『近代出版文化を切り開いた 出版王国の光と影―博文館興亡六十年―』
           田村哲三 著

               2007年11月25日  法学書院発行
               46判・212頁・1600円+税

目 次

まえがき

第一章	博文館の誕生

   大橋佐平の長岡時代(一) ……………………………    2
   大橋佐平の長岡時代(二) ……………………………    7
   博文館の誕生と処女出版「日本大家論集」 …………   10
   大橋新太郎の上京 ………………………………………   18

第二章	書籍出版に進出した博文館

   書籍出版を推進した大橋新太郎 ………………………   22
   版権侵害事件 ……………………………………………   25
   全集物に力を入れた博文館 ……………………………   26
   『博文館日記』の発行 …………………………………   29
   古典文学の翻刻 …………………………………………   31
   教科書出版と大橋新太郎 ………………………………   33

第三章	出版王国に駆け上がる博文館

   日清戦争と「日清戦争実記」の出版 …………………   38
   雑誌「太陽」「少年世界」「文芸倶楽部」の出版 ……   40
   日露戦争と博文館 ………………………………………   52
   書籍出版でも活躍した博文館 …………………………   54
   独自の販売網をつくった博文館 ………………………   58

第四章	出版王国といわれた博文館

   博文館コンツェルン ……………………………………   69
   大橋図書館の設立と大橋佐平の最期 …………………   79
   人材を集めた博文館 ……………………………………   87
   財界人になった大橋新太郎 ……………………………   92

第五章	博文館余話

   『金色夜叉』と大橋新太郎 ……………………………  106
   共同印刷の労働争議 ……………………………………  109
   大橋一族と野球 …………………………………………  113

第六章	出版王国『博文館』の落日

   出版物にみる博文館の落日 ……………………………  126
   編集部の組織改革 ………………………………………  131
   社長の器でなかった三代目大橋進一 …………………  133
   実業之日本社の台頭と雑誌の返品自由制 ……………  137
   雑誌「キング」の登場とマスプロマスセール ………  140
   自前の販売組織と買切制にこだわった博文館 ………  145
   博文館の落日に間接的に関わったコンツェルン ……  150
   円本時代の到来 …………………………………………  151
   円本の功罪とその末路 …………………………………  157
   新刊出版点数から見た博文館の落日 …………………  160
   全集物新刊点数から見た博文館の落日 ………………  163
   雑誌創刊点数から見た博文館の落日 …………………  166
   落日期の大橋新太郎 ……………………………………  169
   巨星墜つ …………………………………………………  174

第七章  出版王国『博文館』の終焉

   幕引きをした大橋進一 …………………………………  180
   博文館から博友社ヘ――出版権の譲渡 ………………  184
   岩波書店に移った『辞苑』 ……………………………  188

あとがき …………………………………………………………  190

資  料 …………………………………………………………  193

 資料1.博文館、新刊書籍の出版点数(明治20年〜昭和19年)  
               ………………………………  194
資料2.博文館、全集物発行図書一覧(明治20年〜昭和10年)
              ………………………………  198
 資料3.博文館、創刊雑誌一覧(明治20年〜昭和10年)
               ………………………………  204

参考文献 …………………………………………………………  210


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る