『下里知足の文事の研究 第二部 論文篇・第三部 年表篇』
   森川 昭 著
            2015年1月31日、和泉書院発行
            A5判、885頁、定価18000円+税

口絵
 寂照(知足)画像・寂照筆和歌懐紙
 下里知足墓 湛然庵跡
 下里知足夫妻墓 請願寺
 「絵屏風や」歌仙
 芭蕉筆「むまに寝て・みちのべの」句文懐紙
 芭蕉筆「ほしざきの」発句自画賛

目次

凡例

第二部 論文篇

下里知足の生涯 …………………………………………    3      
延宝四年西鶴歳旦帳 ……………………………………   87
延宝七己未名古屋歳旦板行之写シ ……………………  113
知足時代の鳴海歳旦事情 ………………………………  124
大柿鳴海桑名名古屋四ツ替リ …………………………  136
新出芭蕉評巻二点をめぐって …………………………  147
喚続集の成立 ……………………………………………  170
西鶴と知足 ………………………………………………  239
西鶴と地方知識人 ………………………………………  260
新古ふた道――延宝〜貞享期の地方俳壇―― ………  288 
知足宛幸秋書翰考 ………………………………………  294
西鶴第七書翰をめぐって ………………………………  300
熱田宮雀の成立――了心=了真=兼頼をめぐって――  308
高政の名古屋来遊 ………………………………………  327
芭蕉と知足 ………………………………………………  332
冬の日前後の芭蕉と知足 ………………………………  352
冬の日以前の山本荷兮 …………………………………  363
貞享三年十月寂照宛芭蕉書翰 …………………………  378 
芭蕉歳旦状及び俳諧探勝集 ……………………………  382
鳴海眺望歌仙草稿と延宝四年歳旦掲載書翰 …………  390
「めづらしや」歌仙草稿・素堂書翰 …………………  401
伊良古崎紀行真蹟・奥州餞等発句切 …………………  408
おくのほそ道「暑き日を」の周辺 ……………………  415
おくのほそ道「暑き日を」の周辺・その後 …………  429
浄古一件・鳴海寂照口上之覚 …………………………  435
多日万久羅 ………………………………………………  444
千鳥掛の成立 ……………………………………………  461
千鳥塚の建立――付・粟塚のこと―― ………………  479 

第三部 年表篇

下里知足年表

慶長二年 …………………………………………………  505
慶長一六年 ………………………………………………  506
慶長一九年〜二〇年 ……………………………………  508
寛永一七年 ………………………………………………  508
慶安四年 …………………………………………………  508
承応三年 …………………………………………………  509
明暦二年 …………………………………………………  509
万治二年 …………………………………………………  510
寛文二年 …………………………………………………  512
寛文三年 …………………………………………………  512
寛文四年 …………………………………………………  537
寛文五年 …………………………………………………  538
寛文六年 …………………………………………………  539
寛文七年 …………………………………………………  540
寛文八年 …………………………………………………  542
寛文九年 …………………………………………………  544
寛文一〇年 ………………………………………………  545
寛文一一年 ………………………………………………  546
寛文一二年 ………………………………………………  550
寛文一三年(延宝元年) ………………………………  553
延宝二年 …………………………………………………  555
延宝三年 …………………………………………………  560
延宝四年 …………………………………………………  562
延宝五年 …………………………………………………  565
延宝六年 …………………………………………………  575
延宝七年 …………………………………………………  587
延宝八年 …………………………………………………  596
延宝九年(天和元年) ………… ……………………  605
天和二年 …………………………………………………  612
天和三年 …………………………………………………  615
天和四年(貞享元年) …………………………………  626
貞享二年 …………………………………………………  630
貞享三年 …………………………………………………  635
貞享四年 …………………………………………………  642
貞享五年(元禄元年) …………………………………  665
元禄二年 …………………………………………………  670
元禄三年 …………………………………………………  671
元禄四年 …………………………………………………  675
元禄五年 …………………………………………………  678
元禄六年 …………………………………………………  680
元禄七年 …………………………………………………  684
元禄八年 …………………………………………………  689
元禄九年 …………………………………………………  697
元禄一〇年 ………………………………………………  713
元禄一一年 ………………………………………………  727
元禄一二年 ………………………………………………  748
元禄一三年 ………………………………………………  764
元禄一四年 ………………………………………………  786
元禄一五年 ………………………………………………  803
元禄一六年 ………………………………………………  824
元禄一七年(宝永元年) ………………………………  847
宝永二年 …………………………………………………  870
宝永三年 …………………………………………………  871
宝永六年 …………………………………………………  872
正徳二年 …………………………………………………  873
正徳五年 …………………………………………………  873

あとがき
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
あとがき

 本書第二部論文篇に所収の諸稿は、古くは昭和四一年から半世紀近くの長きにわたって発表して来たものである。その間に得た新しい知見も少なくない。とりわけ知足日記の原本の年次順の調査が可能となった昭和六〇年代初めからは、紙背文書を含めて多くの情報を得ることができるようになった。それに従って旧稿の補訂が必要になったところもある。また研究専門誌に書いたもの、一般向け出版物に書いたもの、あるいは講演の記録もあり、表記や文体に不統一が生じた。内容の重複した部分も多い。諒とせられたい。
 本書第三部年表篇は、下里知足の日記から文事・芸能・風俗・知足生涯の特記事項を摘記し、併せて日記以外の関連資料を加えて編んだものである。関連資料は調査し得た資料をなるべく広く網羅し、「下里知足資料集」を意図したものである。
 長年にわたって格別の御高配を賜った下郷君雄様はじめ千代倉家の皆様、貴重な資料の掲載を許された伊藤圭太様、宇佐美魚目様、下郷徹馬様、下郷秀郎様、岩田洗心館、天理大学附属天理図書館、名古屋市博物館に深甚なる感謝の意を表する次第である。
 長島弘明、塩村耕の両氏には調査の段階から刊行まで終始御協力・御教示をいただいた。記して謝意を表する。
 思えばこの半世紀近くの間にお世話になった方々で故人となられた方も多い。御冥福をお祈り申し上げる。そして私自身も老いて今は介護付老人ホームに身を置いている。試験時間の終わり間際になってやっと曲がりなりに答案を書き上げた心境である。
 終わりに、不備だらけの原稿を丁寧に調整し刊行にまでこぎつけて下さった和泉書院社長廣橋研三・和美御夫妻に心からの謝意を表したいと思う。
  平成二六年一一月一九日
          レストヴィラ座関谷戸山公園にて  森川 昭

*本書の成るについて、「千代倉家文書の調査研究」に対して財団法人鈴渓学術財団(昭和六三年度)及び財団法人三菱財団(平成三・四年度)より助成金を賜ったことを明記し謝意を表するものである。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
著者略歴
森川 昭(もりかわ あきら)
昭和七年八月二十九日生。
東京大学国文学科卒。同大学院博士課程単位取得。
現在、東京大学名誉教授。
編著、「古典俳文学大系・貞門俳諧集(一)(二)」(共編)、
「俳人の書画美術 貞徳・西鶴」、「谷木因全集」、「卜養狂歌絵巻」、
「俳諧とその周辺」、「春夏秋冬」など。
住所 〒 252−0024 神奈川県座間市入谷 
4−2741−3−116

新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る