『新版 好色五人女 現代語訳付き』  
   井原西鶴 作  谷脇 理史 訳注

           平成20年6月25日・角川学芸出版発行
           角川文庫 15203・316頁・定価819円+税


好色五人女 目次

凡 例
   
巻一 姿姫路清十郎物語           現代語訳  校注本文
    恋は闇夜を昼の国           11   168
    くけ帯よりあらわるる文        18   172
    太鼓に寄る獅子舞           24   177
    状箱は宿に置いて来た男        30   180
    命のうちの七百両の金         36   185

巻二 情けを入れし樽屋物語
    恋に泣き輪の井戸替え         40   192
    踊りはくずれ桶夜更けて化物      46   196
    京の水もらさぬ中忍びて合釘      52   201
    こけらは胸の焼付け新世帯       61   209
    木屑の杉楊枝一寸先の命        65   213

巻三 中段に見る暦屋物語
    姿の関守               73   222
    してやられた枕の夢          80   228
    人をはめたる湖            87   234
    小判知らぬ休み茶屋          92   238
    身の上の立聞き            99   244

巻四 恋草からげし八百屋物語
    大節季は思いの闇          105   252
    虫出しの神鳴も褌かきたる君様    111   257
    雪の夜の情け宿           118   263
    世に見おさめの桜          126   268
    様子あっての俄坊主         131   272
    
巻五 恋の山源五兵衛物語
    連れ吹きの笛竹息の哀れや      137   280
    もろきは命の鳥さし         142   284
    衆道は両の手に散る花        147   288
    情けはあちらこちらの違い      154   294
    金銀も持ちあまって迷惑       156   297

 補 注                   302
 解 説                   309


                                   
新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る