『江戸時代三都出版法大概――文学史・出版史のために――』 
     山本 秀樹 著

           2010年2月25日、岡山大学文学部発行
           岡山大学文学部研究叢書29
           A5判、322頁、非売品


 目  次


   はじめに ………………………………………………………   7

前提 一  研究史概観 ……………………………………………  13

前提 二 江戸時代の触

   一 ――主権上位者の命令が法になる ……………………  55
   二 ――理想の為政 …………………………………………  59
   三 ――触はくりかえされる ………………………………  63
   四 ――徳川禁令考 …………………………………………  70

前提 三 町触の種類

  一 町触 …………………………………………………………  74
  二 『大阪市史』「御触及口達」解題
  (一)御触及口達――大阪の触の種類(一) ………………  78
  (二)触・達――大阪の触の種類(二) ……………………  89
  (三)覚・口上之覚――大阪の触の種類に関する疑問 ……  98
  (四)覚・口触――京都の発令意識 ………………………… 100
  (五)書承触/口承触(口触・口達触) …………………… 103
  (六)発令手続による触の種別、あるいは本稿以外の課題
     について――江戸(および三都) …………………… 109
      付、『御触書寛保集成』二〇八七号菖蒲甲等節句
        飾り物贅沢品禁止令追考 ……………………… 118
  (七)付、「惣触」と「町触」 ……………………………… 122
  三 仲間触 ……………………………………………………… 125
   付、寛文十三年(一六七三)『江戸町触集成』一一一五公儀・
      迷惑・珍事出版申請制令(江戸)考 ……………… 126
     享保二十年(一七三五)『御触書寛保集成』二〇二六
      含将軍名出版許容規定(江戸)考 …………………… 128
     寛政二年(一七九〇)『御触書天保集成』六四一八・『江戸
      町触集成』九六二四書物草紙取締強化令(江戸)考 … 130                       
     同年『天保集成』六四一七新規出版停止・古代の事に
      よそおった草紙絵本禁止・浮説写本貸本禁止・
      作者不明本商売禁止令(江戸)考 ……………………… 137

             
本 章 三都町触による江戸時代出版法概観              
   一 使用史料 ……………………………………………………… 138
   二 一覧 …………………………………………………………… 139
   三 町触集成の限界 ……………………………………………… 187
   四 三都別制度の確認 …………………………………………… 191
   五 三都共通出版法(一)――天和二年(一六六八)高札…… 195
   六 三都共通出版法(二)――享保零年代町触 ……………… 201
    付、享保七年(一七二二)六月五日心中歌舞伎上演劇場・
     絵草紙屋吟味口達(大阪)・同年同月十一日迷惑絵草紙発禁
     口達(大阪) ………………………………………………… 234
   七 三都共通出版法(三)――江戸時代後期
    (一)文政六年(一八二三)暦触 …………………………… 242
      付、寛保元年(一七四一)朝廷儀礼関係書新規出版停止
        令(江戸・京都) …………………………………… 242
        三都個別暦触概況 …………………………………… 245
    (二)天保改革 ………………………………………………… 246
      付、弘化元年(一八四四)(江戸)嘉永二年(一八四九)
       (大阪)重板類板著述者権規定 ……………………… 252
   八 三都個別出版法――享保以前
(一)	今のところ最初の出版規制(京都正保元年・
   一六四四) ……………………………………………… 254 
(二)	明暦三年(一六五七)和軍書出版届出制(京都)…… 256
    (三)明暦三年同業者仲間申合禁止令(江戸) …………… 258
    (四)公儀・人の迷惑・珍しき事・はやり事・かわりたる事
・	浮説・虚説(寛文十三年・一六七三以後三都個別令)
        ………………………………………… 263
    (五)重板類板禁令(元禄十一年・一六九八以後上方令)
             ………………………………………… 272
   九 三都個別出版法――享保以後 ………………………… 278
    (一)前期以来の系列 …………………………………… 279
(二)新法 ………………………………………………… 280
(三)	観察 ………………………………………………… 281

結 び ……………………………………………………… 294

使用史料一覧・参考文献一覧 …………………………… 297

あとがき …………………………………………………… 313


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

著者略歴

山 本 秀 樹(やまもと ひでき)

 1964年(昭和39)徳島県生まれ
 1996年(平成8)京都大学大学院文学研究科博士課程修了
岡山大学大学院社会文化科学研究科准教授 
     
主要論文                  
「「菊花の約」と徂徠学派――「信」と「軽薄」――」(『文学』隔月刊第10巻
  第1号 岩波書店 2009年)
 「文学史用語「読本」の拠所」(『読本研究新集』3 翰林書房 2001年)
「事実と巷談書留――「唐人殺し」の実説の場合――」(「説話論集」10 
  説話の近世的変容 清文堂 2001年)


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る