『近松浄瑠璃の作劇法』
   原  道生 著
           2013年11月30日、八木書店古書出版部発行
           A5判、720頁、定価14000円+税

 
  目   次


第一部  総  論 ……………………………………………………………   1

近松の人となりと作品 …………………………………………………………   3
浄瑠璃作者・近松門左衛門 ……………………………………………………  31
近松の人物造型――劇的状況を担う人物像の諸相―― ……………………  48
近松門左衛門の浄瑠璃に見る「生と死」 ……………………………………  73
《コラム》近松生誕三百五十年にちなんで …………………………………  83
      ――生年・父祖・生地など――
     作者のいそがしさ――享保初年の近松―― ……………………  86

第二部  時代物(中期) ……………………………………………………  89

時代浄瑠璃における悲劇の特質 ………………………………………………  91
「やつし」の浄瑠璃化――煙草売り源七の明と暗―― …………………… 104
『大職冠』論(一)――近松以前―― ……………………………………… 142
  一、はじめに ……………………………………………………………… 142
  二、『讃州志度道場縁起』 ………………………………………………… 145
  三、謡曲『海人』と幸若舞曲『大職冠』・『入鹿』 …………………… 156
  四、近世初期の歌舞伎・浄瑠璃諸作の概観 …………………………… 179
  五、播磨掾の『大職冠魔王合戦』と加賀掾の『鎌足朝敵退治』 …… 188
  六、大英博物館所蔵の太夫不明正本『大織冠』 ……………………… 202
  七、角太夫の『大職冠』 ………………………………………………… 212
  八、初代嵐三右衛門の『大職冠』 ……………………………………… 219
  九、出羽掾座の『新大職冠』と治太夫の『大伽藍宝物鏡』 ………… 231
  十、土佐少掾の『大職冠二代玉取』 …………………………………… 243
  十一、山下半左衛門の『面向不背玉』 ………………………………… 256
  十二、初代市川団十郎の『傾城王昭君』 ……………………………… 273
  十三、土佐少掾の『遊女源平全盛競』 ………………………………… 281
『大職冠』論(二)――近松の『大職冠』―― …………………………… 301
『大職冠』論(三)――追録―― …………………………………………… 356
『嫗山姥』小論――時を得られなかった情念のゆくえ―― ……………… 378
《コラム》絵師又平の自負心 ………………………………………………… 383
     巧みな文章表現――『嫗山姥』二段目の語り出し―― ……… 386

第三部  時代物(後期) …………………………………………………… 389

浄瑠璃劇の完成 ………………………………………………………………… 391
近松の対「異国」意識 ………………………………………………………… 415
怪奇と謎解き――『井筒業平河内通』の場合―― ………………………… 427
『双生隅田川』試論――お家騒動劇としての精密化―― ………………… 448
「情」をめぐるドラマ――『関八州繋馬』の場合―― …………………… 468
《コラム》竹本筑後掾の死 …………………………………………………… 493
     和藤内らをめぐる二重の葛藤 …………………………………… 496
       ――血縁・面目・生さぬ仲の義理――
    『日本振袖始』あれこれ――その題材と題名―― ……………… 499
    「残された後寛」から「残る後寛」ヘ …………………………… 503
       ――近松の創った人物像――

第四部  世話物 ……………………………………………………………… 507

通れぬ戸口――近松世話物の場合―― ……………………………………… 509
近松世話浄瑠璃の劇空間 ……………………………………………………… 536
死の道行 ………………………………………………………………………… 548
「死」が許される条件――近松心中浄瑠璃の場令―― …………………… 559
『曽根崎心中』の意義――発生期の世話浄瑠璃として―― ……………… 571
近松世話浄瑠璃の評価の問題 ………………………………………………… 594
  ――松田修氏の『曽根崎心中』論に触れながら――
セリフの持つ表現力――近松世話物における脇役の事例の検証―― …… 611
《コラム》「安住の家」を失なった人々 …………………………………… 634
       ――近松世話物の主人公たち――
     九平次の設定 ……………………………………………………… 637
       ――『卯月九日/其の暁の 明星が茶屋』との関係――
     妙閑の無筆 ………………………………………………………… 643

第五部  余 滴 ……………………………………………………………… 645

近松の魅力――他者への思いやり―― ……………………………………… 647
近松の現代性――都会の青年たち―― ……………………………………… 656

あとがきに代えて――所収論文についての覚書―― ……………………… 665

参考文献一覧 ……………………………………………………………………(17)

索 引 ……………………………………………………………………………( 1)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

著 者 

原 道生(はら みちお)   
    1936年東京都生まれ
    東京大学大学院博士課程中退(単位取得)
    東京大学文学部助手、横浜市立大学文理学部助教授、
    明治大学文学部教授を経て、現在明治大学名誉教授

著書に『近松門左衛門』(新潮日本古典アルバム)』(新潮社、
1991)、『近松集(鑑賞・日本の古典)』(尚学図書、1982)、
『近松浄瑠璃集上・下(新日本古典文学大系)』(岩波書店、
1993、1995、共著)、『古典にみる日本人の生と死―いのちへ
の旅―』(笠間書院、2013、共著)、『日本文芸史―表現の流
れ―近世』(河出書房新社、1988、共著)

新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る