『利根運河を完成させた男――二代目社長・志摩万次郎伝――』

   田村哲三 著
 
            2012年9月25日、崙書房発行
            新書判、168頁、定価1300円+税

 

      目   次


  まえがき ……………………………………………………   2


第一章 堅田時代 ………………………………………………  14

    湖族の自治都市堅田 …………………………………  14

    仏門への憧憬 …………………………………………  18

    商人の天分 ……………………………………………  22


第二章 東京での活躍 …………………………………………  28

    代言人となる …………………………………………  28

    政治家から商業そして経営者へ ……………………  31


第三章 利根運河会社 …………………………………………  35

    利根運河の概要 ………………………………………  35

    利根運河の誕生した歴史的背景 ……………………  37

    利根運河開削の計画 …………………………………  42

    利根運河会社の設立 …………………………………  46

    利根運河会社の株主および会計検査員になる ……  51

    利根運河会社二代目社長に就任 ……………………  58

    内務省土木局長宛に提出した陳情書 ………………  68

    日本製鉄会社の株事件 ………………………………  84

    利根運河会社の株と会社存亡の危機 ………………  90

    会社役員の自社株売買に関すること ………………  96

    利根運河株に関する中外商業新報の記事 …………  98


第四章	利根運河の完成 ……………………………………… 102

    利根運河開通の儀に付願書 ‥……………………… 102

    運河工事諸経費に関する上申書 …………………… 107


第五章	利根運河開削竣工式 ………………………………… 111

    志摩万次郎報告 ……………………………………… 112

    芳川文部大臣祝詞 …………………………………… 113

    石田千葉県知事祝詞 ………………………………… 114

    ムルドル工師祝詞 …………………………………… 116

    志摩万次郎答辞 ……………………………………… 119

    利根運河竣工式を報じる郵便報知新聞の記事 …… 120

    利根運河会社社長辞任 ……………………………… 123


第六章	その後の志摩万次郎 ………………………………… 128

    日本之前途 第一話 ………………………………… 132

    日本之前途 第二話 ………………………………… 137


(付)利根運河会社に関係し本書に登場した主な人物 …… 157


あとがき ………………………………………………………… 161


参考文献 ………………………………………………………… 165


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

田村哲三(たむら・てつぞう)
       
1938年茨城県つくば市生まれ
1957年誠文堂新光社入社、主に営業、広告宣伝、マーケティング部門を担当
誠文堂新光社、博文館新社、法学書院で営業代表歴任
現在「NPO法人流山史跡ガイドの会」理事・副会長
著 書―『近代出版文化を切り開いた出版王国の光と彰―博文館興亡六
    〇年』(法学書院)、『書籍出版のマーケティング―いかに本を売
    るか』(共著・出版ニュース社)、『出版広告必携』(共著・日本エディ
    タースクール出版部)         
現住所―〒270-0115
    千葉県流山市江戸川台西1-57-3            



新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る