『駐米大使 埴原正直 生誕135年 没後77年を記念して』
雨宮正英 著

           平成23年年9月1日・雨宮正英 編集発行
           A4判、126頁、非売品



   目  次


写真 1  埴原正直 肖像写真  学生時代

写真 2  埴原正直 肖像写真  47歳 駐米大使時代  


はじめに ………………………………………………………………   4

1、生い立ちと初等教育 ……………………………………………   4

2、東京で英語を本格的に学び始める ……………………………   9

3、東京専門学校の学生時代 ………………………………………  11

4、妹の桑喜代 ………………………………………………………  17
    
5、弟の弓次郎 ………………………………………………………  19

6、東京専門学校得業前後の様子 …………………………………  20

7、現代に繋がる専門誌を編集 ……………………………………  20

8、外交官試験への挑戦 ……………………………………………  24


9、外交官としての歩み ……………………………………………  26

10、家督の相続 ……………………………………………………  31
            
11、人省初期の頃 …………………………………………………  32

12、外交上の活躍 セントルイス万博 …………………………  33

13、日露講和会議に随員として参加 ……………………………  35

14、『埴原報告』の作成 ……………………………………………  37

15、東郷平八郎海軍大将の訪米 ……………………………………  39

16、米国大使館で臨時大使 …………………………………………  40

17、本省で大臣官房 電信課長に就く ……………………………  40

18、墨国(メキシコ)へ出張 ………………………………………  40

19、飯田ミツとの結婚 ………………………………………………  46

20、サンフランシスコ総領事就任 …………………………………  49

21、石井菊次郎 遣米特派大使使節団随員 ………………………  53

22、本省勤務で通商局長、政務局長ヘ ……………………………  53

23、外務省のナンバー2 次官へと昇格 …………………………  55

24、外務省改革に取り組む …………………………………………  58

25、国際連盟の設立事務担当 ………………………………………  58

26、ルーマニア皇太子の訪日 ………………………………………  59

27、尼港事件について ………………………………………………  60

28、シベリアのポーランド孤児救済 ………………………………  61

29、ワシントン会議の全権委員として ……………………………  62
          
30、住まいの変遷と 麻布区桜田町の家 …………………………  64

31、ローマ法王庁との外交関係設定問題 …………………………  67

32、亜米利加合衆国駐箚 特命全権大使 …………………………  69

33、大使夫人としてのミツについて ………………………………  74

34 リトルハニーか スモールハニーか …………………………  78

35 米国の排日移民法問題 …………………………………………  79

   @ワシントン日本協会での演説 ………………………………  82

   A外務省の経過報告書 …………………………………………  83

   B簑原俊洋著『排日移民法と日米関係』 ……………………  86

36、帰朝 そして排日移民法修正の動き …………………………  92

37、埴原の講演会に同行したミツの旅行記 ……………………… 100

38、日米友好の青い目の人形 ……………………………………… 102

39、外務省退官以降の年表 ………………………………………… 103

40、母校早稲田大学との関係 ……………………………………… 104

41、ワシントン桜物語 ……………………………………………… 107

42、太平洋問題調査会 ……………………………………………… 110

43、昭和6年 病に倒れる ………………………………………… 111

44、軽井沢でリンドバーグの訪問 ………………………………… 113

45.埴原の逝去と その後の夫人 ………………………………… 115

46.埴原正直の人物像から学ぶこと ……………………………… 122

編集雑感・おわりに …………………………………………………… 124



新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る