『勧化本の研究』 
  後小路 薫 著
               2010年2月28日、和泉書院発行
               A5判・638頁、16000円+税


 目  次

第一章 近世勧化本の展開 …………………………………………   1


近世勧化本の展開――四十八願を主題とするもの―― ………   3

近世真宗説教の方法 ………………………………………………  22

 『艶道通鑑』と勧化本 ……………………………………………  26

一万体地蔵流しの勧化本――その成立の環境―― ……………  30

「説教」名義考 ……………………………………………………  47


第二章 近世勧化本の思想 …………………………………………  65


 『近世往生伝』の性格――著者明春の教化意識―― …………  67

 近世唱導の太子伝 …………………………………………………  76

近世勧化本の極楽譚――善之丞の地獄極楽巡りの背景―― …  84

近世唱導の一怪異譚――福知山藩主稲葉紀通をめぐる―― …  94

近世学寮の怪談――女の生首譚をめぐって―― ……………… 105

浄土宗の蛇(龍)身済度譚の背景 ……………………………… 115
    ――『新御伽婢子』を手がかりに――


第三章	近世勧化本の種々相 ……………………………………… 131


 「鏡ケ池操松影」における因果について………………………… 133

説話文学に現われた安居院流 …………………………………… 142
    ――澄憲と聖覚を中心に――

『本朝怪談故事』への一視点 …………………………………… 146

厚誉春鶯の著述の性格 …………………………………………… 157

 『平太郎事蹟談』の成立 ………………………………………… 180

『御文来意鈔』の成立経緯 ……………………………………… 191

 義圭著述略考 ……………………………………………………… 203

 『因縁集』の出典 ………………………………………………… 223


第四章	唱導から芸能へ …………………………………………… 239


唱導から芸能ヘ――石山合戦譚の変遷―― …………………… 241

仏教の談義と講談 ………………………………………………… 258

教化の旅と説話――蓮盛と蓮体の行脚―― …………………… 262

松誉巌的著述攷 …………………………………………………… 272 
    ――西国洛陽三十三所の観音霊験記を中心に――

近世説話の位相――鬼索債譚をめぐって―― ………………… 288

唱導の一狐譚――『怪談信筆』の二話―― …………………… 302

勧化本写本にみえる省文 ………………………………………… 308

『西鶴諸国はなし』「十二人の俄坊主」の素材 ………………… 322

近世草子 …………………………………………………………… 335

親鸞の「明日ありと…」歌攷 附、「伝 親鸞聖人歌集」稿 … 346


翻 刻 ………………………………………………………………… 359


近世の唱導論書――『説法式要』巻一 ―― ………………… 361

勧信念仏集 ………………………………………………………… 392

如幻明春の著述――『浄土勧化撮要鈔』―― ………………… 412

南溟の勧化本――『樟葉道心因話録』―― …………………… 477

『浄土勧化論語』(翻刻) ……………………………………… 514

近世末期の唱導論書――『唱導百練鈔』―― ……………… 560


付 録 ………………………………………………………………… 583


近世勧化本刊行略年表 …………………………………………… 585

増訂 近世勧化本刊行略年表 …………………………………… 602


発表論文初出一覧 ………………………………………………… 633

跋 文 ……………………………………………………………… 636


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
■	著者紹介

後小路 薫(うしろしょうじ かおる)

昭和24年12月 豊前市に生まれる
同 47年 3月 北九州大学国文学科卒業
同 52年 3月 大谷大学大学院博士課程満期退学
同 62年 4月 大谷大学専任講師
平成 4年 4月 大谷大学助教授
同  7年 4月 別府大学助教授
同 13年 4月 別府大学教授
平成18年 3月 還浄(勧化院釈浄俊)

新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る