『上田秋成の紀行文 研究と注解』(実践女子学園学術・教育研究叢書 15)

        加藤裕一 著

          学校法人 実践女子学園 2008年2月27日発行
          A5判、254頁、非売品

目 次

第一章 秋成、城崎への足跡―『秋山記』と『去年の枝折』― …………   5
 一 出立地の確認 …………………… 11
 二 十三日の宿泊地 …………………… 13
 三 粟賀と粟鹿 …………………… 13
 四 山の内と物の部と蕎麦屋 …………………… 16
 五 過去に和田山滞在はあったのか ………………… 17
 六 城崎到着は九月十八日 …………………… 19
七 秋成の浮世草子との関係 …………………… 20

第二章 『秋山記』・『去年の枝折』解読 ………………………………… 25
 一 城崎行と『秋山記』・『去年の枝折』 …………………… 27
 二 作品内容の検討 …………………… 29
 三 なぜ一度の旅で二つの紀行文が書かれたのか …………………… 43
四 歌文集、句文集としての意味 …………………… 46

第三章 『岩橋の記』解読 ………………………………………………… 57
 一 旅程 …………………… 59
 二 旅の目的と執筆の際の参考書 …………………… 63
 三 『岩橋の記』にみられる旅の姿勢 …………………… 65
四 『岩橋の記』の真意 ―類縁をまさぐる旅― ……………… 73

第四章 『山●』注解 ……………………………………………………… 81
 一 序文注解 …………………… 85
 二 旅程注解(一日目)………………… 88
 三 旅程注解(二日目)………………… 111
 四 旅程注解(三日目)…………………… 149
五 旅程注解(四日言)…………………… 218

あとがき ………………………………………………………………… 246
主要人名・書名索引 …………………………………………………… 250


著者略歴
加藤裕一 (かとう ひろかず)
1945年 神奈川県に生れる
1974年 東京教育大学大学院博士課程修了
現 在   実践女子大学短期大学部教授


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る