『ふるさとは遠きに在り』

   平林 文雄 著
 
          平成24年6月30日、発行
          発行所 弘報印刷株式会社自費出版センター
          A5判、100頁、非売品

 

  目 次


第一部 自分史関係 ……………………………………………………   6


一 私にとって「ふるさと」とは …………………………………   6

二 墳墓の地(長野県松本市波田六七四四) ……………………  17

三 叔母と「ヴェニスの舟唄」の思い出 …………………………  23

四 勤労動員学徒の戦争の回顧 ……………………………………  28

 五 追悼 峯岸義秋先生の御ことども ……………………………  31

六 餓死者と餓死寸前者と …………………………………………  35

 七 友人桧尾 元氏よりの便り 母よりの便り …………………  43

八 国立中央青年の家・木更津工業高等専門学校・早川敏明氏   45

九 掘り出し物の話(大岡 信氏と山本有幸氏と) ……………  46

一〇 歳々年々人同じからず ………………………………………  48

一一 挨拶・祝辞・弔辞等について ………………………………  50

 一二 祝 辞(生存者叙勲を祝して) …………………………  52

一三 山梨県立身延中(現、高等)学校 校歌 ………………  55

 一四 山梨県立身延中学校(青雲寮)寮歌 ……………………  55


第二部	研究余滴関連 ………………………………………………  56


一五 山本有三資料の探索 ………………………………………  56

一六 書誌の作成 ―山本有三の場合― ………………………  60

一七 鎌倉時代擬古物語研究の現況 ……………………………  62

一八 物語におけるモデルの問題 ………………………………  67
     ―『篁物語』と『なよ竹物語』―

一九 菊池 寛におけるモデルの変容と創作の関係 …………  75

二〇 文学作品としての古典日記執筆の契機とその意義 ……  81


 
第三部 創作篇 ………………………………………………………  82

 
 二一 真夏の岬 ……………………………………………………  82
  

あとがき ……………………………………………………………  99


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

著者紹介 平林文雄(ひらばやし・ふみお) 

1928年9月1日,長野県東筑摩郡波田村(現松本市波田6744)に出生
東北大学文学部卒業,同大学院修了(国語学専攻)
元:群馬県立女子大学文学部教授
現:高崎商科大学名誉教授

著書:近代文学関係
  近代文学鑑賞講座第18巻中島 敦(昭和34年12月,角川書店)
  日本近代文学大系第41巻山本有三集(昭和48年8月,角川書店)
  現代の文学(4名共編,昭和50年12月,笠間書院)
  近代の文学(4名共編,昭和51年7月,笠間書院)  
  戦後の文学(6名共編,昭和52年4月,笠間書院)
  山本有三「兄弟・不惜身命』(昭和54年2月,旺文社文庫)
  比軟文学―受容・鑑賞・研究(平成5年12月,和泉書院)
  中島 敦―注訳・鑑賞・研究(平成15年3月,和泉書院)
  山本有三研究―中短編小説を中心に(平成24年7月,和泉書院)

   国語学関係
  篁物語総索引(昭和47年3月,白帝社)        
  なよ竹物語研究並に総索引(昭和49年3月,白帝杜)
  土佐日記本文及索引(昭和50年7月,白帝社)
  篁物語乙本影印翻刻対訳校本索引(昭和53年4月,笠間書院)
  国語学研究論考(昭和60年5月,和泉書院)

   古典文学関係
  成尋阿闍梨母集の基礎的研究(昭和52年2月,笠間書院)
  参天台五●山記校本並に研究(昭和53年6月,風間書房) 
  我身にたどる姫君〔全〕(昭和59年4月,笠間書院)
  小野篁集・篁物語の研究(昭和63年11月,和泉書院)その他22冊


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る