『叢 草双紙の翻刻と研究 第29号』

       東京学芸大学近世文学研究「叢」の会

            東京学芸大学………………人文社会学系
            日本語日本文学研究講座………黒石陽子
            平成20年2月発行、B5判、180頁 

目 次

『夫は石橋山/是は狂言山 上股野真田下〆』について
              ………………………… 黒石 陽子    1
黒本『刈萱筑紫櫻』について ………………………… 藤井  舞   29
黒本『須磨浦青葉笛』について(語釈・考察)
    ………………………… ジョナサン ミルズ(Jonathan Mi lls)  70
黄表紙『[女かたき討]』
 (都立中央図書館加賀文庫蔵)について ………… 細谷  敦仁   82
黄表紙『御伽百物語』について ……………………… 有働 裕   103
咄本『今昔/萬作 豊年ばなし』について ………… 杉本  紀子  129
合巻『朝桜曙草紙』について(一) ………………… 檜山  裕子  149
翻刻・豆本『頼光一代記』について ………………… 加藤  康子  165
………………………………………………………………………………………
編集後記
 「叢」二十九号をお届けいたします。今号は合計八名の研究成果を載せるこ
とができました。例年に比しては少なめですが、多種多様な内容を持つものと
なったように思います。
 二十九号発刊の準備期間中、会員の身の上にさまざまな出来事が降りかかり
ました。中でも平成十九年五月三十一日、丹和浩氏が四十六歳の若さで黄泉路
へ旅立たれたことは、あまりにも悲しく、大きな喪失感を覚える出来事であり
ました。

丹君ヘ
 丹君、何人もの仲間が泣きながら電話をくれた日からもう2つの季節が過ぎ
 ました。今も貴方の本や論文の頁を繰る音ないに貴方の息遣いを感じると目
 頭が熱くなります。過酷な状況にあって貴方は命を削り磨くようにいい論文
 を次々と創っていかれた。そして、一番辛かった貴方が小池先生の抜けた叢
 の会の屋台骨を支えていたのだということに気づかされて、僕たちは取り返
 しのつかない思いに襲われてもいるのです。悔いの思いを噛みしめて、僕た
 ちは貴方の願った先を目指して歩んでいきます。いつまでも僕たちとともに
 在ってください。貴方の魂がやすらかでありますように。
                                愚兄拝

 三好修一郎氏が寄せたこの追悼文は、会員一同の現在の心境を汲んで書かれ
たものであります。調べ、書き綴り、草双紙の持つ意味や可能性を世に問い続
けること。他人の書いた文章を読み、考え、的確に指導して向上に努めること。
決してあきらめず、歩みをやめないこと。三十号という大きな節目を目前とし
た今、丹和浩氏の姿を浮かべつつ、尚一層の情熱を持って、草双紙研究に取り
組んでいく所存であります。今後も何卒、ご指導のほど、よろしくお願い致し
ます。       (第二十九号編集長 檜山裕子・副編集長 大橋里沙)
………………………………………………………………………………………

………………………………………………………………………………………
東京学芸大学近世文学研究「叢」の会のメンバーとして活躍してこられた、
丹和浩氏は、平成19年5月31日、46歳という若さで御他界なされた。
心からお悔やみ申し上げます。丹和浩氏は、平成17年に労作『近世庶民教
育と出版文化―「往来物」制作の背景―』を出版しておられる。哀悼の意を
込めて、その御著書の目次を再録したいと思う。
                            深沢秋男
………………………………………………………………………………………

………………………………………………………………………………………

『近世庶民教育と出版文化―「往来物」制作の背景―』
                   丹 和浩 著

           2005年(平成17年)2月28日 岩田書店発行
              A5判・310頁・定価〔本体6900円+税〕

  目  次

序 章 ………………………………………………………………………   5
   一 「往来物」に関する先行研究 ………………………………   5
   二 問題の所在 ……………………………………………………   8
   三 本論の目的・構成 ……………………………………………  10

第一章 「往来物」が採り入れた和歌、及び出版の問題 ……………  17
  はじめに ………………………………………………………………  19
 第一節 「往来物」における七夕の歌・・類題集の利用・・………  21
   一 「往来物」の巻頭・巻末・頭書の和歌 ……………………  21
   二 「往来物」の「七夕歌」の背景 ……………………………  24
   三 類題集の利用 …………………………………………………  27
   四 近世堂上派和歌と庶民の子どもたち ………………………  39
 第二節 「大坂進状」「同返状」をめぐる出版書肆の問題 ………  43
   一 改変に関する従来の指摘と本節で明らかにすること ……  43
   二 改変過程の変遷と出版事情 …………………………………  45
   三 出版統制と伝統の継承 ………………………………………  58
  付論 『直江状』について …………………………………………  63

第二章 「往来物」の作者と書肆 ………………………………………  69
     ――一九・馬琴の方法と意識及び書肆とのかかわり――
  はじめに ………………………………………………………………  71
 第一節 十返舎一九の文政期往来物の典拠と教訓意識 ……………  73
   一 一九の「往来物」についての従来の指摘 …………………  73
   二 山口屋藤兵衛版の『和漢三才図会』利用 …………………  75
   三 『和漢三才図会』利用の意義 ………………………………  85
   四 西宮新六版の道中記型の往来物 ……………………………  92
   五 一九の「往来物」とのかかわり方と教訓 ………………… 102
 第二節 曲亭馬琴著『雅俗要文』の成立と意義 …………………… 113
   一 従来の指摘と問題点 ………………………………………… 113
   二 本書の成立事情と馬琴の思い ……………………………… 117
   三 本書の特色 …………………………………………………… 131
   四 本書の意義 …………………………………………………… 145
  付論 明治初年の文章表現と馬琴・・『こがね丸』を中心に・・ 151
   一 『こがね丸』に関する従来の説の問題点 ………………… 151
   二 「天明ぶりの黄表紙類」と『こがね丸』の構想 ………… 152
   三 『こがね丸』の文章表現 …………………………………… 159
   四 『こがね丸』刊行当時の文体意識 ………………………… 165
   五 明治初年の人々と馬琴 ……………………………………… 171
   六 『狐の裁判』の利用…………………………………………… 178
   七 『こがね丸』の価値 ………………………………………… 183

資料編 ……………………………………………………………………… 189
  女中用文玉手箱 ……………………………………………………… 195
  民間当用 女筆花鳥文素 …………………………………………… 231
  雅俗要文 ……………………………………………………………… 251

 あとがき ………………………………………………………………… 295
 欧文要旨 ………………………………………………………………… 巻末

◎本書は、2002年3月、東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科に提出
した学位請求論文「『往来物』研究――江戸時代の教育と文化――」に加筆修
正して、構成を変えたものである。著者は、本論文によって、博士(教育学)
の学位を取得された。



新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る