『江戸狂歌壇史の研究』
    石川 了 著

             平成23年3月30日、汲古書院発行
             A5判、776頁、定価 18000円+税



江戸狂歌壇史の研究  目 次


序説 江戸狂歌の流行――天明末期までを中心に―― …………………   3
(一)	江戸狂歌の黎明 …………………………………………………   5   
(二)	天明狂歌の胎動 …………………………………………………   9
(三)	天明三年の大流行 ………………………………………………  12
(四)	天明狂歌界の展開と寛政改革 …………………………………  18

第一章 天明狂歌をめぐる諸相 ……………………………………………  29
第一節 浜辺黒人による江戸狂歌の出版 ………………………………  31
  (1)『栗能下風』 …………………………………………………   32
  (2)『初笑不琢玉』 ………………………………………………   41
  (3)『狂哥 猿の腰かけ』 ………………………………………   44
第二節 唐衣橘洲・四方赤良と三囲稲荷狂歌会 ……………………   50
  (1)『栗花集』の錯簡 ……………………………………………   50
  (2)『栗花集』入集の面々 ………………………………………   57
  (3)三囲稲荷狂歌会の性格 ……………………………………   60
第三節 『狂歌若葉集』の編集刊行事情 ……………………………   64
  (1)『狂歌若葉集』と『万載狂歌集』 ………………………   64
  (2)四方赤良・朱楽菅江への配慮と協力者の周辺 …………   66
   (3)『栗花集』から見る『狂歌若葉集』 ………………………   70
   (4)唐衣橘洲の意図と誤算 ……………………………………   74
 第四節 『狂歌師細見』の狂歌作者比定 ……………………………   78
第五節 連について――唐衣橘洲一派を中心に―― ………………  107
  (1)地域連と個人連 ……………………………………………  108
   (2)天明二、三年の唐衣橘洲一派 ……………………………  111
   (3)唐衣連(橘洲連)の成立 …………………………………  118
 第六節 「天明狂歌」名義考 …………………………………………  122
   (1)「天明狂歌」の呼称――発生の背景―― ………………  122
   (2)その後の「天明狂歌」と「天明調」・「天明風」 ………  131
   (3)「天明狂歌」の定着 ………………………………………  138
   (4)「天明狂歌」の範囲 ………………………………………  141

第二章 江戸狂歌作者点描 ………………………………………………  147
第一節 大田南畝と山道高彦・吉野葛子夫妻 ………………………  149
  (1)天明・寛政期 ………………………………………………  149
   (2)享和・文化期 ………………………………………………  154
 第二節 『蜀山人自筆文書』
      ――長崎出役前後の南畝から江戸の高彦ヘ―― ………  159
 第三節 大田南畝書簡十通 ……………………………………………  200
(1)	山道高彦宛七通――永年の親しき狂歌仲間ヘ―― ……  203
(2)	竹垣柳塘宛三通――若き忘年の知友ヘ―― ……………  223
 第四節 朱楽菅江 ………………………………………………………  235
   (1)略伝と家系 …………………………………………………  235
   (2)安永期までの動向とその戯作等 …………………………  237
(3)	天明期の狂歌活動 …………………………………………  241
(4)	寛政期と終焉 ………………………………………………  244
第五節	小金厚丸と旭間婆行
     ――狂歌資料から見る洒落本作者―― …………………  247
 第六節 浅草庵の代々 …………………………………………………  252
   (1)天明狂歌作者浅草庵市人 …………………………………  252
   (2)二世浅草庵大垣守舎 ………………………………………  254
      ア 略伝および浅茅庵時代まで …………………………  255
      イ 二世浅草庵時代 ………………………………………  259
   (3)三世浅草庵黒川春村 ………………………………………  261
      ア 略伝および随日園本蔭時代まで ……………………  261
      イ 三世浅草庵時代 ………………………………………  266
      ウ 春村における狂歌と浅草庵号 ………………………  274   
      エ 狂歌論書『歌道手引種』について …………………  276
   (4)四世浅草庵高橋広道 ………………………………………  278
      ア 黒川春村への入門以前 ………………………………  278
      イ 黒川春村門人時代 ……………………………………  280
      ウ 四世浅草庵時代 ………………………………………  286
第七節	 黒川春村門人村田元成
     ――天明狂歌作者加保茶元成の孫―― …………………  301
   (1)伝  記 …………………………………………………  301
   (2)三亭春馬としての戯作活動 ……………………………  304
   (3)狂歌作者としての活動 …………………………………  306
   (4)四世八文舎自笑と三玉堂の別号 ………………………  311

第三章	江戸狂歌の周辺 ………………………………………………  317
 第一節 江戸狂歌の地方伝播――天明期の尾張を中心に―― …  319
   (1)国付け作者の登場 ………………………………………  319
   (2)尾張作者の素性と動向 …………………………………  323
   (3)埋もれている尾張作者 …………………………………  325
   (4)その拠点と尾張酔竹連の基盤 …………………………  332
 第二節 入花制度の展開 ………………………………………………  337
   (1)発生基盤 …………………………………………………  337
   (2)寛政・享和期における動向 ……………………………  342
   (3)文化期狂歌会の多様化と全国化 ………………………  347
   (4)投吟募集チラシに見る文政期の実態 …………………  351
第三節	狂歌本の読本摂取――文政・天保期における試み――   364
  (1)『詠咏寄譚』について …………………………………  364
  (2)撰者らのその後――『歌の友ふね』・
             『栄花の夢』のことなど―― ……  374

第四章 江戸狂歌文化と尾張戯作界 …………………………………  383
第一節 尾張戯作者の背景――洒落本作者を中心に―― ………  385
   (1)文政期までの尾張関連狂歌本 …………………………  386
   (2)寛政・享和期の尾張戯作者 ……………………………  388
   (3)文化・文政期の尾張戯作者 ……………………………  396
   (4)尾張戯作者とその狂歌趣味 ……………………………  398                               
第二節 万巻堂菱屋久八の狂歌・戯作活動――若き日の本居内遠―― 402
   (1)文化期――時曳速躬・後佩詩堂右馬耳風時代―― …  402
   (2)文政前期――木綿垣秋津時代―― ……………………  408
   (3)文政後期から天保初期――榛園秋津時代―― ………  412
第三節 『■像百人 狂謌弄花集』の成立とその意義 …………  422
   (1)書誌と諸本 ………………………………………………  422
   (2)本文構成と成立事情 ……………………………………  429
   (3)特色と意義 ………………………………………………  433
 第四節 花山亭笑馬の生涯――付、二酔亭佳雪―― ……………  446
   (1)略 伝 ……………………………………………………  446
   (2)文政期における戯作活動 ………………………………  450
      ア 洒落本『青楼玉語言』と『角鶏卵』 ……………  450
      イ 人情本『津多加津羅』と『鯨舎気質 鶴毛衣』…  457
      ウ 石橋庵増井および榛園秋津との交流
          ――戯作・狂歌・啓蒙絵本―― ……………  460
   (3)天保期――本格化する狂歌活動―― …………………  470
   (4)弘化期以降の動静 ………………………………………  476
第五節 小寺玉晁の狂歌活動と山月楼扇水丸 ……………………  482
   (1)『玉晁 初哥集』と『狂歌玉水集』 ……………………  483
   (2)刊本に見る玉晁の狂歌活動 ……………………………  486
   (3)山月楼扇水丸について …………………………………  488
   (4)玉晁と水丸 ………………………………………………  494
 第六節 尾張耽古連の活動 …………………………………………  497
   (1)『乞児奇伝』 ………………………………………………  497
   (2)『骨董評判記』 ……………………………………………  503
第七節 雑賀重良氏旧蔵書に見る尾張と美濃の狂歌資料 ………  508

付篇 資料翻刻 …………………………………………………………  513
(1)『■像百人 狂謌弄花集』
     ――尾張狂歌作者五九〇名七一三首―― ………………  515
(2)『草庵五百人一首』
     ――黒川春村門人等二五〇名各一首―― ………………  609
 (3)『諸家小伝録』小伝集の部
     ――天保期狂歌作者八十一名―― ………………………  664

初出一覧 …………………………………………………………………  705

あとがき …………………………………………………………………  711

人名索引・書名索引 ……………………………………………………  〔1〕

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

著者略歴

石川 了(いしかわ りょう)
昭和25年 愛知県生まれ。
愛知県立大学文学部国文学科卒業、熊本大学大学院文学研究科修士課程修了、
北海道大学大学院文学研究科博士課程中退。
大妻女子大学講師補・専任講師・助教授を経て、現在、同大学文学部教授。博
士(文学)。

〔著書・編著〕
『西村本小説全集』全2巻(共編。勉誠社、昭和60年)        
『八文字屋本全集』全23巻(共編。汲古書院、平成4年〜同12年)
『江戸狂歌本選集』全15巻(共編。東京堂出版、平成10年〜同19年)
『西沢一風全集』全6巻(共編。汲古書院、平成14年〜同17年)
『喜嬉笑覧』全5巻(共編・岩波文庫、平成14年〜同21年)     
〔論文〕
「狂歌雑誌「みなおもしろ」細目」(「芸能文化史」第7号、昭和61年9月)
「挿絵作者としての西鶴―『五人女』巻一「舟行図」を中心に―」(「国文学
 解釈と鑑賞」第58巻8号、平成5年8月)
「柳亭種彦―合巻の代表作者」(「国文学 解釈と鑑賞」第66巻9号、平成13年
 9月)
「狂歌と川柳」(「国文学 解釈と教材の研究」第52巻9号、平成19年8月)
「古書販売目録―歴史・利用法・魅力―」(「日本古書通信」第74巻12号、平 平
 成21年12月)


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る