『色里三所世帯・浮世栄花一代男』 決定版対訳西鶴全集 十七
訳注 冨士 昭雄


          平成19年年6月10日 明治書院発行
          A5判、310頁、4500円+税

目 次

凡 例


色里三所世帯

巻 上 

目 録 ………………………………………………………   2

一 恋に関有女ずまひ ……………………………………   4
二 恋に風有女涼み ………………………………………  10
三 恋に焼火有女行水 ……………………………………  14
四 恋に種有女帯の色 ……………………………………  18
五 恋に違ひ有女形気 ……………………………………  24

巻 中

目 録 ………………………………………………………  32

一 恋に勢有女かけろく …………………………………  34
二 恋に座敷有女髪切 ……………………………………  40
三 恋に網有女川狩 ………………………………………  47
四 恋に松陰あり女執行 …………………………………  53
五 恋に数有女床 …………………………………………  60

巻 下

目 録 ………………………………………………………  66

一 恋に堪忍有女もたず …………………………………  68
二 恋に隙有女奉公 ………………………………………  75
三 恋に違ひ(有)女の肌 ………………………………  82
四 恋に焼付有女の鍋尻 …………………………………  92
五 恋に果有女ぎらひ ……………………………………  97


浮世栄花一代男

序 …………………………………………………………… 106

巻 一

目 録 ……………………………………………………… 108

一 花笠は忍びの種 ……………………………………… 110
二 花は盛の男傾城 ……………………………………… 118
三 花はやれど三人の子の親 …………………………… 127
四 偽にちる花おかし …………………………………… 139

巻 二

目 録 ……………………………………………………… 150

一 鳥の声も常に替り物 ………………………………… 152
二 八声の鶏九重の奥様 ………………………………… 163
三 籠の鳥かやあかぬなげぶし ………………………… 175
四 ひとりの女鳥緞子の寝道具 ………………………… 183

巻 三

目 録 ……………………………………………………… 190

一 姉も妹も当世風俗 …………………………………… 192
二 山の神が吹す家の風 ………………………………… 204
三 風聞の娘見立男 ……………………………………… 213
四 風流の座敷踊 ………………………………………… 221

巻 四

目 録 ……………………………………………………… 232

一 裸の勤め冬の夜の月 ………………………………… 234
二 月影移す龍宮の椙焼 ………………………………… 242
三 油火消て月も闇 ……………………………………… 250
四 笠ぬぎ捨て武蔵の月 ………………………………… 260

解 説 ……………………………………………………… 268

付 図 ……………………………………………………… 282

索 引

…………………………………………………………………………
冨士昭雄<ふじ・あきお>
〔略歴〕昭和6年生。
  昭和30年東京大学文学部国文学科卒業。東京大学大学院修了。
  名古屋大学教養部講師・助教授を経て,駒澤大学文学部助教
  授・教授。現在は同大学名誉教授。
〔編著書〕『好色二代男』及び『西鶴置土産』(新日本古典文学大系
  〈76巻及び77巻〉,岩波書店),『井原西鶴集(4)』(共編,新
  編日本古典文学全集〈69巻〉,小学館),『江戸文学と出版メデ
  ィア』(笠間書院)など。


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る