『山口静雄全詩集 牧歌』
  山口静雄 著
  山口廣子 編集
  前原 武 編集補佐
  
    2014年(平成26年)4月1日、黒豹社発行 
    A5判、202頁、非売品
                      
 目  次

序 文 …………………… 詩誌『黒豹』主宰 諌川正臣 ………   12

詩 I
 牧 歌 
  牧 歌 …………………………………………………………………   18
  西芳寺庭園 ……………………………………………………………   20
  山湯女 …………………………………………………………………   22
  剣を抜きて ……………………………………………………………   24
  橘の小島 ………………………………………………………………   26
  マリア像に寄せて ……………………………………………………   28
  一本の煙草 ……………………………………………………………   30
  草庵の秋 ………………………………………………………………   32
  賢 木 …………………………………………………………………   34
  春   …………………………………………………………………   36
  無垢受胎 ………………………………………………………………   38

 松林にたたずみて
  松林にたたずみて ……………………………………………………   42
  ローレライ ……………………………………………………………   44
  山荘の画室 ……………………………………………………………   46
  青春挽歌 ………………………………………………………………   48
  カントリーブルーズ …………………………………………………   50
  透明な壁 ………………………………………………………………   52
  秋の夕暮れ ……………………………………………………………   54
  孤 舟 …………………………………………………………………   56
  蟷螂と蜘蛛 ……………………………………………………………   58
  山 居 …………………………………………………………………   60
  愛 染 …………………………………………………………………   62

 山 辺
  山 辺 …………………………………………………………………   66
  渋 滞 …………………………………………………………………   68
  東 京 …………………………………………………………………   70
  山法師 …………………………………………………………………   72
  休 日 …………………………………………………………………   74
  帰 路 …………………………………………………………………   76
  カモシカ ………………………………………………………………   78
  ローカル線 ……………………………………………………………   80
  寺 庭 …………………………………………………………………   82
  晩 夏 …………………………………………………………………   84
  クリスマス ……………………………………………………………   86
  遠山よりも ……………………………………………………………   88

 中 秋 
  中 秋 …………………………………………………………………   92
  心 象 …………………………………………………………………   94
  皐 月 …………………………………………………………………   96
  晩 秋 …………………………………………………………………   98
  白 梅 …………………………………………………………………  100
  三畳記 …………………………………………………………………  102
  額紫陽花 ………………………………………………………………  104
  劇中歌 …………………………………………………………………  106
  凍て鶴 …………………………………………………………………  108
  野水仙 …………………………………………………………………  110
  春の終わりに …………………………………………………………  112
  黒百合 …………………………………………………………………  114

詩 U
  海底の女 ………………………………………………………………  118
  靴   …………………………………………………………………  120 
  帰 郷 …………………………………………………………………  122
  島海女 …………………………………………………………………  124
  冬茶事 …………………………………………………………………  126
  山路を行けば …………………………………………………………  128
  時ぞ夢なり ……………………………………………………………  130
  常緑草 …………………………………………………………………  132
  縁先で …………………………………………………………………  134
  祭(まち) ……………………………………………………………  136
  幸   …………………………………………………………………  138
  歩 道 …………………………………………………………………  140
  ブルーマリーン ………………………………………………………  142
  フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン ………………………………  144
  薪 能 …………………………………………………………………  146
  冬 桜 …………………………………………………………………  148
  寒 椿 …………………………………………………………………  150
  雪 竹 …………………………………………………………………  152

訳詩・訳解詩
  晩秋の園  シュテファン・ゲオルゲ ………………………  156
  黄水仙   ウィリアム・ワーズワース ……………………  158
  老漁夫の瞑想  ウィリアム・バトラー・イェイツ ………  160
  ヘレンに寄せて  エドガー・アラン・ポー ………………  162
  夏の夜明け  ウィリアム・モリス …………………………  164
  雪は降る  サルヴァトーレ・アダモ ………………………  166
  異国の薫り  シャルル・ボオドレエル ……………………  168
  おだまき  ジョーンズ・ヴェリー …………………………  170
  午後十時の幻滅  ウォレス・スティーヴンズ ……………  172
  身を横たえて  ハインリッヒ・ハイネ ……………………  174
  四月の訪れ  ライナー・マリア・リルケ …………………  176
  アネモネ   ライナー・マリア・リルケ …………………  178
  パパのワルツ  シオドア・レトキ …………………………  180
  飲酒二十首 其五  陶淵明 …………………………………  182
  飲酒二十首 其七  陶淵明 …………………………………  184
  蘇りし姿  D・G・ロセッティ ……………………………  186

跋 文 ―謝辞―  山口廣子 …………………………………  188
編集に加わって   前原 武 …………………………………  190
作品初掲載一覧  …………………………………………………  196
山口静雄略年譜 …………………………………………………  199
  題字揮毫  杉浦将江
  意匠装訂  船田正廣
  レイアウト 酒井智子

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
著者 
山口 静雄(やまぐち しずお)
1950年(昭和25年)7月20日 千葉県君津群佐貫町(現富津市)に生まれる。
1975年(昭和50年)3月 日本大学文理学部英文学科、第四学年中退。
1975年(昭和50年)4月 千葉県君津市公立学校事務職員。
1985年(昭和60年)4月 君津市立周西南中学校主事。
1993年(平成5年)4月 千葉県立安房博物館庶務課長。
1995年(平成7年)4月 詩の会「黒豹社」に入会、同人となる。同時に千葉県詩人クラブ会員、安房詩人会会員となる。
2007年(平成19年)4月 千葉県立長狭高等学校事務長。
2010年(平成22年)12月25日 不慮の事故により逝去。 

新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る