『論集 樋口一葉 W』

               樋口一葉研究会編



                 平成18年11月25日 おうふう発行
                 A5判・278頁、定価4800円+税


       目    次
       
「暁月夜」に潜在するもの              菅野貴子   7

『琴の音』を響かせるもの ―独奏から重奏へ―   橋本のぞみ  25

『大つごもり』の罪と罰               愛知峰子  43

『十三夜』論 ―コミュニケーションの不可能性―   笹尾佳代  65

物語ることの悪意 ―「われから」を読む―      山本欣司  84

村上浪六と一葉                   戸松 泉 108
  ―『樋口一葉全集』未収録資料「三日月序」を視座として―

樋口一葉における「奇蹟の期間」の構築        藤澤るり 138
  ―<男女入れ替え>から<合体>へ―

悲惨小説としての一葉作品              畑 有三 160

樋口一葉と同時代作家 ―北田薄氷・泉鏡花を中心に  田中励儀 177

資料一般から抽出される一葉の思考の世界       野口 碩 198
  ―特に「流れ」をめぐって

戦後民主主義と樋口一葉               松下浩幸 218
  ―児童向け伝記物語の問題点をめぐって―

英訳『にごりえ』              満谷マーガレット 274


 あとがき              樋口一葉研究会 菅聡子 275


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る