『江戸の文事』
               延廣眞治 編

               平成12年4月30日 ぺりかん社発行
               A5判 590ページ 10000円+税

目 次



狐を馬に乗せた話―「王子の狐」「中川右馬之助」……………延廣眞治 7 中国侠客小考 ………………………………………………………金 英 23 十八世紀日本と韓国における  中国通俗小説の受容と知識人の反応……………………………E・パストリッチ 37 『江関筆談』を読む―白石の朝鮮観を中心として………………鄭 応洙 53 海を渡った落語  ―朝鮮開化期の文学『東閣寒梅』と「文七元結」……………李 建志 68 『西鶴諸国はなし』大下馬の原質(一)  ―力なしの大仏をめぐって………………………………………宮澤照恵 83 『御前義経記』の構想  ―長編小説の主人公としての人物造型をめぐって……………杉本和寛100 南嶺気質物と笑話……………………………………………………佐伯孝弘112 『二国連璧談』と『連璧談』………………………………………川口 元128 『本朝水済伝』後篇の諸本…………………………………………長島弘明138 いわゆる『文字絵づくし』について………………………………崔 京国154 豆腐小僧の系譜―黄表紙を中心に…………………………………A・カバット169 忠臣蔵物黄表紙小考…………………………………………………李 濬燮182 聖代を描く黄表紙……………………………………………………廣部俊也198 黒川亭雪麿の活動……………………………………………………佐藤至子214 『春色梅児誉美』の性格……………………………………………崔 官235 「八幡太郎義家公、勿来の関を過ぐるの図」賛考………………鈴木健一252 智仁親王と佐方宗佐…………………………………………………小高道子269 紹廉とその門人たち…………………………………………………深沢了子282 一茶を読む……………………………………………………………劉 岸偉299 近世における「さんせう太夫」ものの展開………………………M・マストランジェロ316 近松神話の形成序説…………………………………………………小谷野敦334 五代目市川団十郎年譜稿―明和七年十月以前……………………加藤敦子350 文運東漸と役者評判記………………………………………………池山 晃366 『俳優茶話』の成立とその作者株木について  ―『かくやいかにの記』草稿本第二十段・第二十一段注釈…佐藤 悟382 松林伯円をめぐって…………………………………………………菊池真一400 木下順庵の京都時代…………………………………………………杉下元明418 本居宣長の『源氏物語』年立研究  ―竹川巻・紅梅巻の前後関係をめぐって………………………杉田昌彦434 幕末薩摩の出版―斉彬没後の動向…………………………………丹羽謙治453 『懐中抄』解題と翻刻………………………………………………坂内泰子471 屁文学の系譜…………………………………………………………塩村 耕483 疱瘡本小考  ―『絵本子供あそび』と『小児やしなひ草』………板坂則子・高橋雅樹504 略註『たから合の記』………………………松田高行・山本陽史・和田博通533 あとがき 569 延廣眞治教授経歴 571 延廣眞治教授著作目録 574 執筆者略歴 巻末


新刊案内(近世文学・その他)に戻る
はじめに戻る