『酒田の文学碑と石塔』  
     田村 寛三 著

                平成20年4月8日・同書刊行会発行
                B6判・234頁・定価1700円

『酒田の文学碑と石塔』刊行会
 998−0043 酒田市本町1−1−5


目  次

心をゆたかにしてくれる出版…………酒田市副市長 中村 護……  1
郷土をつくった古代ロマンと信仰…山形県議会議員 佐藤 藤弥…  3

文 学 碑

温海山や吹浦かけてゆふ涼  はせを ………………………………  20
暑き日を海に入たりもがみ川  芭蕉 ………………………………  21
芭蕉逗留の地 不玉宅跡 ………………………………………………  22
伊東不玉の墓 ……………………………………………………………  23
人の柳うらやましくもなりにけり  長翠 …………………………  25
長翠碑の裏面、長翠叟事績、南山古梁誌 ……………………………  27
苗松の筅葉くろし后の月、他 長翠 …………………………………  29
梅花佛、各務支考の鑑塔 ………………………………………………  30
六俳人の碑 ………………………………………………………………  30
よそごとに時の鐘聞く月夜かな  夏静 ……………………………  32
夏山のかげひたしけり最上川  湖南 ………………………………  33
東宮歌碑 県民歌 最上川  東宮殿下(昭和天皇陛下) ………  33
おほきなる流となればためらはず
  酒田のうみにそそがむとする  茂吉 …………………………  34
海  佐藤十弥 ………………………………………………………  35
やはらかく蝙蝠あげぬ港町  秋沢猛 ……………………………  36
夢なれや過こし年の月も花も  岩二他 …………………………  37
山脈の集るところ秋の雲  萬寿(伊藤四郎右衛門) …………  39
焼跡にそそぎし涙 乾くまで
  あさの光よ 清々ど射せ  勇(齋藤) ……………………  40
さかのぼる卯波を見よや 最上川  青畝(阿波野) …………  41
うごくともみえぬ白ほはいつしかに
  ありどをかえぬ 海の静けさ  白旗浩蕩 …………………  42
魚くひて安らいなりし 朝めざめ
  藤井康夫の庭に下りたつ  茂吉 ……………………………  42
虎耳草もどくだみも咲き 梅雨ふけし
  草いちめんの草房に坐す  康夫(藤井) …………………  43
鳥海山の山すそかすむ 海のうへ
  かぎりも知らに 秀波たちみゆ  鹿児島寿蔵 ……………  44
梟や 闇のはじめは白に似て  齋藤愼爾 ………………………  45
お地蔵さまの手のひらに(詩)  菊池公導 ……………………  46
山王の祭も 近きふるさとの
  五月若葉の かぐはしきかな  (数学者)小倉金之助 …  47
秋くればいではの 空は雲おもく
  くろづむ海の 波高ならす  (哲学者)伊藤吉之助………  48
月山も鳥海山もさやかなり
  空晴れわたる 山形の旅  今上陛下 ………………………  49
一柳舎坂京墓 …………………………………………………………  50
石とだに成て女をなぐさめん
  阿字な穴から 出し身なれば  芦舟 ………………………  51
青葉しげれる朝日山…… 高清水の詩  前田勘七 ……………  53
独り来て ひとりで帰るもとの道  庄司弥八 …………………  55
蓮葉の露の行衛を身のさはり  富樫権助 ………………………  55
鳥海の崩雪るるこだま雲にひびく  高坂芳林 …………………  56
花散るや又来る春も此庵 他  生葉・長寿 ……………………  56
こがらしやはれて明るき海の上 他  伊藤歓次郎 ……………  57
解けてくる氷をむすぶ清水かな  嘯雨 …………………………  58
浮雲を去て馳行く一葉ふね  池田甚吉 …………………………  58
佐竹斗南・玉鸞夫妻の墓 ……………………………………………  59

文学の散歩道 日和山公園界隈
もがみがは
  のぼればくだるいなふねの……  読人知らず …………  60
初真桑四にや断ん輪に切ん 他  はせを懐紙 ………………  61
松尾芭蕉行脚像(ブロンズ・日下部幸四郎作) ………………  62
博労の泊り定めぬ 秋の風  伊東不玉 ………………………  62
毛見の衆の舟さし下せ最上川 他  与謝蕪村 ………………  62
日和山とて小高き所あり…  「北行日記」高山彦九郎 ……  63
海浜に出て……  「東北遊日記」吉田松陰……………………  64
峠を雨に越えて……  「遊行雑記」幸田露伴 ………………  65
鳥海にかたまる雲や秋日和  正岡子規 ………………………  67
最上川を渡り……  「はて知らずの記」・正岡子規 ………   67
飛島の風情に……  「羽後の海岸」田山花袋 ………………  68
砂山の蔭に早ゃなりぬ何やらむ  
  別れの惜しき酒田の港  「さびしき樹木」若山牧水 …  69
米ぢゃ庄内 港ぢゃ酒田
  日和山まで 船が来る  野口雨情 ………………………  70
おばこ心持 山王の山よ
  外に木はない 松ばかり  竹久夢二 ……………………  70
ゆたかなる最上川口ふりさけて
  光ケ丘にたてるけふかも  茂吉 …………………………  70
酒田みなとに 錨を入れ……  時雨音羽 ……………………  72
日本海に帯なす雲の棚引きて
  朱き夕日を抱きたるかなや  結城哀草果 ………………  73
風が海から吹きつけているので…… 小説「氷壁」井上靖……  73
大川の夕凪どきのやすらぎを
  ハンコタンナの 其の面に見つ  鹿児島寿蔵 …………  74
文学の散歩道について ……………………………………………  75
  
酒田来遊文人(他)年表 …………………………………………  79
 付(1)温海山や吹浦かけてゆふ涼 考 …………………… 101
  (2)暑き日を海に入たりもがみ川と不易流行 考 …… 102
  (3)鑑塔と墨直し法会 …………………………………… 104
  (4)あふみや玉志亭について …………………………… 106
  (5)山頭火と酒田 ………………………………………… 107

石  塔
 酒田の石造文化 ………………………………………………… 116
 酒田の石造文化集計表 ………………………………………… 119
 板 碑(板碑の種字別分類表) ……………………………… 120
 名号塔 …………………………………………………………… 122
 夜念仏塔 ………………………………………………………… 127
念仏回向塔 ……………………………………………………… 129
 道 標 …………………………………………………………… 131
 船玉神塔 ………………………………………………………… 133
 日月星塔 ………………………………………………………… 133
角力碑 …………………………………………………………… 134
経典供養塔 ……………………………………………………… 140
 回向塔 …………………………………………………………… 140
 写経塔 …………………………………………………………… 140
 千部塔 …………………………………………………………… 141
宝篋印塔半肉双塔 ……………………………………………… 141
経典供養塔表 …………………………………………………… 143
女人成仏塔 ……………………………………………………… 144
女人講碑 ………………………………………………………… 145
入定塔 …………………………………………………………… 146
圓明海上人御入定跡 …………………………………………… 147
 湯殿山山籠行者即身佛 ………………………………………… 148
 作祭り …………………………………………………………… 149
 出羽三山供養塔 ………………………………………………… 150
 鐡門海上人碑 …………………………………………………… 159
 庚申塔 …………………………………………………………… 160
 六夜待・二十三夜待 …………………………………………… 162
 巳待塔 …………………………………………………………… 163
甲子塔 …………………………………………………………… 163
道祖神塔 ………………………………………………………… 164
塞道の幕見 ……………………………………………………… 168
 絵幕調査表 昭和十二年二月 ………………………………… 171
松明祭 …………………………………………………………… 173
 金毘羅供養塔 …………………………………………………… 174
 古峰神社供養塔 ………………………………………………… 175
 古峰ケ原講による天狗舞 ……………………………………… 176
 保食大神供養塔 ………………………………………………… 177
 蛸薬師 …………………………………………………………… 177
 生類供養塔 ……………………………………………………… 178
 蠢々群生塔 ……………………………………………………… 178
 八つ目供養塔 …………………………………………………… 179
 犬魂碑 …………………………………………………………… 180
 お箸塚 …………………………………………………………… 180
地蔵清水と今町の水神碑 ……………………………………… 181
出雲型の狛犬 …………………………………………………… 185
浜畑高台の三十三観音 ………………………………………… 189
野のほとけ ……………………………………………………… 190
 その他の石塔・石像 …………………………………………… 196
猿田彦大神 ……………………………………………………… 196
山の神塔 ………………………………………………………… 196
馬頭観音塔 ……………………………………………………… 198
疱瘡供養塔 ……………………………………………………… 198
如意輪観音石像 ………………………………………………… 199
妙見大菩薩 ……………………………………………………… 199
 荒倉神社供養塔 ………………………………………………… 199
 白山妙理大権現 ………………………………………………… 200
双体道祖神塔 …………………………………………………… 200
川上大神 ………………………………………………………… 201
 弁財天半肉塔 …………………………………………………… 201
 毘沙門天半肉塔 ………………………………………………… 201
 水陸小松翠・白旗源塔 ………………………………………… 201
 元三大師 ………………………………………………………… 202
 光明眞言百萬遍供養塔 ………………………………………… 202
 弘法大師一千百年遠忌勤修碑 ………………………………… 202
大日尊護摩供養塔 ……………………………………………… 203
不動明王 ………………………………………………………… 203
薬師如来 ………………………………………………………… 203
 有情非情同時成道 ……………………………………………… 203
 親鸞聖人旅姿像 ………………………………………………… 204
 有縁無縁供養塔・交戦国戦死病没者 ………………………… 204
 奉唱百萬遍供養塔 袋町女講中 ……………………………… 204
奉唱百萬遍供養塔 最上町善女人 …………………………… 205
怨親普和平等塔 ……………………………………………… 205
太平山 ………………………………………………………… 205
 金峰山 ………………………………………………………… 206
 諏訪大明神 …………………………………………………… 206
四所大神 ……………………………………………………… 206
八坂神社 ……………………………………………………… 207
広野神社 ……………………………………………………… 207
大田神社 ……………………………………………………… 207
青麻神社 ……………………………………………………… 207
国元国吉大神 ………………………………………………… 207
大供養塔・三郡震災死亡 七二七名 ……………………… 208
田之神塔 ……………………………………………………… 208
鳥海御田神 …………………………………………………… 208
三界萬霊供養塔 ……………………………………………… 209
萬霊塔 ………………………………………………………… 209
神武天皇 ……………………………………………………… 209
水天宮 ………………………………………………………… 210
 コレラ山地蔵尊 ……………………………………………… 210
観光振興への提言 …………………………………………… 210
仲町慕情 ……………………………………………………… 223

あとがき …………………………………… 著 者 ……… 224


                                   
新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る