『森鴎外「我百首」と「舞姫事件」』

              小平 克 著

              2006年6月25日・同時代社発行
              B6判・348頁・2500円+税


目  次

序 ………………………………………………………………………     7

第一章 『舞姫』における「虚構」と「事実」
  はじめに …………………………………………………………    14
  小金井喜美子はエリーゼを『舞姫』のエリスと同一視させている
       …………………………………………………………    17
  『舞姫』は事実を描いたものではないと鴎外自身が明言している
       …………………………………………………………    21
  『舞姫』の種本となったと思われる?外の翻訳作品 ………    26
  『舞姫』は『埋木』と構成や描写がよく似ている …………    30
  『舞姫』における「虚構」と「事実」 ………………………    36
  『舞姫』の背後にある「事実」を事件関係者の一次資料に
      もとづいて推理する …………………………………    41
  『舞姫』に「ウリーゼ来日事件」をあてはめて解釈してみる
       …………………………………………………………    49
  竹盛天雄氏が提示した『舞姫』読解の視点 …………………    54
  おわりに …………………………………………………………    60

第二章 森鴎外の「我百首」解釈と「舞姫事件」
  はじめに …………………………………………………………    66
  「舞姫事件」の経過 ……………………………………………    76
  「我百首」前段 ………………………………………………    92
  「我百首」中段(前半) ………………………………………    95
  「我百首」中段(後半) ………………………………………    99
  「我百首」後段 ………………………………………………   102
  おわりに ………………………………………………………   105
  
第三章 「我百首」創作の背景と各首評釈
  はじめに ………………………………………………………   112
  「我百首」の中心主題は何か ………………………………   115
  鴎外はなぜ明治四二年春に「我百首」を創作し発表したのか
      …………………………………………………………   119
  ?外はニーチェの思想によって死の想念を克服しようとしていた
      …………………………………………………………   125
  「我百首」前段 評釈 ………………………………………   133
  「我百首」中段(前半)  評釈 ……………………………   156
  「我百首」中段(後半)  評釈 ……………………………   184
  「我百首」後段 評釈 ………………………………………   204
  おわりに ………………………………………………………   226

跋 ……………………………………………………………………   239



新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る