『律苑僧宝伝』 唐招提寺・律宗戒学院叢書 第二輯
       関口靜雄・山本博也 編著
平成19年2月15日、昭和女子大学近代文化研究所発行。
A4判・390頁、定価10000円+税
      

目 次

はじめに
凡 例


律苑僧宝伝 第一冊 序・凡例・目次/巻一之二 ……………………   1
 序・凡例・目次 …………………………………………………………   3
巻第一 震旦諸師 ………………………………………………………  41
巻第二 震旦諸師 ………………………………………………………  49

律苑僧宝伝 第二冊 巻三之四 …………………………………………  65
 巻第三 震旦諸師 ………………………………………………………  66
巻第四 震旦諸師 ………………………………………………………  88

律苑僧宝伝 第三冊 巻五之六 ………………………………………… 113
 巻第五 震旦諸師 ……………………………………………………… 114
巻第六 震旦諸師 ……………………………………………………… 146

律苑僧宝伝 第四冊 巻七之九 ………………………………………… 181
 巻第七 震旦諸師 ……………………………………………………… 182
 巻第八 震旦諸師 ……………………………………………………… 204
巻第九 震旦諸師 ……………………………………………………… 222

律苑僧宝伝 第五冊 巻十之十一 ……………………………………… 247
 巻第十  榑桑諸師 …………………………………………………… 248
巻第十一 榑桑諸師 …………………………………………………… 266

律苑僧宝伝 第六冊 巻十二之十三 …………………………………… 287
 巻第十二 榑桑諸師 …………………………………………………… 288
巻第十三 榑桑諸師 …………………………………………………… 307

律苑僧宝伝 第七冊 巻十四之十五/跋 ……………………………… 331
 巻第十四 榑桑諸師 …………………………………………………… 332
 巻第十五 榑桑諸師 …………………………………………………… 352

跋 ………………………………………………………………………… 377

解 題 ……………………………………………………………………… 384

……………………………………………………………………………
はじめに

 律宗総本山唐招提寺および財団法人律宗戒学院には、今も多くの典籍・聖教・古文書類
が襲蔵されていてまことに貴重である。寺蔵資料の一部と、戒学院三宝蔵経蔵の膨大な資
料は、そのほとんどがながく未整理の状態にあったが、数年前からその整理・調査の機に
恵まれたので、整理のついた学的価値の高い資料から順次に唐紹提寺・律宗戒学院叢書と
して公刊紹介したい。
 このたびはその第二輯として『律苑僧宝伝』を収めた。河内國青龍山野中寺第三世を経
歴し、近江國東方山安養寺を中興開山した戒山慧堅律師が、中國ならびに日本における古
今持戒持律の大徳三百六十余人の伝記を撰集したもので、第一輯に収めた唐招提寺能満院
義澄撰『招提千歳伝記』とともに律宗書籍の双璧とされている。
 なおしかし、『律苑僧宝伝』は『招提千歳伝記』に先んじて成り、後続の僧伝僧史類の
編纂上梓に多大の影響を与えたものであって、また撰者の戒山慧堅が近世における戒律復
興運動の渦中に身を投じた持戒持律の清僧であったことを思えば、本書は紛れもなく慧堅
の戒律実践の所産であったということができ、律宗史上またひいて日本仏教史上において
もその存在意義はすこぶる大きいと思われる。もって公刊する所以である。
                     平成十八年八月八日
                               編著者
…………………………………………………………………………………
…………………………………………………………………………………
昭和女子大学の関口靜雄氏と山本博也氏の研究の成果として、『唐紹提寺・律宗戒学院叢
書』第二冊目の大著が刊行された。この研究は、主として関口氏を中心として進められて
いるが、寝食を忘れて取り組まれる氏の研究姿勢を見てきている一人として、このような
成果を手にして、感慨深いものがある。
関口氏が昭和女子大学に来られて、最初の研究発表は仏教の講式だった。講式は、中世文
学は言うまでも無く、近世文学にも深い影響を与えているが、なかなか研究対象とするに
は、基礎的な素養を必要とし、簡単には取り上げられないテーマであった。関口氏の発表
の新鮮さは、今も印象に強く残って忘れられない。
その後、昭和女子大学は唐招提寺と深く関わり、その貴重な資料の整理・研究に取り組ま
れたのが関口氏であった。私は、折々、氏の研究室にお邪魔して、多くのお教えを頂いた。
本書は、元禄2年刊行の戒山慧堅の『律苑僧宝伝』15巻7冊本を全冊複製し、そこに翻
刻を併載したものである。このような作業は、言うは易く実行は難い研究である。
ずしりと重い著書を手にして、しばらく感動の思いは去らない。
                  2007年8月13日  深沢秋男

新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る