『近世文芸への視座』─西鶴を軸として─
                谷脇理史著
                 平成11年11月24日 新典社発行
                 A5判 382ページ 8000円+税
目 次



T 出版規制とカムフラージュ  1 近世文芸の作者と読者……………………………………… 8 ─出版文化と写本文化─  2 自主規制とカムフラージュ………………………………… 17 ─仮名草子から西鶴へ─  3 転換期の西鶴………………………………………………… 46 ─方向転換と出版規制の問題─ U 西鶴作品への視座  1 今、西鶴に何を求めるか…………………………………… 98  2 浮世草子と西鶴………………………………………………104  3 『西鶴諸国ばなし』への一視点……………………………119  4 『西鶴諸国ばなし』の二章…………………………………124  5 『好色五人女』の一面………………………………………131 ─おなつとおせんの造型─  6 八百屋お七の"悲恋"…………………………………………142  7 『本朝二十不孝』の教訓の意味……………………………167 ─作者の姿勢と読者の問題─  8 『武道伝来記』の意図と方法………………………………171  9 『日本永代蔵』の世界………………………………………187  10 『万の文反古』の成立と方法の問題………………………197  11 『世間胸算用』の二章………………………………………209 ─二人の老婆─  12 出版ジャーナリズムと西鶴…………………………………216 ─書肆と読者─ V 古典と近世文学  1 日本文学とパロディ…………………………………………224 ─仮名草子・浮世草子を中心に─  2 仮名草子・浮世草子と『源氏物語』………………………235  3 物語文学と江戸文学…………………………………………246  4 『伊勢物語』と近世文学……………………………………258 ─西鶴を中心に─  5 『徒然草』と西鶴の町人物…………………………………269  6 古典文学の歳暮………………………………………………280 ─西鶴を中心に─ W 書評・雑感・時評  中野三敏著『江戸文化評判記─雅俗融和の世界─』を読む…292  中野三敏著『近世新奇人伝』……………………………………301  鳥越文蔵著『元禄歌舞伎攷』……………………………………311  乾 裕幸著『俳諧師西鶴』………………………………………316  松田 修著『日本逃亡幻譚─補陀落世界への旅─』…………320  日野龍夫著『江戸人とユートピア』……………………………323  粕谷宏紀著『石川雅望研究』……………………………………324  俳諧の原点『初期俳諧を読む』…………………………………326  新聞書評・紹介若干………………………………………………328   イ暉峻康隆対談集『西鶴粋談』………………………………328   ロ広末保著『西鶴の小説(時空意識の転換をめぐって)』330   ハ吉行淳之介訳『好色一代男』………………………………331   ニ暉峻康隆著『西鶴新論』……………………………………332   ホ復本一郎編『芭蕉の弟子たち』……………………………333   ヘ「洒落本大成」完結に寄せて………………………………334   ト浅野 晃著『西鶴論攷』……………………………………336   チ竹野静雄監修・解題『西鶴研究資料集成』(全8巻)…337  研究成果の整理……………………………………………………339 ─西鶴の場合─  浮世草子研究・雑感………………………………………………348  学界展望(近世)’71・3………………………………………352  時評(近世散文)’73……………………………………………356  学界時評(近世)’91・’92・’93……………………………368 あとがき………………………………………………………………380



新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る