『武家権力と文学 柳営連歌、『帝鑑図説』』

     入口 敦志 著
   
 
            2013年7月30日、ぺりかん社発行
            A5判、294頁、定価6300円+税

 
  目   次


序 章 武家の荘厳 ……………………………………………………   7
    一、はじめに …………………………………………………   8
    二、扁額奉納の意味 …………………………………………   9
    三、武家と和歌 ………………………………………………  26
    四、再び扁額奉納の意味 ……………………………………  35

第一章 柳営連歌考 ……………………………………………………  39

 第一節 将軍の連歌
    一、はじめに …………………………………………………  40
    二、家康と連歌 ………………………………………………  41
    三、秀忠の連歌 ………………………………………………  51
    四、家光の連歌 ………………………………………………  58

 第二節 二ノ丸権現様興廃記
    一、はじめに …………………………………………………  72
    二、『東照社縁起』の二ノ丸東照社 …………………………  73
    三、二ノ丸東照社創建 ………………………………………  79
    四、二ノ丸東照社荘厳としての文芸 ………………………  83
    五、二ノ丸東照社の廃止と忘却 ……………………………  85
    付、二ノ丸東照社関係略年表 ………………………………  88
    付録、翻字『二丸権現様鶴記』 ……………………………  92

 第三節 御連歌御由緒考――山田通孝に至るまで―― 
    一、はじめに …………………………………………………  98
    二、山田通孝の第三勤仕 ……………………………………  99
    三、烏森稲荷社神主山田氏の柳営連歌参入 ……………… 104
    四、鶴岡八幡宮少別当大庭氏と御連歌御由緒 …………… 108
    五、鶴岡八幡宮神主大伴氏の柳営連歌参入 ……………… 113
    六、芝神明宮神主西東氏の柳営連歌参入 ………………… 124
    七、宗教界の動きと柳営連歌 ……………………………… 131

第四節 稲荷社と柳営連歌
    一、はじめに ………………………………………………… 139
    二、烏森稲荷社山田氏 ……………………………………… 139
    三、柳営連歌における社家 ………………………………… 144
    四、三崎稲荷社和田氏 ……………………………………… 147
    五、末広稲荷社中村氏 付、行阿 ………………………… 152

第二章	『帝鑑図説』考 ……………………………………………… 157

 第一節 模倣と変容――『帝鑑図説』受容発端――
    一、はじめに ………………………………………………… 158
    二、最初の『帝鑑図説』 …………………………………… 159
    三、露台惜費 ………………………………………………… 167 
    四、戒主衣翠 ………………………………………………… 171
    五、任賢図治、掲器求言 …………………………………… 175
    六、図像の更なる変容へ …………………………………… 181

 第二節 唐冠人物の来歴
    一、はじめに ………………………………………………… 183
    二、秀吉以前の唐冠人物像 ………………………………… 183
    三、秀吉の唐冠 ……………………………………………… 189
    四、『帝鑑図説』の唐冠 ……………………………………… 195

第三節	唐破風考――武家の荘厳――
一、	唐破風とはなにか ……………………………………… 201
二、武家と唐破風 …………………………………………… 202
    三、帝鑑図における唐破風 ………………………………… 208
    四、荘厳としての唐破風 …………………………………… 214
    五、絵空事が現実に ………………………………………… 218
    六、中国への影響 …………………………………………… 221

 第四節 『帝鑑図説』の読まれかた――『帝鑑評』を中心に――
    一、『帝鑑評』各本について ……………………………… 225
    二、『帝鑑評』の成立 ……………………………………… 229
    三、仁愛による徳治主義への傾倒 ……………………… 234
    四、日本国の内照根本 …………………………………… 239
    五、池田光政の実践 ……………………………………… 248
    六、君と栽とはいづれか重き …………………………… 253

終章 権力と出版 …………………………………………………… 259

    一、最初の『帝鑑図説』、明・万暦期 ………………… 259
    二、家康の出版事業と秀頼版『帝鑑図説』の刊行 … 262
    三、和訳本『帝鑑図説』刊行 …………………………… 265
    四、幕府官版『帝鑑図説』刊行と将軍継承問題 ……… 266

【『帝鑑図説』関係略年表】 ……………………………………… 269
【初出一覧】 ……………………………………………………… 273
【参考文献一覧】 ………………………………………………… 275
【図版一覧】 ……………………………………………………… 286
 索引 …… 巻末

カバー図版 日光東照宮唐門彫刻、『帝鑑図説』「諌鼓語謗木」清、●唐氏版
..................................................
著者略歴        
入口敦志(いりぐち あつし)      
昭和37年(1962)、福岡県出身。九州大学大学院文学研究科博士課程中退。
博士(文学)(九州大学)。
人間文化研究機構国文学研究資料館助教。専攻、近世文学。      
著書、『仮名草子集成』(共著、東京堂出版)、『仮名草子語形分類索引』(共著、
 若草書房)。  


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る