『歌論集 続連作と現代短歌』

   若宮 貞次 著
 
            平成25年1月6日、現代短歌社発行
            B6判、254頁、定価2500円

 

目  次


はじめに ……………………………………………………………………   7


1 万葉集の歌


「阿騎の野に宿る旅人」人麻呂の歌 …………………………………  12

「佐保過ぎて奈良の手向に」長屋王の歌 ……………………………  16

「しるしなき物を思はずは」旅人の歌 ………………………………  19


2 斎藤茂吉の歌


沙羅双樹花 ………………………………………………………………  26

一本の道 …………………………………………………………………  30

小竹林 ……………………………………………………………………  34

雉子 ………………………………………………………………………  39

嵯峨沢 ……………………………………………………………………  43

悲歎録 布野に中村憲吉君を哀悼す …………………………………  50


3 土屋文明の歌


冬葵の岬 …………………………………………………………………  56

大同雲岡 …………………………………………………………………  60

なづな一品種 ……………………………………………………………  67


4 連作の歌と前詞


(1)「藤の花」子規 ……………………………………………………  74

(2)「こほろぎ」左千夫 ………………………………………………  79

(3)「老耄すでに過ぎたり」文明 ……………………………………  84


5 連作の歌と主題


(1)韓国古都慶州 ……………………………………………………  92

(2)鬼瓦 ………………………………………………………………  98

(3)あと味 他 ……………………………………………………… 102


6 連作の歌と構想


(1)	唐墓壁画を見る ………………………………………………… 108
(2)	池上本門寺にて ………………………………………………… 111


7 連作の歌と語句


(1)「嵯峨沢」茂吉 ………………………………………………… 116

(2)タマノカンアオイ ……………………………………………… 119

(3)	更新 ……………………………………………………………… 123


8 重層による連作


松上雪 …………………………………………………………………… 130


9 想の類型


 (1)観察的な想の展開 ……………………………………………… 145
   「五月廿一日朝雨中庭前の松を見て作る」子規

 
(2)行動的想の展開「われは」子規 ……………………………… 150

(3)幻想的想の展開「鳥にありせば」子規 ……………………… 155

(4)	思考的想の展開「四月二十五日秀真へ」子規 ……………… 160

(5)	観賞的想の展開 ………………………………………………… 165      
    「病室のガラス障子より見ゆる……山吹の花」子規


10 連作の歌のストーリー性 


屋根の上 ………………………………………………………………… 172


11 連作の歌の評価


(1)	傍観者たり ……………………………………………………… 178

(2)	長安の月 ………………………………………………………… 182


「語句一覧表」 …………………………………………………………… 187


余談 ………………………………………………………………………… 192


私の連作実行例 …………………………………………………………… 196


(1)	よみがえる箜篌 ………………………………………………… 196

(2)	御遠忌法要 ……………………………………………………… 200

(3)	「山の辺の道」を歩く ………………………………………… 204

(4)	古代楽の遺品を見る …………………………………………… 209

(5)	平城山の古道を歩く …………………………………………… 213

(6)	恭仁京の跡に …………………………………………………… 216

(7)	芦生の森を歩く ………………………………………………… 221

(8)	新しき国 ………………………………………………………… 226

(9)	雲岡曇曜五窟 …………………………………………………… 230

(10)葛城古道忍海 ………………………………………………… 234

(11)京都御所・正倉院展・阿騎野等を巡る …………………… 238

(12)慈覚大師円仁 ………………………………………………… 242

(13)カタカナ ……………………………………………………… 246

(14)マンガ化嗚呼 ………………………………………………… 247

(15)歌劇「人麻呂」 ……………………………………………… 247

(16)二首又三首 …………………………………………………… 247

(17)いづこにいかに ……………………………………………… 249

 (18)万葉の本草 …………………………………………………… 249

(19)夏の小庭 ……………………………………………………… 250

(20)自愛 …………………………………………………………… 250


あとがき …………………………………………………………………… 253

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

はじめに


 この『続連作と現代短歌』は、『連作と現代短歌』(短歌新聞社 平成十九年刊)の姉妹篇です。
両書とも、連作の短歌とは何か、自問自答の小著です。
 先の『連作と現代短歌』では、万葉時代から現代までに、いかに連作の歌が作られているか、そ
の実例を通しての鑑賞が主になっています。
 このたびの『続連作と現代短歌』は、自分流の歌の分析による作品研究が主になっています。
 両書は、ともに、私の敬愛する、「アララギ」の先進歌人から学びながら、私ならではの歌を作
りたい、そう願っての実作と研究の書であると、そう思っている次第です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

著者略歴 
         
1926年(大正15年)山梨県南巨摩郡身延町(元、原村)に生れる
1947年(昭和22年)山梨師範学校卒業
1947年 山梨県公立学校勤務
1951年 東京都公立学校勤務
1954年 日本大学文学部国文科卒業
1985年 短歌雑誌「あかね」主宰    
1987年 東京都公立学校長退職
 著書
1969年「作文記述活動の発達研究」(実践国語賞)
1972年 歌集『山峡』(合著)短歌研究社刊
1988年 歌論『万葉集短歌所見』あかね発行所
1991年 歌集『少女と少年』短歌新聞社刊
1995年 歌集『野川集』あかね発行所
1998年 歌論『万葉植物と現代短歌』短歌新聞社刊
2005年 歌論『連作と現代短歌』短歌新聞社刊
2007年 歌集『小金井集』短歌新聞社刊   
2010年 歌集『続小金井集』短歌新聞社刊




新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る