『ホームズ翻訳への道――延原謙評伝』
   中西 裕 著

              2009年2月10日・日本古書通信社発行
              B6判・386頁・定価2500円+税


ホームズ翻訳への道――延原謙評伝


目 次

はじめに

極楽寺墓参記 ………………………………………………………   9

I
父馬場種太郎 ………………………………………………………  17
同志社時代の馬場種太郎 …………………………………………  19
聖霊降臨と馬場種太郎 ……………………………………………  22
馬場種太郎と英学 …………………………………………………  26
馬場種太郎の同志社卒業 …………………………………………  27
札幌の馬場種太郎 …………………………………………………  35

U
延原謙誕生と種太郎死去 …………………………………………  47
竹内文の津山帰郷 …………………………………………………  50
泣菫の津山訪問 ……………………………………………………  55
上京 …………………………………………………………………  61
黒岩涙香と延原謙 …………………………………………………  64
大学卒業後の延原謙 ………………………………‥……………  68
電気技師としての延原謙 …………………………………………  73

V
翻訳家延延原謙の誕生 ……………………………‥…………  81
初期の翻訳 ……………………………‥……………………‥  85
新青年初登場の謎 ……………………‥……………………‥  91
翻訳業専念 ……………………………‥……………………‥  98
大井六一という人物 …………………………………………‥ 102
篠谷潜という翻訳家 …………………………………………‥ 105
「あやかしの鼓」をめぐって ………………………………‥ 109
『探偵趣味』の編集者 ………………………………………‥ 113
トランプ・野球 ………………………………………………‥ 117

W
初期の創作 ……………………………‥……………………‥ 125
博文館時代 ……………………………………………………… 129
勝伸枝の創作 …………………………………………………… 134
結婚 ……………………………………………………………… 139
海野十三と延原謙 ……………………………………………… 143

V
『新青年』編集長 ……………………………………………… 151
『新青年』の新機軸 …………………………………………… 155
『新青年』編集長辞任 ………………………………………… 160
『朝日』編集長 ………………………………………………… 164
『探偵小説』編集長 …………………………………………… 170
博文館退社 ……………………………………………………… 174

Y
ダンディズム …………………………………………………… 183
探偵小説図書館設立私案 ……………………………………… 188
昭和十年代の消息 ……………………………………………… 192
貿易業と映画館経営 …………………………………………… 196
中国での謙夫妻 ………………………………………………… 201
帰国 ……………………………………………………………… 205
『雄鶏通信』編集長 …………………………………………… 209
記録文学開拓者 ………………………………………………… 213
探偵作家クラブでの活躍 ……………………………………… 218
芝居に出演のこと …………………………………………… 222

Z
ホームズ翻訳者 ……………………………………………… 229
翻訳界での活躍 ……………………………………………… 237
信濃追分 ……………………………………………………… 243
晩年 …………………………………………………………… 249
葬儀 …………………………………………………………… 252

補説
竹内種太郎の墓を尋ねて …………………………………… 259
津山探訪記 …………………………………………………… 264
再び竹内種太郎の墓を尋ねて ……………………………… 271
鈴木幸夫と延原謙 …………………………………………… 279
南洋一郎と延原謙 …………………………………………… 284
中島河太郎と延原謙と ……………………………………… 289
延原展さんを哭す …………………………………………… 293


特別寄稿                 齋藤貞子
追跡―竹内女学校跡は?―今 ……………………………… 301
竹内文さんのこと …………………………………………… 306
延原謙のダンディズム 明るい色の背広 ………………… 307
謙さんのこと――トマトが問題 …………………………… 309
中西裕さんとの出会い ……………………………………… 311


注 ……………………………………………………………… 315

謝辞 …………………………………………………………… 341


附録
系図 …………………………………………………………… 346
延原謙著作目録稿 ……………………………………………   1
     
          装偵幀『世界大衆文学全集』21巻口絵および
                 『The Strand Magazine』より

…………………………………………………………………………

著者略歴
中西 裕(なかにし・ゆたか)

1950年東京都八王子市出身、同市在住。早稲田大学第一文学部
日本史専修卒、放送大学大学院修士課程修了。早稲田大学図書館司
書を経て、昭和女子大学教授。「書誌の書誌」の作成および図書館史、
日本文化史を中心に研究。
編著書に「書誌年鑑」、「日本雑誌総目次要覧」、論文等に「天野敬
太郎の書誌観」、「小寺謙吉と小寺文庫寄贈の経緯」、「最近の書誌図
書関係文献」など。


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る