  転換期の光と影----『渇いた配色』の構図 ……………………………… 027
  「悪」へと反転する「正義」
     ----『眼の壁』と『けものみち』を中心に ……………………… 034

  小田切秀雄
  「面従腹背」という隘路----小田切秀雄の戦争体験 …………………… 055

  中井英夫
  大本営の革命家----『彼方より』の反時代精神 ………………………… 080
  「無用の歌」の力----短歌編集者・中井英夫 …………………………… 086
  液体と鉱物の宴----中井英夫の想像力について ………………………… 095

  清岡卓行
  「幸福」の可能性について----老年期の「純粋精神」 ………………… 117
  愛と郷愁の展開----「芸術の都」への全体的関心 ……………………… 137

  泉鏡花
  末期の眼の輝き----『薄紅梅』の新しさ ………………………………… 149

  吉村昭
  感覚の弁証法----『冷い夏、暑い夏』の超越的な場所 ………………… 160

U 逆風の文学系----横断的に

  勇気ある転身----村上春樹 ………………………………………………… 173
  頑固な思考様式----秋山駿 ………………………………………………… 178
  容貌怪異のこと----佐佐木幸綱 …………………………………………… 183
  姿を見せた「終末」----辺見庸 …………………………………………… 189
  「現代詩」殺人事件----荒川洋治 ………………………………………… 194
  男が哭き出す時----福島泰樹 ……………………………………………… 201
  場所のない家族----小島信夫 ……………………………………………… 206
  悠々とした急ぎ----渋沢孝輔 ……………………………………………… 212
  元気が出る批評----上野昂志 ……………………………………………… 219
  創造的な「編集力」----瀬戸内寂聴・齋藤愼爾 ………………………… 224
  三人の死者の風貌----辻邦生・後藤明生・江藤淳 ……………………… 230
  究極の精神・至純の愛----立石伯 ………………………………………… 235
  水と火の変幻----松平修文 ………………………………………………… 240
  出家めいた定住----光栄・夫 ……………………………………………… 243
  先駆的遊牧民----寺山修司 ………………………………………………… 246

  初出一覧 ……………………………………………………………………… 251

  文学者への関心----あとがきにかえて …………………………………… 252

〔参考〕著者の小笠原賢二氏は、平成16年10月4日、58歳のその生涯を閉じた。肺
癌であった。本書は病床にあって編纂が進められ、9月7日の日付をもつ「あとがき」を
「こうした、友人をはじめとするもろもろの好意に支えられている現在の私は、まぎれも
なく「幸福である。」と結んでいる。80歳も90歳も夢では無くなった現在、58歳と
は、早過ぎる他界である。「極北院文藝日賢居士」これが北海道生まれの文芸評論家の、
氏の法名である(深沢)。




新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る