『新島八重 愛と闘いの生涯』

   吉海 直人 著
 
       平成24年4月25日、角川学芸出版発行
       B6判、246頁、定価1600円+税





目  次
 

はじめに …………………………………………………………………   6


第一章	八重の生涯

初期 幕末のジャンヌ・ダルクあるいは会津の巴御前
     ―― 会津若松時代 ……………………………………  11

   コラム 1 什のおきて …………………………………………  21

中期 ハンサム・ウーマンあるいはクリスチャン・レディ
     ―― 新島襄との夫婦時代 ………………………………  23

   コラム 2 徳冨蘆花の見た八重 ………………………………  33

   コラム 3 八重は警察官 ………………………………………  52

後期 日本のナイチンゲール 
     会津魂再び――未亡人時代 ………………………………  56

   コラム 4 新島の名前について ………………………………  71

第二章	八重をめぐるエピソード

  1 八重と「板かるた」 ……………………………………………  76

  2 「明日の夜は」の歌をめぐって ………………………………  83

   コラム 5 八重は「荒城の月」のモデル? …………………  93

  3 八重歌集抄 ………………………………………………………  96

  4 前夫・川崎尚之助の新事実 …………………………………… 111

  5 偉大な兄・山本覚馬 …………………………………………… 120 

  6 日向ユキとの交流 ……………………………………………… 130

  7 やんちゃな満坊――教科書に載った新島夫妻 ……………… 137

  8 大久保真次郎・久布白落実の見た新島夫妻 ………………… 146

  9 八重と裏千家茶道 ……………………………………………… 153

第三章	懐古談

  1 男装して會津城に入りたる当時の苦心――懐古談 一 …… 163

  2 家庭の人としての新島襄先生の平生――懐古談 二 ……… 170

  3 新島八重子刀自の談片――懐古談 三 ……………………… 177

  4 新島八重子刀自懐古談――懐古談 四 ……………………… 190

  5 懐古談集成――懐古談 五 …………………………………… 208

   コラム 6 同志社は方言の寄り合い所帯 …………………… 210

   コラム 7 八重のお雛様と対面! …………………………… 232

   コラム 8 八重を演じた女優 ………………………………… 235


参考文献一覧 ……………………………………………………… 237

図版所蔵・出典一覧 ……………………………………………… 243

おわりに …………………………………………………………… 244


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

吉海直人(よしかい・なおと)

1953年、長崎県生まれ。國學院大学大学院博士後期課程修了。博士(文学)。国
文学研究資料館文献資料部助手を経て、現在、同志社女子大学表象文化学部
日本語日本文学科教授。専門は平安時代の物語文学・和歌文学。著書に『源氏
物語の乳母学』(世界思想社)、『だれも知らなかった百人一首』(ちくま文庫)、
『『住吉物語』の世界』(新典社選書)などがある。趣味の資料収集で、偶然、新島
八重の懐古談を入手したことが、八重の生涯を執筆する出発点となった。


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る