『幕末の大奥 天璋院と薩摩藩』
           畑尚子 著

               2007年12月20日 岩波書店発行
               新書判・214頁・740円+税

目  次
   
はじめに 

序 章 天璋院とは ………………………………………………    1
天璋院様/島津家と近衛家/将軍家の支柱に/性格・体格と
人物評/天璋院をめぐる人々

第1章 大奥の世界 ………………………………………………   15
大奥とは/江戸城大奥の構造/歴代御台所/御台所の立場/
近衛家からの御台所/幕府女中の職制と人数/奥向と表向

第2章 薩摩藩と将軍家 …………………………………………   45
薩摩藩の奥向/竹姫と島津継豊の縁組み/竹姫の奥向外交/
広大院と一一代将軍家斉との縁組み/島津家の家格向上と一
門の繁栄

第3章 篤姫から天璋院へ ………………………………………   65
将軍家定と開国/姉小路の家定正室さがし/分家から島津斉彬
の実子に/家定正室をめぐる利権/広大院付女中の役割/鹿児
島から江戸へ/婚礼準備/婚礼儀式/家定生母・本寿院/天璋
院付女中/つぼねの使命/将軍継嗣問題/家定と斉彬の死

第4章 天璋院と和宮 ……………………………………………  119
和宮降嫁/御所風と武家風/二丸引移り騒動/天璋院、二丸へ
転居/慶応元年の二丸御殿/健康管理と奥医師/島津家からの
献上品/奥女中になった名主の娘/薩摩藩右筆の仕事/島津家
の人脈/島津家と江戸城大奥/参勤交代制度の緩和/渋谷屋敷引
き払い/小の島とお遊羅/家茂の上洛と天璋院の心配/
 将軍のいない江戸城

終 章 江戸開城とその後 …………………………………  173
徳川宗家存続へ二人の女性の尽力/江戸城明け渡し/
一橋邸から千駄ケ谷邸へ/勝海舟と天璋院/和宮終焉
の地を訪ねる/天璋院の肖像画

あとがき ………………………………………………………  195

参考文献 ………………………………………………………  199

略年譜 …………………………………………………………  205

索 引


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る