『海外から見た日本文学の研究―内と外をのりこえて―』
 (第29回 国際日本文学研究集会会議録 2005)

       国文学研究資料館編

               2006年3月・国文学研究資料館発行
               A5判、200頁、国文学研究資料館閲覧室で、500円で販売
 
目  次

  講  演

◎皆川淇園(1734―1807)
  ―『淇園答要』と『名疇』の関係について―
  Willem Jan Boot ………………………………………    1

  研究発表

◎『大江千里集』の序文から見た「内」と「外」
  陳 斐 寧 …………………………………………………   21

◎平安朝の和文の日記と寛文の日記
  ―「ジャンル」に関する一考察―
  Edward Kamens  ………………………………………   31

◎日本文学の発見:俳諧と滑稽の境地 ―周作人の場合―
  顧 偉 良 …………………………………………………   47

◎日本アヴァンギャルド詩運動とリトルマガジン
  ―セルビア文学との比較考察―
  山崎佳代子 …………………………………………………   65

◎力としての病 ―梶井基次郎の作品に於ける肺結核―
  Stephen Dodd  ……………………………………………   75

◎馬琴読本における予兆・卜占
  黄 智 暉 ……………………………………………………   85

◎文学における近世:タームとメソッド
  ―読本における俗語的表現を視点として―
  周 以 量 ……………………………………………………  101

◎近世軍書の研究に対するアメリカ日本研究の有効性
  井上 泰至 ……………………………………………………  127

◎海外における日本近世文学の書誌学的および文献学的な研究の可能性
 ―実態の困難さとそれを乗り越えるために―
 Laura Moretti  ………………………………………………  139

◎「佳人」から「女志士」へ
  ―宮崎夢柳の『鬼啾々』『芒の一と叢』
  湯 薇 薇 ……………………………………………………  155

◎近代日本文学における他者
  Mark Williams  ……………………………………………  163


総括   神野藤昭夫 ……………………………………………  173

英文要旨 ……………………………………………………………  175

執筆者紹介 …………………………………………………………  187

開催までの経過 ……………………………………………………  191

参加者名簿 …………………………………………………………  192

国際日本文学研究集会委員名簿 …………………………………  200

新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る