『光源氏物語傳来史』
    
 上原作和 著


           2011年11月19日・武蔵野書院発行
           A5判、316頁、定価4000円+税



   目  次

はじめに …………………………………………………………………   7


一 源氏物語の時代 ……………………………………………………  21

  物語作家誕生 ………………………………………………………  21

1 紫式部、倫子家女房説をめぐって ……………………………  21

2 物語を書く女 ……………………………………………………  23

3 父亡き賢子の家 …………………………………………………  25

4 彰子後宮への初出仕 ……………………………………………  26

5 後宮女房・藤式部――日記の存在について …………………  29

6 紫式部の身分 私的上臈女房として …………………………  32

7 中宮彰子と紫式部 ………………………………………………  34

8 物語を書く女――作家・紫式部の誕生 ………………………  36

9 清少納言と小馬のこと …………………………………………  38

  『源氏の物語』誕生 ………………………………………………  40

1 豪華本作成の意味 ………………………………………………  40

2 昭和の源氏「成立論」の時代 …………………………………  41

3 『源氏物語』の浄書本と草稿本 ………………………………  42


二 「廿巻本『源氏物語絵巻』」詞書の本文史 ……………………  46
   ――「〈摂関家伝領本〉群」と別本三分類案鼎立のために

 1 徳川・五島本『源氏物語絵巻』の成立史論 …………………… 47 

 2 『源氏物語絵巻』詞書の本文批判 ……………………………… 52

3 摂関家傅来本系『源氏物語』の本文史 ………………………… 56

4 摂関家傅来の『源氏物語』本文史 ……………………………… 64

5 古伝本系別本第一類=摂関家傅米本系本文の価値 …………… 66


三 「秘伝」から「秘説」ヘ――『原中最秘鈔』の學史と學統 …… 75

1 『原中最秘鈔』の研究史 ………………………………………  75

2 広本『原中最秘鈔』注釈稿 ……………………………………  78

3 『原中最秘鈔』の成立 …………………………………………  93


四 源平政権交代史の幻影――『太平記』外伝 ……………………  107

1 歴史叙述の政治性 ………………………………………………  107

2 もうひとつの『太平記』 ………………………………………  108

3 御三家・紀州徳川家の論理 ……………………………………  112


五 伝阿仏尼等筆本『源氏物語』傳来史 ……………………………  120

1 阿仏尼本『源氏物語』研究史 …………………………………  120

 2 池田亀鑑と伝阿仏尼等筆本『源氏物語』 ……………………  122

3 鎌倉時代 小倉山荘から伏見宮へ ……………………………  129

4 江戸時代 伏見宮から紀州徳川家へ …………………………  130

5 昭和時代 売立で神戸、そして東洋大学図書館へ …………  133


六 佐渡時代の大島本『源氏物語』と挑園文庫 ……………………  142

1 高木文と田中とみ ………………………………………………  143

2 大島本『源氏物語』の成立事情 ………………………………  144

3 佐渡田中家と大島本『源氏物語』 ……………………………  149

4 鈴木重嶺と勝海舟、そして大島本『源氏物語』 ……………  152

5 吉見正頼と『源氏物語』 ………………………………………  159

6 桃園文庫の雅康臨模本『源氏物語』五四帖青焼き写真複製本文
                   …………………………… 162



七 〈戦国時代〉の『源氏物語』本文史研究 ………………………… 170

1 「帚木」巻の本文――続貂 ……………………………………… 170

2 近代の「伝阿仏尼等筆本」校訂本文 …………………………… 181

3 駿河御譲本と『源氏物語』傳来史 ……………………………… 186

4 飛鳥井源氏学と『源氏物語』學藝史 …………………………… 189

5 佐々木《大島本》本文批判定位の問題 ………………………… 194


八 『源氏物語』本文研究誌列伝 ……………………………………… 207

 1 山脇毅 河内本の発見 …………………………………………… 207

2 中村義雄 源氏物語絵巻詞書本文が古伝本系本文であること… 211

3 阿部秋生 諸本分類の作業仮設 ………………………………… 213
 
4 室伏信助 大島本源氏物語の本文研究 ………………………… 217

5 伊井春樹 大島本源氏物語本文と校訂方法 …………………… 219


九 池田亀鑑と桃園文庫の時代 ………………………………………… 228

1 幻の『源氏物語全註釈』――萩谷朴小伝 ……………………… 228

 2 水仙の花 …………………………………………………………… 230

 3 『校異源氏物語』の時代――桃園文庫の人物群像 …………… 234

4 桃園文庫の『源氏物語』 ………………………………………… 237


附 篇 ……………………………………………………………………… 247

 
一 葦手、歌絵を思ひ思ひに書け
    ――書と絵と歌の力と王朝物語の生成 ……………………… 249

はじめに ………………………………………………………………… 249

1 絵物語を読む女 …………………………………………………… 250

2 弥生十日の藤壷中宮物語絵合 …………………………………… 254

3 弥生二十日の物語絵合 …………………………………………… 256

 4 「梅枝」巻の物語論 ……………………………………………… 259

5 物語作者としての浮舟 …………………………………………… 265

結 語 …………………………………………………………………… 268


二 『光源氏物語傅来史』を読むための人物誌 ……………………… 273

1 徳川・五島本『源氏物語』の系譜 ……………………………… 273

2 伝阿仏尼等筆本所有者の系譜 …………………………………… 276

3 大島本成立期所有者の系譜 ……………………………………… 284

 4 大島本佐渡時代、貝塚田中家の系譜 …………………………… 286

5 太高雅太郎から古代学協会へ …………………………………… 294


資 料

源氏物語青表紙 定家流 河内本分別条々 …………………………… 303


初出一覧 …………………………………………………………………… 309


終わりに …………………………………………………………………… 312


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

◆	著者紹介
       
上原作和(うえはら さくかず)

1962年長野県佐久市生まれ。大東文化大学大学院博士課程単位取得退学。
博士(文学)―名古屋大学。現在、明星大学人文学部常勤教授。
著書に『光源氏物語の思想史的変貌』(有精堂)、『光源氏物語學藝史 右書左琴の思想』(翰林書房)。
編著に『人物で読む源氏物語』全20巻(勉誠出版)、『テーマで読む源氏物語論』全3巻(共編・勉誠出
版)『光源氏と薫の世界一冊で読む源氏物語訳注付』、『紫式部と和歌の世界一冊で読む紫式部家集訳注付』
(以上、共編・武蔵野書院)などがある。
創設40周年記念中古文学会賞、第二回全国大学国語国文学会賞受賞。


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る