『板木は語る』

   永井 一彰 著
               2014年2月28日、笠間書院発行
                A5判602頁、12000円+税


  目 次

第一部●板木の意義 ……………………………………………………   11

  京都と古典文学――出版を中心に―― …………………………   13
    1 出版都市京都 ……………………………………………   13
    2 藤井文政堂の板木 ………………………………………   15
    3 失われた板木 ……………………………………………   17
    4 板木の学術的意義 ………………………………………   19

第二部●『おくのほそ道』の板木 ……………………………………   25

 1 『おくのほそ道』板木の旅路 …………………………………   27
 2 『おくのほそ道』蛤本の謎 ……………………………………   57
    1 蛤本の由来 ………………………………………………   57
    2 板木の仕立て方 …………………………………………   61
    3 板木由来の乱丁本 ………………………………………   81
    4 小蛤本『おくのほそ道』 ………………………………   86
    5 『おくのほそ道』の題簽 ………………………………   91

第三部●「芭蕉」という利権 …………………………………………  109

1 小本『俳諧七部集』 ……………………………………………  111
   はじめに …………………………………………………………  111
   1 安永三年江戸京五軒版 ……………………………………  114
   2 文化五年再刻京三軒版 ……………………………………  134
   3 文化五年京江戸五軒版 ……………………………………  146
   4 安政四年江戸大坂九軒版 …………………………………  148
   付 寛政版七部集の配列 ………………………………………  152
 2 小本『俳諧七部集』の重板 ……………………………………  155
   はじめに …………………………………………………………  155
   1 重板A本 ……………………………………………………  158
   2 重板C本 ……………………………………………………  160
   3 重板B本 ……………………………………………………  162
   4 重板D本 ……………………………………………………  163
   5 掌中俳諧七部集 ……………………………………………  166
   6 天保校正俳諧七部集 ………………………………………  169
   7 掌中本覆刻版 ………………………………………………  170
   8 弘化四年版横本 ……………………………………………  172
   9 弘化二年版袖珍本 …………………………………………  176
   10 嘉永四年版横本 ……………………………………………  179
   おわりに …………………………………………………………  181
 3 『七部大鏡』の版権 ……………………………………………  203
   はじめに …………………………………………………………  203
   1 『西国俳諧七部集』の一件 ………………………………  206
   2 『七部大鏡』の版権 付 『続猿蓑注解』 ……………  211
   3 『芭蕉翁句解参考』 ………………………………………  227
   おわりに …………………………………………………………  231

第四部●入木(いれき) ………………………………………………  241

 1 梅竹堂会所本の入木撰 …………………………………………  243
  1 会所梅竹堂 ……………………………………………………  243
  2 梅竹堂会所本の入木撰 ………………………………………  263
 2 『芭蕉翁発句集』の入木 ………………………………………  285
   はじめに …………………………………………………………  285
  1 『おくのほそ道』と『芭蕉翁発句集』 ……………………  286
  2 『芭蕉翁発句集』の板木の入木 ……………………………  289
 3 板木二題―厚さ・入木― ………………………………………  299
  1 板木の厚さ ……………………………………………………  300
  2 入木 ……………………………………………………………  302
 4 『山家集抄』の人木 ……………………………………………  313
   はじめに …………………………………………………………  313
  l 版本書誌 ………………………………………………………  314
  2 残存板木一覧 …………………………………………………  318
  3 板木の伝来 ……………………………………………………  320
  4 成立 ……………………………………………………………  322
  5 『山家集抄』の入木 …………………………………………  324
  6 他の例 …………………………………………………………  332

第五部●版権移動・海賊版・分割所有 ………………………………  345

 1 『笈の小文』の板木 ……………………………………………  347
  1 『笈の小文』の版本・板木 …………………………………  347
  2 『芭蕉翁/奥細道 拾遺』 …………………………………  352
  3 『笈の小文』の版権 …………………………………………  355
  4 『発句題林』のこと …………………………………………  358
  5 平野屋版『笈の小文』は初版か ……………………………  364
 2 『奥細道菅菰抄』の板木 ………………………………………  383
   はじめに …………………………………………………………  383
  1 『奥細道管菰抄』の版本と板木 ……………………………  385
  2 天明の大火と井筒屋の罹災 …………………………………  390
  3 大火後の井筒屋 ………………………………………………  394
   おわりに …………………………………………………………  400
 3 『七部解』と『七部木槌』 ……………………………………  403
 4 『冬の日注解』の板木 …………………………………………  413
  1 『冬の日注解』の版本 ………………………………………  413
  2 『冬の日注解』の板木 ………………………………………  417
  3 刊記の不審 ……………………………………………………  418
 5 竹苞楼の板木―狂詩集・狂文集を中心に― …………………  427
   はじめに …………………………………………………………  427
  1 板木により判明する事実 ……………………………………  430
  2 『太平楽府』の板木 …………………………………………  438
  3 『太平楽府』重板の一件 ……………………………………  440
  4 『太平楽府』の版本 …………………………………………  447
 6 板木の分割所有 …………………………………………………  461
   はじめに …………………………………………………………  461
  1 好古小録 ………………………………………………………  468
  2 好古日録 ………………………………………………………  472
  3 禁秘御鈔階梯 …………………………………………………  474
  4 茶経 ……………………………………………………………  476
  5 茶経詳説 ………………………………………………………  481
  6 百家g行伝 ……………………………………………………  483
  7 秘伝花鏡 ………………………………………………………  486
  8 謝茂秦詩集 ……………………………………………………  491
   おわりに …………………………………………………………  494
 7 『四鳴蝉』の板木 ………………………………………………  497

第六部●板木は語る ……………………………………………………  523

 1 佛光寺の板木 ……………………………………………………  525
 2 慶安三年版『撰集抄』の板木 …………………………………  531
  はじめに ……………………………………………………………  531
  1 『撰集抄』の版本 ……………………………………………  533
  2 慶安三年版の板木 ……………………………………………  536
  おわりに ……………………………………………………………  548
 3 俳書の板木 ………………………………………………………  549
  はじめに ……………………………………………………………  549
  1 『花段綱目』の内容と諸版本 ………………………………  552
  2 『花段綱目』の板木 …………………………………………  556
  3 俳書の内容 ……………………………………………………  560
  4 『花段綱目』三刻本の版元 …………………………………  563
 4 一茶等「七評ちらし」の板木 …………………………………  573
  はじめに ……………………………………………………………  573
  1 十評発句集 ……………………………………………………  574
  2 一茶等「七評ちらし」 ………………………………………  580
  3 一茶・石海両評奉額句合 ……………………………………  586

  あとがき ……………………………………………………………  597

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

あとがき
板木を研究対象として意識し始めたのは、平成六・七年ごろに京都の大書堂に大量の浮世絵復刻版が出ているのを見て、図書館収蔵資料として五〇〇枚ほどを一括購入したのがきっかけであったと思う。同じ大書堂の倉庫で一一〇〇枚ほどの書籍の板木に遭遇したのは、平成九年後期に与えられた内地研修期間中のことであった。聞けば、近世期に山城屋佐兵衛と名乗って本屋を営んでいた藤井文政堂から戦後に流出したものとのこと。この板木は内典・外典に分けて、内典の約六〇〇枚は大谷大学に引き受けていただき、外典の約五〇〇枚を奈良大学で引き取ることとなった。その後、文政堂に五〇〇枚ほどの板木が残っていること、また京都の印章店に文政堂から流出した板木が二〇〇枚ほど保存されていることも判明し、併せて大学へ運び込んで調査を行った。これが、平成十年から十三年にかけてのこと。十五年には浄土真宗佛光寺派本山佛光寺からの依頼を受け、三〇〇〇枚を超える収蔵板木の調査に入った。そして、十六年四月に竹苞楼の板木約二五〇〇枚を奈良大学へ搬入して整理・調査を開始。十七年六月には竹苞楼から奈良大学へそれらが全て譲渡されることになる。その後、十九年には大阪の中尾松泉堂の倉庫に半世紀近く眠っていた高野版の板木約五〇〇枚を引き取り、二十三年には京都の美術出版社マリア書房が昭和三十八年に出した「文楽人形版画集」他の板木約六〇〇枚を購入。この間、「当麻曼荼羅」板木・「春日版」板木・「一茶等七評発句合ちらし」の板木なども折々に買い漁り、現在に至っている。最終的に奈良大学の収蔵に帰した板木は五〇〇〇枚ほどに及ぶ。その調査の成果は折々にマスコミ・学会発表・論文などで紹介して来たが、いまその板木関係論文の一覧を発表年代順に示せば次のようになる。  【以下省略】

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

著者紹介

永井 一彰(ながい かずあき)

昭和24年岐阜県生まれ。滋賀大学教育学部卒。大谷大学大学院文学研究科博士後期過程満期退学。奈良大学文学部教授。博士(文学)。
著書に『蕪村全集・連句編』(講談社、分担執筆)『藤井文政堂板木売買文書』(青裳堂書店)『月並発句合の研究』(笠間書院)などがある。


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る