『幕末の江戸風俗』

著者 塚原渋柿園
編者 菊池眞一
2018年8月17日 岩波書店発行
岩波文庫 31-213-1 446頁
定価 950円+税

目次

五十年前…………………………………………   7
思ひ出る儘の記…………………………………  47
幕末における武士の風俗 ……………………  63
幕末の江戸風俗(脇差、刀剣の附属品)……  82
幕末の江戸芸者…………………………………  97
兵馬倥惚の人…………………………………… 101
江戸の暮と正月………………………………… 109
昔しの日本橋…………………………………… 136
五十年前には一銭で蕎麦が六杯……………… 139
江戸語の変遷…………………………………… 144
江戸時代の手習師匠…………………………… 152
江戸時代の文教………………………………… 168
維新前後の文学………………………………… 186
江戸沿革私記…………………………………… 193
桜痴先生と柳北先生…………………………… 231
尾崎紅葉………………………………………… 242
斎藤緑雨子……………………………………… 248
桜痴居士………………………………………… 252

注 解…………………… 菊池眞一 ……… 269
解 説…………………… 菊池眞一 ……… 401
索 引………  巻末