『林羅山 ――書を読みて未だ倦まず――』

   鈴木健一 著
 
            2012年11月10日、ミネルヴァ書房発行
            B6判、244頁、定価3000円+税

 

      目   次


序章 すぐれた業績 低い評価 …………………………………………    1
    今日における低い評価  すぐれた業績  江戸時代における人気
    羅山の学問の本質


第一章 朱子学開眼 ………………………………………………………   13

  1 少年時代 …………………………………………………………   13
    誕生  建仁寺での日々  十五にして学を志す  日本人の宗教

  2 朱子学へ …………………………………………………………   20
    朱子学開眼  なぜ朱子学に惹かれたのか


第二章 藤原惺窩との出会い ……………………………………………   25

  1 公開講義 …………………………………………………………   25
    『論語集注』の公開講義  松永貞徳の後悔

  2 惺窩との出会い …………………………………………………   30
    惺窩との討議  惺窩と羅山  「既読書目」


第三章 徳川家康との日々――上 昇 …………………………………   39

  1 政治との関わり――仕 官 ……………………………………   39
    徳川家康に拝謁する  苟くも我を用うる者あらば
    家康の羅山登用の目的とは  徳川家康との日々  
    湯武放伐論  方広寺鐘銘事件  駿河版刊行  家康の死
    駿河文庫の書籍処分  従俗の論理

  2 学問の日々 ……………………………………………………   59
    排耶蘇――ハビアンとのキリスト教論争  
    儒仏論争――松永貞徳との間で  『延平答問』  『本草綱目』 
    『多識編』  理気不可分論の摂取


第四章 秀忠の時代――安 定 ………………………………………   79

  1 惺窩の死まで …………………………………………………   79
    羅山と永喜  『丙辰紀行』  『老子□斎口義』を読む
    泰伯皇祖説  藤原惺窩の死

  2 学芸にいそしむ日々 …………………………………………   92
    『棠陰比事』に訓点を施す  『巵言抄』  『孫呉摘語』
    有馬温泉へ赴く  『皇宋事宝類苑』に訓点を施す  『野槌』


第五章 家光による登用――権 威 …………………………………  109

  1 政治との関わり ………………………………………………  109
    家光、三代将軍になる  家光の御伽衆となる  御伽衆
    のふるまい  家光に拝謁する  家光の狩猟に扈従する  
     民部卿法印となる  武家諸法度の起草  「城内神廟霊
    鶴記」  政治への批判  朝鮮通信使の応接  羅山の
    無理な質問

  2 儒学者としての栄達 …………………………………………  130
    驚異的な読書の日々  『童観抄』  『孫子諺解』と
    『三略諺解』  『春鑑抄』  先聖殿の建設  釈菜と
    「歴聖大儒像」の制作  家光、先聖殿に参詣  先聖殿
    その後  神儒合一

  3 系図・歴史書の編纂 ………………………………………  149
  『寛永諸家系図伝』  将軍家譜  『本朝編年録』


第六章 文芸活動、そして家族 ……………………………………  155
 
  1 文芸活動 ……………………………………………………  155
    詩の贈答  『狐媚鈔』  『本朝神社考』  総合性、
    実証性、啓蒙性  詩仙堂  倭漢十題雑詠 『癸未紀行』
    『恠談』と『怪談全書』  体調悪化  寛永期の羅山

  2 家 族 ………………………………………………………  183
    妻・亀  弟・永喜  長男・叔勝  三男・驚峰と
    四男・読耕斎  孫・梅洞と鳳岡


第七章 家綱の時代 …………………………………………………  193

  1 晩年の日々 …………………………………………………  193
    家綱、将軍宣下  領地  最後の日光詣で  
    朝鮮通信使  文筆の事奉はる

  2 死の前後 ……………………………………………………  197
    妻の死  二十一史に挑む  死  鵞峰の詩


終章 羅山の望みは叶ったのか ……………………………………  209
    出世への欲望と知識への欲望  外部への影響の問題


参考文献  ……………………………………………………………  215

あとがき  ……………………………………………………………  225

林羅山略年譜 …………………………………………………………  227

主要人名・事項索引 …………………………………………………  巻 末


図版 51点収録

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
〈著者紹介〉
 
鈴木健一(すずき・けんいち)  

 1960年 生まれ。
     東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。
 現 在 学習院大学文学部教授。
     専攻は,日本古典文学(特に江戸時代の文学)。
     江戸時代初期の雅文壇,特に和歌の後水尾天皇と漢学の林羅山につい
     ての研究が中心で,詩歌全般や古典享受についての研究もある。
 著 書『近世堂上歌壇の研究』汲古書院,1996年。       
    『林羅山年譜稿』ぺりかん社,1999年。
    『江戸詩歌史の構想』岩波書店,2004年。          
    『江戸古典学の論』汲古書院,2011年。          
    『天皇と芸能』(共著)講談社,2011年など。 


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る