『芭蕉の創作法と『おくのほそ道』』
  大輪靖宏 著
  
    平成26年年12月5日、本阿弥書店発行 
    B6判、264頁、定価2600円+税
                      
 目  次

第一部 芭蕉に学ぶ創作法

第一章 芭蕉の言葉に学ぶ
    発句は取り合わせ物 ……………………………………………  10
    取り合わせのための苦労 ………………………………………  14
    不適当な取り合わせ ……………………………………………  17
    効果的な取り合わせ ……………………………………………  19
    行きて帰る心の味はひ …………………………………………  20
    金を打ちのべたるごとく ………………………………………  23
    道の辺の木槿 ……………………………………………………  26
    言ひ尽くすものにあらず ………………………………………  28
    言い尽くさないことの大切さ …………………………………  31
    句の広がりを求めて ……………………………………………  33

第二章 芭蕉の言葉や句をもとに俳句のさまざまを考える
    上手に嘘をつく …………………………………………………  36
    季の詞の使い方 …………………………………………………  39
    季の詞の選び方 …………………………………………………  43
    地名利用の面白さ ………………………………………………  48
    伝統的素材たる時鳥 ……………………………………………  51
    我々は読めているのか …………………………………………  57
    再び我々は読めているのか ……………………………………  61
    古人の言葉の指し示すもの ……………………………………  65
    発句と俳句の違い ………………………………………………  69
    初心者時代の注意に囚われるな ………………………………  73
    多作多捨の真の意味 ……………………………………………  78
    推敲の例 …………………………………………………………  83

第三章 芭蕉の句の状況の作り方
    芭蕉句における場との関係 ……………………………………  86
    荒海の句はどこで詠まれたか …………………………………  87
    七夕の句としての荒海の句 ……………………………………  90
    「荒海や」の句に与えられた背景 ……………………………  93
    「銀河の序」の前段階と思われるもの ………………………  97
    「銀河の序」が『おくのほそ道』に入っていない理由 …… 100

第四章 芭蕉の色彩感覚
    透明な白 ………………………………………………………… 104
    感覚にしみる白 ………………………………………………… 108
    鮮やかな赤 ……………………………………………………… 113
    暑さを感じさせる赤 …………………………………………… 117
    生命の緑 ………………………………………………………… 119
    黒その他 ………………………………………………………… 121
    色への芭蕉の敏感さ …………………………………………… 124

第五章 芭蕉から考える俳文の可能性
    俳文とは何か …………………………………………………… 128
    俳文の実例としての『風俗文選』 …………………………… 130
    現代における俳文 ……………………………………………… 132
    これからの俳文 ………………………………………………… 135


第二部 『おくのほそ道』における芭蕉の試み

第一章 『おくのほそ道』における芭蕉の意図
    『おくのほそ道』の多面性 …………………………………… 140
    『おくのほそ道』の虚構 ……………………………………… 141
    石巻の項にみる虚構 …………………………………………… 143
    宿のない苦しみという虚構 …………………………………… 147
    旅の苦しみを強調 ……………………………………………… 149
    修業としての旅の苦しみ ……………………………………… 152
    かつみを探し求める虚構 ……………………………………… 154
    白河での風雅への接し方 ……………………………………… 159
    風雅追求から何が生まれるか ………………………………… 162
    句の不均衡さは意図的 ………………………………………… 164
    句が作れないということを示す前半部 ……………………… 167
    白河の関での句 ………………………………………………… 169
    『おくのほそ道』の主人公の姿 ……………………………… 173
    芭蕉の実際の体験と後半部の充実 …………………………… 174
    風雅体験としての旅の大切さ ………………………………… 176
    少ない風景描写 ………………………………………………… 177
    精神的体験重視の文章 ………………………………………… 179
    後半部の大きな実り …………………………………………… 180

第二章 『おくのほそ道』における句の種々相
    『おくのほそ道』の句 ………………………………………… 183
    紀行文という形式を拒否した『おくのほそ道』 …………… 184
    紀行という概念に囚われない作品 …………………………… 186
    少ない実景描写 ………………………………………………… 187
    精神的な体験を重視 …………………………………………… 189
    精神的体験から生まれる句 …………………………………… 191
    前半部の句の特徴 ……………………………………………… 193
    精神的体験をもとにしての句 ………………………………… 196
    あらたうとの句の特殊性 ……………………………………… 199
    後半部の句の特性 ……………………………………………… 201
    挨拶句は後半部にも多い ……………………………………… 205
    『おくのほそ道』に見る句のさまざま ……………………… 207

第三章 『おくのほそ道』の文章
    『おくのほそ道』の文章の性質 ……………………………… 210
    松島の描写における浙江の潮 ………………………………… 211
    読者が想像を膨らますように ………………………………… 215
    細部にこだわらぬ叙述 ………………………………………… 220
    読者の心に暗示を与える ……………………………………… 224
    文章で表現できないことから生じる効果 …………………… 225

第四章 『おくのほそ道』における曾良の句の役割
    曾良の句はどう使われたか …………………………………… 228
    出羽三山での曾良の句 ………………………………………… 229
    尾花沢での曾良の句 …………………………………………… 232
    尾花沢の句の挨拶性 …………………………………………… 234
    起承転結とする考え方 ………………………………………… 239
    ここは起承転結ではない ……………………………………… 242
    現実へ引き戻す曾良の句の現実性 …………………………… 245
    出羽三山での曾良の句 ………………………………………… 247
    湯殿という語の二様性 ………………………………………… 251
    曾良の句のまた別の役割 ……………………………………… 255
    意図的に配置された曾良の句 ………………………………… 257


あとがき …………………………………………………………………… 262


著者紹介
            
大輪靖宏(おおわ・やすひろ)
   
1936年東京生まれ。上智大学名誉教授・文学博士。      
慶應義塾大学文学部卒業、同大学院修了。公益社団法人日本伝統俳
句協会副会長。国際俳句交流協会常務理事。横浜俳話会顧問。輪の
句会主宰。上智句会代表。著書に『上田秋成文学の研究』(笠間書
院)、『上田秋成 その生き方と文学』(春秋社)、『芭蕉俳句の試み』
(南窓社)、『俳句に生かす至言』(富士見書房)、『俳句の基本とその
応用』(角川学芸出版)、『なぜ芭蕉は至高の俳人なのか』(祥伝社)、
『大輪靖宏句集』(日本伝統俳句協会新叢書シリーズ)他がある。

新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る