『みんなの日本語事典 ―言葉の疑問・不思議に答える―』

        中山緑朗・飯田晴巳・陳力衛・木村義之・木村一 編

               平成21年6月10日 明治書院発行

               A5判 508頁、3800円+税





  みんなの日本語事典 目次


はじめに          @ 
  
凡  例          B

〈編者・執筆者一覧〉    D


1章	続々生まれる新しい表現

1−1 気になる言葉(1) 「〜的」 ・……………………………   2
1−2 気になる言葉(2) 「とか」 ・……………………………   4
1−3 気になる言葉(3) 「みたいな」 …………………………   6
 1−4 気になる言葉(4) 「ほう」 ………………………………   8
1−5 気になる言葉(5) 「っていうか」 ………………………  10
1−6 「系」は若者の配慮の表現か …………………………………  12
1−7 「ナウい」はもはや過去の言葉 ………………………………  14
 1−8 「超」などの強調語の盛衰 ……………………………………  16
1−9 「まじ」の定着 …………………………………………………  18
 1−10 「ありえない」は否定的評価の言葉 ………………………  20
 1−11 形容詞略語はマイナス評価の語 ……………………………  22
1−12 「やばい]は隠語から生まれた ……………………………  24
 1−13 「〜たいと思う」はメディア語か …………………………  25
1−14 「る」語尾による動詞化 ……………………………………  28


2章 文法の不思議に迫る
 
 2−1 日本語の主語 ……………………………………………………  32
2−2 「が」と「は」の使い分け ……………………………………  34
2−3 「も」の用法 ……………………………………………………  36
2−4 「すごい」と「すごく」は同じか ……………………………  38
 2−5 「全然」の用法 …………………………………………………  40
 2−6 「が」と「を」の問題 …………………………………………  42
 2−7 「ら抜き言葉」の未来 …………………………………………  44
 2−8 「ら抜き言葉」の展開(発生から定着へ) …………………  46
2−9 「れ足す言葉」は方言か ………………………………………  48
2−10 「〜からお預かりします」は誤りか ………………………  50
 2−11 「みたい」「きれい」の形容詞活用化 ……………………  52
 2−12 「違う」(「違い」)の形容詞活用化 ………………………  54
2−13 「私って〜(な人)じゃないですか」は何のための表現か 
                   ………………………………… 56
 2−14 「〜になります」はおかしい表現か丁寧な表現か ………… 58
 2−15 「〜はよろしかったでしょうか」は押しつけか丁寧か …… 60
 2−16  「〜ている」のいろいろな意味 …………………………… 62 
 2−17 「な」と「の」の違い ………………………………………  64
2−18 漢語サ変動詞のゆれ …………………………………………  66


3章	敬語は恐くない

 3−1 敬語の5分類 ……………………………………………………  70
3−2 敬語の乱れ・日本語の乱れ ……………………………………  72
 3−3 敬語の必要性・敬語の未来 ……………………………………  74
 3−4 世界の敬語 ………………………………………………………  76
3−5 待遇表現と敬語 …………………………………………………  78
3−6 「(さ)せていただきます」の乱用 …………………………  80
3−7 「さ入れ言葉」はわざわざ誤用形を作ったのか ……………  82
3−8 現代敬語の丁寧語化 ……………………………………………  84
3−9 謙譲語「あげる」の丁寧語化 …………………………………  86
3−10 謙譲語「まいる」の丁寧語化 ………………………………  88
 3−11 謙譲語「申す」の丁寧語化 …………………………………  90
 3−12 謙譲語「おる」の丁寧語化 …………………………………  92
3−13 謙譲語「いただく」を尊敬に使う誤り ……………………  94
 3−14 「お・ご〜する」の尊敬語化 ………………………………  96
3−15 「お・ご〜される」は定着化するか ………………………  98
3−16 謙譲語の可能表現(「お・ご〜できる」)を尊敬に使う誤り
                  ………………………………… 100
3−17 「くださる」と「いただく」の表現の違い ……………… 102
 3−18 謙譲語「申す」の複合動詞(「申し〜」)を尊敬に使う … 104
 3−19 丁寧体の文末表現 …………………………………………… 106
 3−20 「お・ご」の役割・「御」の読み方 ……………………… 108
 3−21 「お」の付く言葉・「お」の付かない言葉 ‥…………… 110
 3−22 自分の動作などに付ける「お・ご」 ……………………… 112
 3−23 慣用表現の敬語化 …………………………………………… 114
 3−24 「ご苦労様」と「お疲れ様」の使い方 …………………… 116
 3−25 敬意逓減(低減)の法則と敬語変化 ……………………… 118
 3−26 二重敬語の慣用としての定着 ……………………………… 120
 3−27 「お求めやすい」は形容詞か ……………………………… 122
 3−28 敬称の使い方 ………………………………………………… 124
 3−29 外部の人に対する身内の呼び方 …………………………… 126
 3−30 対称詞「あなた」の現在の用法 …………………………… 128
 3−31 社内における呼称 …………………………………………… 130
 3−32 「様」と「殿」の使い分け ………………………………… 132
 3−33 「でございます」と「でいらっしゃいます」の違い …… 134
3−34 「とんでもございません」は「とんでもない」の丁寧表現か
              …………………………………………… 136


4章	さまざまな発音

 4−1 発音と仮名の異なる言葉(1) ……………………………… 140
 4−2 発音と仮名の異なる言葉(2) ……………………………… 142
 4−3 十本は「ジッポン」か「ジュッポン」か …………………… 144
4−4 連濁とは何か …………………………………………………… 146
4−5 鼻濁音とは何か ………………………………………………… 148
4−6 ダジャレが生まれる背景 ……………………………………… 150
 4−7 「日本」の読み方は「ニホン」か「ニッポン」か ………… 152
4−8 母音の連続と子音の挿入 ……………………………………… 154
 4−9 英語の日本語的な発音 ………………………………………… 156
4−10 「お」と「を」の使い分け ………………………………… 158
4−11 「さびしい]と「さみしい」とはどんな関係か ………… 160
4−12 小さく書く「っ」はなぜ必要か …………………………… 164
4−13 日本語のリズム ……………………………………………… 166
4−14 音節と拍 ……………………………………………………… 168
4−15 母音が連続する言葉 ………………………………………… 170
4−16 日本語ではどんな音から始まる言葉が多いか …………… 172
4−17 固有名のアクセント ………………………………………… 174


5章	生き続ける方言

5−1 方言の数・方言の将来 ………………………………………… 180
5−2 琉球方言と共通語 ……………………………………………… 182
5−3 東京方言 ………………………………………………………… 184
5−4 北海道の方言 …………………………………………………… 186
5−5 標準語と共通語 ………………………………………………… 188
5−6 地域の新方言 …………………………………………………… 190
5−7 方言とカ変・サ変動詞の将来 ………………………………… 200
5−8 「じゃん」の広がり …………………………………………… 202
5−9 雲伯方言と東北方言の関係 …………………………………… 204
5−10 「新方言」とは何か ………………………………………… 206
 5−11 「ナニゲニ」「ヤッパ」は方言か誤りか ………………… 208


6章	多彩な文字・表記

6−1 表意文字と表音文字 …………………………………………… 212
6−2 漢字の成立と伝来 ……………………………………………… 214
6−3 音読みは漢語、訓読み和語 …………………………………… 216
6−4 音読みと訓読みで意味の異なる言葉 ………………………… 218
6−5 漢字の音読み …………………………………………………… 220
6−6 読み誤りが定着した漢字の読み方 …………………………… 222
6−7 音読み+訓読み、訓読み+音読み ・・………………………… 224
6−8 意味と音は同じなのに異なる漢字 …………………………… 226
6−9 熟字訓とは何か ………………………………………………… 228
6−10 あて字に根拠はあるか ……………………………………… 230
6−11 日本生まれの漢字 …………………………………………… 232
6−12 日本でつくられた漢語 ……………………………………… 234
6−13 いろいろな仮名 ……………………………………………… 236
6−14 仮名遣いの歴史 ……………………………………………… 238
6−15 振り仮名・ルビの歴史と役割 ……………………………… 240
6−16 濁音符・半濁音符の歴史 …………………………………… 242
6−17 おどり字(々、ゝ、●、●、●(●))の使い方 ……… 244
6−18 現代仮名遣いの乱れ ………………………………………… 246
6−19 送り仮名のきまり …………………………………………… 248
6−20 カタカナで外国語を書く場合 ……………………………… 250
6−21 わざとカタカナで書く言葉 ………………………………… 252
6−22 漢字の書きかえ ……………………………………………… 254
6−23 漢字の使い分け(1)漢語の場合 ………………………… 256
6−24 漢字の使い分け(2)和語の場合 ………………………… 258
6−25 漢字の使い分け(3)慣用的な表記の場合 ……………… 260
6−26 漢字の使い分け(4)四字熟語との関わり ……………… 262
6−27 漢字の使い分け(5)誤用の一般化 ……………………… 264
6−28 漢字の熟語の字順 …………………………………………… 266
6−29 どちらでも読める熟語 ……………………………………… 268
6−30 ワープロの漢字変換の目安 ………………………………… 270
6−31 いろいろなローマ字表記 ………………………………・… 272
6−32 数字の書き表し方 …………………………………………… 274
6−33 外国人名・地名の読み方と書き方 ………………………… 276
6−34 さまざまな書き順 …………………………………………… 278
6−35 縦書きと横書きの使い分け ………………………………… 280
6−36 いろいろな書体 ……………………………………………… 282
6−37 デジタルツールでの漢字表示 ……………………………… 284


7章	単語・慣用句の奥深さ

 7−1 「さわり」の由来と意味のゆれ ……………………………… 288
 7−2 「〜ぶり」の使い方 …………………………………………… 290
7−3 「〜中」の使い方 ………………………………………………… 292
7−4 「二の舞を踏む」「火ぶたを切って落とす」 ……………… 294
7−5 語彙量・カバー率 ……………………………………………… 296
7−6 「大」の付く語の読み ………………………………………… 298
7−7 「負けず嫌い」 ………………………………………………… 299
7−8 慣用句・ことわざのゆれ(1)「鳥肌が立つ」 ……………… 300
7−9 慣用句・ことわざのゆれ(2)「出る釘は打たれる」 ……… 302
7−10 慣用句・ことわざのゆれ(3)「情けは人のためならず」他 304
7−11 慣用句・ことわざのゆれ(4)「流れに棹さして」他 …… 306
7−12 「腑に落ちる」 ……………………………………………… 308
7−13 漢語の意味のずれ「弱冠」 ………………………………… 310
7−14 「役不足」の意昧とゆれ …………………………………… 312
7−15 外国語になった日本語 ……………………………………… 314
 7−16 船の名前「〜丸」 …………………………………………… 316
7−17 「姑息」と「憮然」 ………………………………………… 318
7−18 縁起の悪い言葉 ……………………………………………… 320
7−19 「君子豹変」のもとの意味はどういうものか …………… 322
7−20 日本語の「湯」と「水」は別の物か ……………………… 324
7−21 「当然」と「当たり前」の違い …………………………… 326
7−22 日本語の兄弟語彙 …………………………………………… 328
7−23 重複表現 ……………………………………………………… 330
7−24 指の名前 ……………………………………………………… 332
7−25 温度形容詞の対義関係 ……………………………………… 334
7−26 対義関係の複雑さ …………………………………………… 336
7−27 類義語「おおよそ」と「だいたい」の違い ……………… 338
7−28 「さける」と「よける」の類義関係 ……………………… 340
7−29 オノマトペとはどういう言葉か …………………………… 342
7−30 外来語の言い換え提案 ……………………………………… 344
7−31 役割語とは何か ……………………………………………… 346
7−32 女性語の行方 ………………………………………………… 348
7−33 和製洋語は外国人に伝わらないのか ……………………… 350
7−34 凄まじい勢いで生み出される略語(=略語の種類) …… 352
7−35 カタカナ語の略語 …………………………………………… 354
7−36 物の数え方 …………………………………………………… 356
7−37 類推による言語の変化 ……………………………………… 358
7−38 隠語の世界 …………………………………………………… 360
7−39 辞典の見出し ………………………………………………… 362
7−40 「風呂敷」の語源 …………………………………………… 364
7−41 日本語になぜ同音語が多いか ……………………………… 366
7−42 「おたく」の由来と意味 …………………………………… 368
7−43 「重い」と「重たい」のように「軽い」には
     「軽たい」がないのか ……………………………………… 370
7−44 倍数の数え方 ………………………………………………… 372
7−45 「風邪をひく」という言い方 ……………………………… 374
7−46 信号は「みどり」か「あお」か …………………………… 376
7−47 「南東」と「東南」の違い ………………………………… 378
7−48 「コンタミネーション(混淆)」とは何か ………………… 380


8章	外国人のとまどう日本語

 8−1 「うれしい」と「楽しい」の使い分け ……………………… 384
8−2 動作の開始の言い方 …………………………………………… 386
8−3 「〜人(ジン・ニン)」の読み方 …………………………… 388
 8−4 「何」の読み方 ………………………………………………… 390
 8−5 類似の動詞の使の使い分け …………………………………… 392
8−6 形容詞の名詞化 …………………………・…………………… 394
8−7 複数を言い表す …………………………・…………………… 396
8−8 動詞「閉じる」と「閉める」の範囲 …・…………………… 398
8−9 動作の継続状態を言い表す ……………・…………………… 400
8−10 「けっこう」は相反する意味を持つ語 ………………… 402
8−11 場所の案内指示 ………………………・…………………… 404
8−12 接続詞のいろいろ ……………………・…………………… 406
8−13 「それぞれ」「〜ずつ」の使い分け ……………………… 408
8−14 副詞の使い分け(程度量を表す場合)…………………… 410
8−15 原因・理由を表す ……………………・…………………… 412
8−16 形容詞+「です」・形容詞+「んです」・
     形容詞+「んですが」の違い …………………………… 414
8−17 現在の状態を表す「太った人」 ………………………… 416
 8−18 使役表現の助詞(「を」と「に」)の選択 ……………… 418
8−19 「に」と「へ」の使い方 ………………………………… 420


9章	日本語をより深く知る

9−1 日本語のルーツ ……………………………………………… 424
9−2 日本語の未来 ………………………………・……………… 426
9−3 世界の言語はいくつあるのか ……………・……………… 428
9−4 公用語 ………………………………………・……………… 430
9−5 言葉の単位 …………………………………・……………… 432
9−6 係り結び ……………………………………・……………… 434
9−7 テニヲハ ……………………………………・……………… 436
9−8 五十音図 ……………………………………・……………… 438
9−9 いろは歌 ……………………………………・……………… 440
9−10 過去の日本語の発音とアクセント …………………… 442
9−11 西洋人の日本語研究 …………………………………・…… 444
9−12 辞書の歴史 ……………………………………………・…… 446


コラム

 語源コラム

 1 相撲に由来する言葉 ………………………………………・……  30
 2 歌舞伎に由来する言葉 ……………………………………・……  68
 3 女房言葉に由来する言葉 …………………………………・…… 138
  4 囲碁・将棋に由来する言葉 ………………………………・…… 210
 5 賭博に由来する言葉 ………………………………………・…… 286
 6 仏教語に由来する言葉 1 漢語系の言葉@ ………………… 289
 7 外来語に由来する言葉(1) ……………………………………・ 303
 8 商売・仕事に由来する言葉(1)………………………………・ 309
 9 日本語めいた漢語に由来する言葉 ……………………………・ 317
 10 芸能に由来する言葉 …・……………………………………… 323
 11 仏教語に由来する言葉 2 梵語(サンスクリット)系の言葉
             ………………………………………・…… 333
 12 外来語に由来する言葉(2) …………………………………… 365 
 13 仏教語に由来する言葉 3 禅宗系の言葉 ………………… 369
 14 外来語に由来する言葉(3) …………………………………… 375
 15 仏教語に由来する言葉 1 漢語系の言葉A …………… 382
 16 商売・仕事に由来する言葉(2)……………………………… 422
 17 漢語めいた日本語(=和製漢語)に由来する言葉 ……… 433
 18 和製英語に由来する言葉 …………………………………… 437
 19 フランス語に由来する言葉 ………………………………… 441
 20 ドイツ語・イタリア語・ロシア語に由来する言葉 ……… 448


 音声・音韻コラム
           
1「を」を指す言葉 ……………………………………………………… 162
2 声の作られ方――有声音・無声音 ………………………………… 163
3 音節と拍 ……………………………………………………………… 176
4 地名のアクセント …………………………………………………… 177
5 アクセントの式と型 ………………………………………………… 178


付 録

1 21世紀の新語・流行語 ………………………………………… 450
2 アルファベット略語 ……………………………………………… 462
 3 難しいカタカナ語(外来語の言い換え語) …………………… 477


索 引

 1 キーワード索引 …………………………………………………… 490
 2 語彙・文型索引 …………………………………………………… 504


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


編者紹介
     
中山縁朗(なかやま・ろくろう)                 
1947年栃木県宇都宮市生まれ。立教大学文学部日本文学科卒業、立教大学大
学院日本文学専攻(国語学)修士課程修了、同博士課程単位取得退学。 1981
年昭和女子大学短期大学部助教授、1990年同教授。1994年より作新学院
大学経営学部教授、現在に至る。博士(文学)。
主要著書に『平安・鎌倉時代古記録の語彙』(東宛社1995)、『動詞研究の
系譜一研究と資料」(明治書院1999)など。

飯田晴巳(いいだ・はるみ)
1946年大阪府大阪市生まれ。慶應義塾大学文学部国文学科卒業、青山学院大
学大学院文学研究科日本文学日本語専攻修士課程修了、同博士課程単位取得退学。
成城大学短期大学部講師、富士フェニックス短期大学教授を経て、現在、青山学
院大学・作新学院大学などで講師を務める。
主要著書に『基本漢字表』(笠間書院1980)、『明治を生きる群像一近代日
本語の成立−』(おうふう2002)など。     

陳 力衛(ちん・りきえい)                 
1959年中国・西安生まれ。黒竜江大学日本語学科卒業、北京大学大学院日本
語日本文学専攻修士課程修了、東京大学大学院人文科学研究科国語国文学専攻博
士課程単位取得退学。目白大学外国語学部教授を経て、現在、成城大学経済学部
教授。博士(文学)。
主要著書に『和製漢語の形成とその展開』(汲古書院2001)、『日本の諺・
中国の諺』(明治書院2008)、訳書に『奥州小道』(陝西人民出版社200
4)、『風土』(商務印書館2006)など。

木村義之(きむら・よしゆき)
1963年青森県青森市生まれ。早稲田大学第一文学部日本文学専修卒業、早稲
田大学大学院文学研究科日本文学専攻修士課程修了、同博士課程単位取得満期退
学。十文字学園女子短期大学専任講師、同大学社会情報学部助教授、大正大学文
学部准教授を経て、現在、慶應義塾大学日本語・日本文化教育センター准教授。
主要著書に『斉東俗談の研究一影印・索引−』(おうふう1995)、『隠語大
辞典』(皓星社2000)など。 

木村 一(きむら・はじめ)      
1971年東京都福生市生まれ。東洋大学文学部国文学科卒業、東洋大学大学院
文学研究科国文学専攻博士後期課程中途退学。東洋大学文学部助手、非常勤講師、
明海大学外国語学部日本語学科専任講師を経て、現在、東洋大学文学部日本文学
文化学科専任講師。
主要論文に
「『和英語林集成』「原稿」が依拠した一書−『雅俗幼学新書』との関わり−」
(「日本語の研究」1−2 日本語学会2005)など。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

執筆者

相澤貴之  飯田晴巳  石川 創  梅林博人  加藤和夫
加藤大鶴  木下哲生  木村 一  木村義之  小池清治  
近藤泰弘  坂本 恵  鈴木功眞  蘇 紅   陳 力衛
都染直也  永井悦子  中川秀太  中山縁朗  新野直哉
橋本和佳  三原裕子  宮田公治  山田昌裕  吉田光浩


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る