『武将誹諧師徳元新攷』
     安藤武彦 著

            
          2007年11月2日・和泉書院 発行
          A5判、280頁、定価10000円+税

    口絵写真 斎藤徳元等 短冊 12枚

目 次

第一部	徳元誹諧新攷

 武将誹諧師徳元伝新攷 ………………………………………………   3
  1.改稿「略伝と研究史」 ………………………………………   3
  2.架蔵徳元文学書誌解題 ………………………………………   6
  3.粋の誹諧師斎藤徳元老 ………………………………………  14 
 徳元誹諧鑑賞プロローグ ……………………………………………  19
徳元作「薬種之誹諧」と施薬院全宗・斎藤守三をめぐる ………  37
武将誹諧師徳元よ………………………………………………………  50
京極忠高宛、細川忠利の書状をめぐって
  ――忠高像と小姓衆徳元像を追いながら―― ………………  58
 研究補遺
  1.「一子出家九族天に生ず」考
      ――斎藤道三の遺言状と徳元―― ……………………  62
  2.関梅龍寺の夬雲と徳元の刀銘誹諧 …………………………  67
  3.昌琢・徳元と金剛般若経の最終章 …………………………  70
  4.謾考 徳元作「高野道の記」あれこれ
      ――織田秀信の歿年月日について―― ………………  73
  5.謾考 徳元作「高野道の記」あれこれ
      ――高野山から吉野勝手の宮へ―― …………………  76
  6.徳元第五書簡の出現
      ――歳旦吟「春立や」成立の経緯―― ………………  81
  7.徳元の若狭在住期と重頼短冊 ………………………………  84
  8.後裔からの手紙 ………………………………………………  89
  9.『塵塚誹諧集』の伝来補訂 …………………………………   93
 徳元の誹諧を読む………………………………………………………  95
1.	前句付「そろはぬ物ぞよりあひにける」の作者考
   ――徳川秀忠か、『塵塚誹諧集』下巻所収句―― ………  95
  2.漉くや紙屋の徳元句 ………………………………………… 104
  3.徳元や掘り出て「くわゐ」の句 …………………………… 108
  4.徳元句と「海鼠腸」 ………………………………………… 112
  5.徳元の「桐の葉も」句鑑賞 ………………………………… 115
  6.徳元の連句を読む …………………………………………… 117

第二部	連誹史逍遥

 豊国連歌宗匠昌琢をめぐって ……………………………………… 125
慶長十八年の昌琢発句「賦何路連歌」 …………………………… 128
過眼昌琢ほか、資料 ………………………………………………… 131
脇坂安元の付句「獨みる月」 ……………………………………… 136
堀内雲皷伝 覚え書 ………………………………………………… 139
浦川冨天研究 ………………………………………………………… 145
  1.伝記新考 ……………………………………………………… 145
  2.『諧歌景天集』覚え書 ……………………………………… 157
 浅見田鶴樹の生年 …………………………………………………… 164
古書礼賛――宋屋の短冊など―― ………………………………… 166
初秋の候 ……………………………………………………………… 169
 書評 大礒義雄先生著『蕪村・一茶その周辺』 ………………… 172
 豊太閤の「鯨一折云々」の書状 …………………………………… 174
仮名草子作品の解題三種 …………………………………………… 179
1.小倉物語 ………………………………………………………… 179
 2.花の縁物語 ……………………………………………………… 179
 3.花の名残 ………………………………………………………… 180

第三部 美濃貞門ほか

 美濃貞門概略 ……………………………………………………… 185
岡田将監善政誹諧資料――美濃貞門岡田満足伝―― ………… 190
明暦前後における東濃久々利の誹壇について
  ――千村氏一族の誹諧―― ………………………………… 201
 寛文期の東濃久々誹壇 …………………………………………… 216
 櫟原君里編『しろね塚』抄録 …………………………………… 225
 地方誹諧史余録――東美濃釜戸宿の誹人安藤松軒宛、
    加賀千代尼書簡など―― ………………………………… 228
誹諧史研究余録
  ――東美濃釜戸誹書『涼み塚』入手をめぐって―― …… 233

第四部 影 印

 堀内雲皷撰『花圃』半紙本一冊 ………………………………… 241

 初出一覧 …………………………………………………………… 257
 あとがきにかえて――異色の自分史―― ……………………… 265



新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る