『『西鶴諸国はなし』の研究』
  宮澤 照恵 著
  
    2015年年3月25日、和泉書院発行 
    A5判、556頁、定価13500円+税
                      
 目  次

はじめに ……………………………………………………………………   ⅰ

第一部 基礎的研究

 第一章 諸本調査報告―先後と版行状況― ……………………………   3

 第二章 綜覧―成立論・方法論への手掛かりとして― ………………  43
   付表1 三五話の梗概 ………………………………………………  86
   付表2 『西鶴諸国はなし』縦覧 …………………………… (巻末折込)

第二部 構想と成立試論

 第一章 書誌形態から見えてくるもの …………………………………  93

第二章 巻四「力なしの大仏」論―『大下馬』の原質(一)― …… 121

第三章 巻三「行末の宝舟」論―『大下馬』の原質(二)― ……… 141

第四章 巻四「鯉のちらし紋」論―『大下馬』の原質(三)― …… 165

第五章 巻三「八畳敷の蓮の葉」論―『大下馬』の原質(四)― … 183

第六章 挿絵と作画意識―「風俗画、怪異・説話画」と「戯画」と―
                    …………………………… 213
      
 終章  「構想と成立試論」に向けて ………………………………… 251

第三部 咄の創作―構想と方法―

第一章 巻一「大晦日はあはぬ算用」考 ……………………………… 261

第二章 巻一「見せぬ所は女大工」考 ………………………………… 289

第三章 巻五「楽の差かな●(魚+摩)●(魚+古)の手」考 ……… 321

 第四章 巻二「楽の男地蔵」考 ………………………………………… 361

第四部 研究史と課題

第一章 戦後の研究史概観 ……………………………………………… 397

第二章 戦前の研究史(1)―一九四五年(昭和20年)
               以前の作品評価― …………………… 407

第三章 戦前の研究史(2)―一九四五年(昭和20年)
             以前の語彙考証と典拠研究― ………… 429

第四章 戦前の研究史(3)―一九四五年(昭和20年)
             以前の俳文意識― ……………………… 459

 付 章 研究論文・資料年譜―一八六九年(明治2年)以降― …… 481

第五部 参看資料

 一 西鶴本 ………………………………………………………………… 505

 二 古典籍資料 …………………………………………………………… 509

 三 『盗賊配分金銀之辨 全』解題と翻刻 …………………………… 531

あとがき ……………………………………………………………………… 543

索引 ……………………………………………………………………… 左 1

図版一覧 ………………………………………………………………… 左 7

--------------------------------------------------------------------------------

著者紹介

宮澤照恵 (みやざわ てるえ)

1953年静岡県生まれ。東京大学文学部卒、同大学院修士課程修了、北海道大学大学院後期博士課程退学。
現職 北星学園大学教授  専門 日本近世文学

著書(共著) 『西鶴が語る江戸のミステリー』(ぺりかん社、2004年)、『西鶴が語る江戸のラブストーリー』(同、2006年)、『西鶴諸国はなし』(三弥井書店、2009年)など。
論文――「石山合戦譚の成長」(『北星論集』30)、「『好色五人女』諸本調査報告」(同33)など。

新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る