『日本文法学の系譜』
      (ブックレット 近代文化研究叢書 8)
    
 山田 潔 著


          2012年1月11日・昭和女子大学 近代文化研究所発行
          B5判、138頁、定価800円+税



   目  次

 
1、はじめに ………………………………………………………   5


2、山田孝雄の文法理論 …………………………………………   7

 (1)『日本文法論』の成立 ……………………………………   7

(2)陳述と品詞分類 …………………………………………   9

(3)喚体の句と述体の句 ……………………………………  22


3、時枝誠記の文法理論 …………………………………………  35

(1)	鈴木朖と時枝誠記 ………………………………………  35

(2)	言語過程説と詞辞論 ……………………………………  38

(3)入子型構造形式 …………………………………………  59


4、渡辺 実の文法理論 ………………………………………  64

(1)『国語構文論』の意義 …………………………………  64

(2)叙述と陳述 ……………………………………………  64

(3)構文的職能と品詞分類 ………………………………  86

(4)敬語の5分類 …………………………………………  91


5.三上 章の文法理論 ………………………………………  96

(1)『現代語法序説』の特質 ………………………………  96

(2)有題文・無題文 ………………………………………  97

(3)	陳述度と軟式・硬式 ………………………………… 107

(4)「象は鼻が長い」論 …………………………………… 130


あとがき ……………………………………………………… 136


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る