『近世手習塾の地域社会史』
   石山秀和 著

立正大学大学院文学研究科研究叢書
近世史研究叢書 39
            2015年1月31日、岩田書院発行
            A5判、366頁、定価7900円+税

目  次

序 章 手習塾にみる庶民教育研究の課題 …………………………   7

 一 研究課題と研究史の概観 ………………………………………   7
二 本論文における研究方法 ………………………………………  10

第一部 江戸周辺農村の教育

第一章 手習塾の普及―村落文化の視点から― …………………  17
  はじめに ……………………………………………………………  17
  一 袖ケ浦地域における手習師匠 ……………………………  18
  二 袖ケ浦地域における村医者 ………………………………  23
  三 袖ケ浦地域における算術家 ………………………………  29
  四 袖ケ浦地域における武術 …………………………………  30
  おわりに ……………………………………………………………  31

第二章 手習塾の普及と寺院―熊谷地域を事例として― … 35
  はじめに ……………………………………………………………  35
  一 武蔵地域における庶民教育の普及 ……………………  36
  二 熊谷地域にみる教育の普及 ……………………………  39
  おわりに ………………………………………………………………  41 

補論一 戦後建立の筆子塚にみる「江戸」の「教育社会」 … 45
  はじめに ……………………………………………………………  45
  一 浄安寺住職島山晋快の履歴 ……………………………  47
  二 筆子塚建立までの経緯 …………………………………  49
  三 筆子塚の碑文 ………………………………………………  52
  おわりに ………………………………………………………………  57

第三章 手習塾「尚古堂」の考察
      ―門人と教育内容の分析を中心に― …………  61
  はじめに ……………………………………………………………  61
  一 近世後期幕府の文教政策と村落 ……………………  61
  二 手習塾「尚古堂」 …………………………………………  69
  三 手習塾の役割とその影響 ……………………………  77
  おわりに ………………………………………………………………  80

第四章 手習塾「安川舎」の考察
      ―手習塾の地域社会内での位置― ……………  85
  はじめに …………………………………………………………  85
  一 藤原新田の概要と手習塾の普及状況 …………………  86
  二 手習塾安川合舎の成立と門人 ……………………………  88
  三 木下街道周辺地域の家族構成 ……………………… 100
  四 安川舎における教育内容 …………………………… 102
  五 手習塾安川舎の展開と門人 ………………………… 108
  六 村方騒動と手習塾安川舎 …………………………… 116
  おわりに ……………………………………………………………… 124

第五章 「大野塾」にみる江戸時代の教育文化 …………… 131
  はじめに ………………………………………………………… 131
  一 手習師匠大野雅山と篠津村周辺地域 ……………… 132
  二 手習塾と家族 …………………………………………… 137
  三 手習塾での教育文化―門人文吉の不行跡から― … 141
  おわりに ……………………………………………………………… 154

第六章 手習師匠の文化活動と地域社会 ……………………………… 159
  はじめに …………………………………………………………… 159
  一 日記にみる安川家の文化活動 ………………………………… 160
  二 村人の読書と安川家の「蔵書」 ……………………………… 166
  三 安川家の文化活動と姻戚関係 …………………………………… 174
  おわりに …………………………………………………………………… 178

第二部 都市江戸の教育

第一章 幕末維新期における江戸東京の手習塾 ………………………… 189
  はじめに ……………………………………………………………… 189
  一 『開学明細調』について ……………………………………… 190
  二 『開学明細調』にみる手習塾と教育内容 …………………… 192
  三 江戸の手習塾の継承と変化
      ―『江戸方角』から『東京方角』ヘ― ………………… 202
  おわりに …………………………………………………………………… 206

第二章 天保改革期における幕府の「教育」政策と手習師匠 ……… 215
  はじめに ……………………………………………………………… 215
  一 天保改革における幕府の庶民「教育」政策 …………………… 216
  二 手習師匠の褒賞 …………………………………………………… 220
  三 『六諭衍義大意』の手習師匠への頒布 ………………………… 251
  おわりに ―天保改革期における「教育」政策の本質― ………… 255

第三章 近世後期における江戸の「教育社会」と門人形成 …………… 259
  はじめに ………………………………………………………………… 259
  一 関東農村にみる手習師匠の遊学 …………………………………… 260
  二 都市江戸における手習塾の実態 …………………………………… 267
  三 江戸における「教育社会」の諸相 …………………………………… 281
  おわりに ………………………………………………………………………… 293

第四章 手習師匠 曲亭馬琴 ……………………………………………………… 299
  はじめに …………………………………………………………………… 299
  一 馬琴による手習塾経営 …………………………………………………… 299
  二 戯作にみる馬琴の教育観 ………………………………………………… 302
  おわりに …………………………………………………………………………… 312

第五章 江戸の手習塾と年中行事 ………………………………………… 315
  はじめに ……………………………………………………………………… 315
  一 江戸の初午 ……………………………………………………………… 316
  二 手習塾における入門日 ―通説と事実― ……………………… 319
  三 往来物にみる「初午」 …………………………………………… 321
  おわりに …………………………………………………………………………… 324

補論二 絵画にみる江戸の教育 ………………………………………………… 331
  はじめに ……………………………………………………………………… 331
  一 明治以後に描かれた手習塾の風景 ……………………………… 332
  二 同時代に描かれた手習塾の風景 ………………………………… 334
  三 教訓書・往来物などの挿絵に描かれた手習塾 ………………… 338
  おわりに …………………………………………………………………………… 342

結語 近世における手習塾のあり方 ………………………………………… 345

あとがき ……………………………………………………………………………… 355

索 引 ………………………………………………………………………………… 巻末

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
著者紹介
        
石山秀和(いしやま ひでかず)

1969年 東京生まれ                      
立正大学大学院文学研究科博士後期課程修了、博士(文学)
立正大学文学部助手、東京都江戸東京博物館都市歴史研究室専門研究員、
学芸員を経て、現在は立正大学文学部准教授
主要論著
『図説 江戸の学び』(市川寛明との共著、河出書房新社、2006年)
「江戸近郊農村にみる手習塾の展開と地域社会―下総国葛飾郡藤原新田手
 習塾安川舎の事例―」(『千葉史学』35号、1999年)
「幕末維新期における江戸東京の手習塾と教育内容について」
 (『東京都江戸東京博物館研究報告』9号、2003年)
「近世後期における江戸の「教育社会」と門人形成]    
 (『関東近世史研究』65号、2008年)

新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る