堤邦彦・徳田和夫 編『寺社縁起の文化学』

               2005年11月30日・森話社発行
               A5判,366頁,定価6500円+税
 
    目  次
  
  (序文 1)
   寺社縁起の転換期――近世から近現代へ
     堤邦彦………………………………………………………………………   3
  
  (序文 2)
   新しい縁起研究に向けて
     橋本章彦……………………………………………………………………  15

第1部


(1)	寺社縁起の生成と展開

 寺社縁起と談義・直談――江州阿弥陀寺縁起をめぐって
   徳田和夫…………………………………………………………………………  27

  組織と縁起――平安・鎌倉期の真言密教における<縁起>言説
   藤巻和宏…………………………………………………………………………  41

  近世寺社縁起の戦略性――三河国鳳来寺縁起を事例として
   加藤基樹…………………………………………………………………………  55

(2)	変容する寺社縁起

  神仏の噂――霊験の演出をめぐって
   伊藤慎吾…………………………………………………………………………  77

  月感伝承の在地的様相をめぐって――近世真宗の内紛とうごめきの中で
   菊池政和…………………………………………………………………………  95

  近世唱導と文芸・芸能
   北城伸子………………………………………………………………………… 111

  火車説話の受容と展開
   山田厳子………………………………………………………………………… 133

(3)	縁起の機能――鎮魂と救済

 法然上人伝から古浄瑠璃『ほうねんき』へ
  佐谷眞木人……………………………………………………………………… 161

 いくさ語りから怪談へ
  堤邦彦…………………………………………………………………………… 175

 僧と亡者の昔話
  花部英雄………………………………………………………………………… 197

(4)	女性文化圏と縁起

 尼僧の<聖地>としての真如寺
  西山美香………………………………………………………………………… 213

 物語草子としての形成と受容――『お湯殿の上の日記』を通じて
  恋田知子………………………………………………………………………… 229

 民間巫女の群像――在地のなかの縁起語り
  川島秀一………………………………………………………………………… 249

(5)	演じられる縁起・道具としての縁起

 戯け開帳と縁起講釈
  福原敏男………………………………………………………………………… 269

 虚構の系図・由来書
  大島由紀夫……………………………………………………………………… 289

 縁起のメディア――開帳における縁起
  久野俊彦………………………………………………………………………… 305


第2部

(シンポジウム)
「縁起学」の可能性
  佐谷眞木人・堤邦彦・徳田和夫・橋本章彦・山田厳子…………………… 325
   寺社縁起研究の対象・範囲、由来語りと縁起、現場性と信仰性、
   聖なるものの変質、神話と縁起、縁起の物語性、祀ることの意味、
   都市空間と民俗社会、縁起のリアリティ、通時性の視点、
   略縁起とは何か、中世文学研究のなかの寺社縁起、民俗学のアプローチ、   
   縁起を受容する側、ゴジラ・昭和二九年の意味、「縁起学」の可能性、



新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る