『百人一首の正体』
        吉海直人 著
     平成28年10月25日、KADOKAWA発行。
     角川文庫20030。定価 720円+税。 


  目 次

序 章 百人一首への招待  
  一.、百人一首、常識の嘘
  二、現代に生きる百人一首

第一章 百人一首成立の謎
  一、明月記の曖昧さ
  二、百人秀歌の発見
  三、百人秀歌型配列百人一首の発見
  四、小倉色紙の複雑さ
  五、定家筆の新事実
  六、歌仙絵の有無
  七、三つの小倉山荘

第二章 百人一首の流れ  
  一、百人一首注釈の始発
  二、百人一首に古写本はない 
  三、為家筆百人一首はあるか 
  四、百人一首古版本の誕生
  五、女子用往来への道
  六、百人一首かるたの謎
  七、競技用かるたの成立と問題点

第三章 百人一首の広がり  
  一、異種百人一首の成立と展開
  二、愛国百人一首のはかなさ
  三、百人一首のパロディ
  四、最初の英訳百人一首

第四章 百人一首の撰歌意識を探る
  一、教材としての危険性
  二、作者の疑わしい歌
  三、撰入歌の是非について
  四、秀歌と代表歌の違い
  五、勅撰集との差異
  六、配列をどう考えるか
  七、天地人の発見
  八、今後の課題

第五章 百人一首の見どころ
  百人一首 1~100
  【付録】 百人秀歌掲載歌 1~4 

あとがき:
文庫版あとがき
参考文献一覧