『三大編纂物―群書類従・古事類苑・国書総目録―の出版文化史』   
           熊田淳美 著
               2009年3月20日・勉誠出版社発行
               B6判・328頁、定価3200円+税


目  次


はじめに―三つの「壁のない図書館」 ………………………………    7


塙保己一と『群書類従』の出版


はじめに ………………………………………………………………   19

一 塙保己一の主な業績 ……………………………………………   20

  『群書類従』の出版 ……………………………………………   20

   国史・律令の編纂・出版計画 …………………………………   24

   その他の主な業績 ………………………………………………   28

二 塙保己一の人脈と『群書類従』 ………………………………   32

  雨富検校と保己一 ………………………………………………   32

   学問上の人脈 ……………………………………………………   34

   保己一と屋代弘賢 ………………………………………………   37

   和学講談所の設立とその活動 …………………………………   39

三 『群書類従』編纂・出版事業の財政事情 ……………………   47

   保己一の収入 ……………………………………………………   48

   主な支出項目 ……………………………………………………   54

   保己一存命中の借入金 …………………………………………   56

   幕府による支援の意義と限界 …………………………………   62

四 出版をめぐる本居宣長と塙保己一 ……………………………   69


『古事類苑』をめぐる政策と経済


 はじめに ………………………………………………………………   81
 
一 西村茂樹とその建議 ……………………………………………   82

二 編纂の初期段階 …………………………………………………   89

三 皇典講究所から神宮司庁へ ……………………………………   96

四 神宮司庁による編纂事業受託の背景 …………………………  103

五 『古事類苑』の印刷・刊行 ……………………………………  109

六 『古事類苑』の再版と普及 ……………………………………  116

七 二つの国家的事業――『古事類苑』と史料編纂事業 ………  122

補論 大槻文彦『言海』の場合 ……………………………………  130

   一 西村茂樹と『言海』 ………………………………………  130

   二 内閣制度の発足とその影響 ………………………………  132

   三 『言海』稿本の「下賜」をめぐって ……………………  138


『国書総目録』の文化史的背景


はじめに ………………………………………………………………  149


第一部	戦前の国史・国文学界と幻の岩波『国書解題』

 一 先駆としての佐村八郎『国書解題』 …………………………  152

   佐村八郎と『国書解題』の編纂 ………………………………  152

   「国書」の意味 …………………………………………………  159

二 昭和初期の国史・国文学界と解題事業 ………………………  167

   大正末から昭和初期の国文学 …………………………………  167

   国文学界の「講座物」と「解題書」 …………………………  172

   『日本文学大辞典』編纂の意義 ………………………………  177

   国史学界における解題の停滞 …………………………………  182

   学術情報メディアに見る両学界の対照性 ……………………  188

   昭和初期の国史学界 ……………………………………………  193

三 岩波書店の『国書解題』事業 …………………………………  205

   編纂体制と編集経過 ……………………………………………  205

   編纂者と国史、国文学界 ………………………………………  213

   岩波茂雄と『国書解題』 ………………………………………  217


 第二部 『国書解題』から『国書総目録』へ


一 『国書総目録』編纂の経緯 ……………………………………  233

   書目カードの処理をめぐって …………………………………  233

   解題書から目録の編纂へ ………………………………………  237

二 戦後二十年間の学界と社会の動向 ……………………………  245

   戦後日本史学の動向 ……………………………………………  245

   戦後国文学の動向 ………………………………………………  250

 三 国書の行方と『国書総目録』 ………………………………  263

   被災を免れた国書群 …………………………………………  263

   私的文庫の行方 ………………………………………………  270
  
四 所在情報と総合目録 …………………………………………  281

   残存国書の所在情報 …………………………………………  281

   中井正一と総合目録 …………………………………………  286

五 『国書総目録』の国家的事業の意義 ………………………  299

   出版事業としての『国書総目録』 …………………………  299

   データベースとしての『国書総目録』 ……………………  304

あとがき ………………………………………………………………  313

索引 ……………………………………………………………………   左1

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
【著者紹介】
         
熊田淳美(くまた・あつみ)

1934年東京に生まれる。      
1962年早稲田大学大学院文学研究科西洋史学専攻、修士課程修了。
同年国立国会図書館に入館。図書館協力部長、収集部長、総務部長
等を経て、1993年から1995年まで同館副館長。
1995年から2007年まで中京大学文学部教授。
主な論文に、「パニッツィとブリティッシュ・ミュジアム図書館」、「米
国国立公文書館所蔵の日本占領史関係文書について」、「国の納本制
度とその将来」、「図書館を使う面白さ」などがある。



新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る