『『日本永代蔵』成立論談義 回想・批判・展望』(西鶴を楽しむ 別巻 1)
 谷脇理史 著

                2006年4月25日・清文堂出版発行
               B6判、292頁、定価3200円+税


  目  次

第一回 やや長すぎる前口上…………………………………………  3
一、	はじめに―昨今の研究業績評価
二、	おかしな評価基準
三、	『永代蔵』にかかわるまで
四、	暉峻論文の出現
五、	暉峻論文とのかかわり

第二回 暉峻先生の『永代蔵』成立論……………………………… 37
一、	暉峻論文の主張
二、	暉峻論文への疑問
三、	その頃をかえりみて
四、	角川文庫本の解説
五、	暉峻先生の再論
六、	暉峻説への疑問
七、	決着はついたか?

第三回 『野良立役舞台大鏡』の問題……………………………… 75
一、	はじめに
二、	『野良立役舞台大鏡』への疑惑
三、	鳥越文蔵氏の論
四、	野間光辰先生の批判
五、	野間説とそれへの疑問
六、	冨士昭雄氏論文の登場
七、	冨士氏論文批判
八、	問題は振り出しに

第四回 箕輪吉次氏の成立論………………………………………113
一、	はじめに
二、	箕輪氏の拙論批判
三、	『近世文学論集』のころ
四、	箕輪氏の長篇論考
五、	広嶋進氏による箕輪氏論文の検討
六、	広嶋氏の結論
七、	確実な事実とは?
八、	綿密な調査と大胆すぎる仮説

第五回 西島孜哉氏と羽生紀子氏の成立論………………………153
一、	はじめに
二、	西島氏の立脚点
三、	西島説への疑問
四、	西島氏説批判
五、	草稿回覧説について
六、	羽生紀子氏の成立論
七、	おわりに 

第六回 広嶋進氏他の成立論と今後の問題………………………195
一、	はじめに
二、	重複現象の問題
三、	広嶋氏の主張
四、	広嶋氏説への疑問
五、	広嶋氏説批
六、	矢野公和氏の論
七、	重複現象の見方
八、	矢野氏説批判
九、	長友千代治氏の成立論
十、	今後の問題

補 1 『永代蔵』巻五、六は初稿の編入か……………………233
    ――拙論「西鶴小説における成稿過程の一面」より――

補 2 「『武道伝来記』の読者の問題」より……………………261

補 3 暉峻先生と私………………………………………………263
    ――学部生の頃の想い出――

補 4 私の卒業論文………………………………………………271

補 5 わが西鶴研究――やや回想風に…………………………275


◎あとがき……………………………………………………………289




新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る